軽貨物

頑張り次第で稼げるとほざく法人のピンハネ軽貨物配送会社と、他社のドライバーと直ぐカネの話をするモラルが欠如した委託ドライバーは信頼感ゼロ。

意味のある運賃コスト、意味のある配送案件、この信頼関係を荷主と構築できる力を持つには大型トラックの運送ドライバーのようなプロ意識で働く姿勢そのものを軽 ➡︎➡︎➡︎ この記事を読む。
個人事業主

委託の軽貨物ドライバーは信頼感の醸成に注力した働き方をしなければ手取り収入は増えない。

色々な荷主様や関係業者様と仕事でお付き合いさせていただく中で、私も配送ドライバーとして出入りをさせて頂いている都内の配送案件で、私服のボロ着みたいな小 ➡︎➡︎➡︎ この記事を読む。
運送業

勢い任せの仕事が日常茶飯事と言える軽貨物ドライバーは違和感を言語化しておくべき。

軽貨物ドライバーは決して止まることがない物流の世界で働いている以上、ドライバー業者として見逃してしまいそうな心の違和感を感じた際は、なぜそう感じたのか ➡︎➡︎➡︎ この記事を読む。
個人事業主

個人事業主の軽貨物ドライバーは、おいしいドライバーではなく、賢いドライバーになれ。

突然のクビ宣告を受ける業務請負で働く軽貨物ドライバーの多くが慣れた配送現場での居心地の良さに甘えてしまい、仕事があることの感謝にも麻痺し、個人事業主と ➡︎➡︎➡︎ この記事を読む。
軽貨物

潤いのある生活をするために軽貨物ドライバー業者が取り組むべき応戦と挑戦。

個々の軽貨物ドライバーが持っている接客能力と配送スキルを活かしてきちんと潤いのある生活をするための挑戦と応戦。 荷主企業の戦力になる軽貨物ドライバー ➡︎➡︎➡︎ この記事を読む。
チャーター便

肉体的疲労。軽貨物ドライバーは身体を動かすことによって起こる疲れや怠さの抜き方も仕事である。

業務請負で働いているプロ本業の軽貨物ドライバーは連休を取るケースは稀ですが、物流も365日24時間止まりません。突発的に身体に怠さが残る働き方をしてし ➡︎➡︎➡︎ この記事を読む。
独立開業

軽貨物ドライバーの仕事がきついのは最初の三ヶ月である。

業務請負の軽貨物ドライバー業者は荷主企業を繁盛させてなんぼである。大袈裟なことでもなく、それくらいの意気込みがあってバランスである。 多忙は口に出さ ➡︎➡︎➡︎ この記事を読む。
軽貨物

Thank you for remembering me. 1人の軽貨物ドライバー業者としての仕事冥利を考える。

数年前に1年間ほど配送の仕事でお世話になった老舗企業の方と街中で偶然遭遇した際に1人の軽貨物ドライバー業者として私のことを覚えていてくださったことへの ➡︎➡︎➡︎ この記事を読む。
チャーター便

損して徳とれ。お金の損得ではない軽貨物ドライバー業者の実直な仕事っぷりの格好良さを考える。

個人営業の軽貨物ドライバー業者は何かしら大手企業ではできないような軽配送サービスの提供に取り組んでいるのか。個性を活かし、得ではない徳を獲る稼働ができ ➡︎➡︎➡︎ この記事を読む。
個人事業主

焦りと不安を抱えた軽貨物ドライバー業者に染み付いている歪んだ承認欲求とドライバー求人をネットで掲載するピンハネ業者。

軽貨物版のドヤ街とも言えるネット掲示板でドライバー求人を掲載するピンハネ軽配送業者やSNSで見知らぬ人に平気で配送仕事を紹介するピンハネ軽配送業者は、 ➡︎➡︎➡︎ この記事を読む。
独立開業

思考停止型でリスクを言い訳にする軽貨物ドライバー同士が群れて認め合っている姿は非常にダサい。

自立した軽貨物配送の個人事業主ドライバーとしてマニュアル本に従うような仕事術ではなく、自分自身で実績を作りながら人材育成をする軽貨物ドライバーの試行錯 ➡︎➡︎➡︎ この記事を読む。
運送業

看板力のない零細企業の軽配送会社や個人事業主の軽貨物ドライバー業者が身に着けるべき営業突破力とは。

会社の看板で営業をするのではなく、個人営業という本物の営業力を身に着けた軽貨物運送業ドライバーの持続性と優位性を考える。 個性の確保。個人事業主の軽 ➡︎➡︎➡︎ この記事を読む。
軽貨物

軽貨物の開業で鉄則の心構えである、松のことは松に習え、竹のことは竹に習え、ができない軽貨物ドライバーはうまく稼げない。

軽貨物配送の仕事上で何かを知りたいとき、手っ取り早い確実な方法は「現役」の軽配送ドライバーに知りたいことを謙虚に「直接」聞くことだが、絶対に、自分都合 ➡︎➡︎➡︎ この記事を読む。
運送業

軽貨物運送で無礼は許さない。礼儀ひとつ侮るなかれ、成功体験を積み重ね、新たな配送ニーズの受注に挑む。

私服みたいなボロ着の服装や汚い運動靴で軽貨物配送の仕事をしている無礼な業務委託の軽貨物配送ドライバー配達員を街中で見かけると虫唾が走る。 人の振り見 ➡︎➡︎➡︎ この記事を読む。
独立開業

プロの極みが貧乏暇なしでは駄目、軽貨物ドライバー業者のスモールビジネスは出るものを抑えて入るものを増やす姿勢が鉄則。

軽貨物ドライバー業者として継続的な発展と成長を考えた行動をするならば、零細企業の軽配送会社も個人事業主ドライバー業者も、出るものを抑えて入るものを増や ➡︎➡︎➡︎ この記事を読む。
千葉県での緊急配送の受付
error:Content is protected !!