千葉の軽貨物仕事では茶髪や髭もタバコもピアスも眉毛の細剃りも論外、軽貨物運送ドライバーの服装や靴も接客には適さない。

千葉県で宅配デリバリー 軽貨物配送
広告

個人事業主の軽貨物ドライバーは自分の仕事担当範囲しか眼中にないタイプが多い。千葉県でドライバー求人募集するピンハネの利用運送会社では弊社はドライバー重視の会社ですなどと胡散臭いことを謳っている。

多くの軽配送会社はドライバー重視は目立ち、荷主やお届け先のお客様ファーストではないから驚きである。

千葉県内に限らず、黒ナンバーの軽貨物車両を運転するドライバーの服装や靴、身だしなみを意識して見てみると、なかなか、酷いものです。

なかには、私服やジャージのドライバーもいます。

大手宅配便の下請けは制服を着せられていますので統一感だけはあるのですが、最近は人材不足で茶髪ドライバーもOKになったのか知りませんが、横柄なドライバーも多くなってしまいました。

明らかに大手宅配ドライバーのレベルは下がりました。

余程、ルールや社則もない個人事業主ドライバーである無印軽貨物ドライバーの方がきちんとしています。

小型や大型トラックの運転手さんなら、まさに運転が主体ですから、少し強面で定番のスタイルが格好良いとも思います。

しかし、軽貨物ドライバーは仕事内容が小回り主体ですから、通行も大通りだけでなく、人目に映る街中も走りつつ、荷物を積んだり、荷を降ろしたり、荷物を持って道路を横切ったり、接客も多いですから、身なりは重要です。

小型や大型ドライバーさんに真似事スタイルでは通用しません。

タクシー運転手のように、できることなら軽貨物ドライバーも紳士にワイシャツとネクタイでもおかしくないです。

作業するから、動きやすい洋服とか、汚れても良い格好とか、そんなことを言っている時代ではないです。

些細なことですが、お客様から配送料金を頂戴する仕事である以上、気をつけるようにしましょう。

そもそも、その軽貨物の車を使った宅配の配達、配送とは、ヤマト運輸さんや佐川急便さんやゆうパックさんなど大手運送会社の社員ドライバーがやり切れない配達や補助が大半です。そう、宅配便の補助です。

私は事業で自分の商品を沖縄から北海道までの個人や法人の取引先に日本全国へ毎日出荷販売をしていたのですが「荷主」の立場で利便性ある最大手の物流会社で倉庫、保管から物流、こういった管理業務も20年以上は経験があり、5年選手や10年選手とは異なり、配達や配送の意味を少し深いところまで知っています。

荷主としてお客様から即日発送の依頼があれば、赤帽さんのような軽チャーター便も使ってきたわけですが、商品を運ぶ軽ドライバーの苦労を少し理解しています。

特化している「軽貨物運送の業界」ですが、巷で見たり聞いたりしたのかわかりませんが、軽々しく、ドライバー不足などと語る軽貨物ドライバーもいます。

嘘くさい「新規事業拡大でドライバー募集」の文字で求人広告、軽貨物配送の運転ドライバーを募集してしまっている会社も見受けられます。

軽貨物業界が言う「新規事業拡大」の意味なんですが、内容を聞くと「そんなのは事業」とは言いません。

運送会社による新規事業ではありません。ただ単に、取引先が新しく倉庫作りました、だから軽貨物配送の人たち「荷物増えるかも」のレベルです。事業ではなく仕事です。

「軽貨物ドライバー大募集の広告」は社員募集ではなく下請け募集が大半です。

この時点で嘘くさいわけです。

実運送ではない利用運送会社は、ドライバーからピンハネするために求人募集していますが、それは求人ではなく、下請け募集ですから、初心者ドライバーは誤解してしまいます。

軽貨物業界は異業種から笑い者になるわけです。

それ以前、ドライバーの髭や茶髪やピアスなどは論外なんですが、接客仕事する大人なのできちんと意識するようにしたいものです。

配送ドライバーは本当に不足なのでしょうか?ドライバーが不足して困っているのは誰なんでしょうか?

確かに、運送業界の関係者は、この10年、ネット通販の普及で深刻なトラックドライバー不足に陥っていることでしょう。

ドライバーが不足するくらい荷物があるわけですから「儲かって仕方なさそう」ですが、我が国の資本主義という図式として、最大手は儲かっているのは言うまでもありません。

当たり前です。

社員ドライバーを増やさないで荷物が増えれば、単純計算、儲かるに決まってるわけです。反面、ドライバーは給与据え置きで仕事量アップです。

これはキツイです。 その、おこぼれを貰う軽貨物運送業のドライバーも数多くいるわけですね。そう、良いも悪いも、軽貨物会社の多くが「おこぼれ」に群がってわけなんです。

ただし、そこにハイエナのような臭覚をもつ軽貨物会社の社長もいます。

一個120円だとか140円だとかでヒーヒー言っている軽貨物請負ドライバーも多くいます。

そう、軽貨物運送ドライバー中で、ネット通販の荷物を請ける人は、やればやるだけ儲かると思って、カモネギ状態のドライバーさんが多くなってしまった世の中です。

「やればやるほどピンハネされる」だけなんですが。

とは言いましても、現状問題、荷物の配送は日本経済で存在するほとんどの業種に関わってくるものです。

運送ドライバー不足の問題がこのまま進んでいけば、日本の経済循環にも悪影響を及ぼすことでしょう。

日本経済と大きく言いますが、それだけ首都圏に荷物が溢れているからです。

90年頃のバブル経済末期、夜の高速道路で高速タクシーとトラックがビュンビュン走っていた時代と、今が似ています。

運送ドライバーは50歳以上が全体の4割と言われているので、軽貨物ドライバーの中にも「何かを直感できているドライバー」がいると思います。何かとは案件を選ぶノウハウです。

ドライバー全体の3割が30歳前後の就業者と言われておりますが、今、バリバリ動いているその人たちは「その先にある経済を直感できていないドライバー」なのかも知れません。

ドライバーの高齢化も顕著とは言われていますが、捉え方によっては何ら悪いことでもなさそうですね。

案件や仕事は目先の単価だけでなく、中長期に続けるドライバーは案件の姿勢を見抜くことも必要です。

軽貨物運送業には隣の畑が儲かるのかなどを気にするドライバーが多い。

甘い世界。軽貨物にドライバーには、ネクタイ族のサラリーマン社会に疲れた系の転職組と、学生時代に勉強しなかった系の根性組に分類されるだろう。

選択肢があって軽貨物ドライバーを目指すものは、ごく一部だろうか。

ドライバーの中には計算は苦手そうだけど「いい人」も多い。周りを蹴落として稼ぎまくる人もいるでしょう。

チームプレーじゃない人ばかりですが色々ですね。

軽貨物ドライバーが抱える責任は、多くのネクタイ族のように仲間の成果までを横取りするような出世街道ほどではないが、仲間を助けるような甘い世界でもない。

自分の仕事第一、お金にならないことはしない。

ドライバーを取り巻く、ピンハネで仕事斡旋の利用運送会社に諦めの嫌気があり、自分に与えられた仕事の失敗や責任も、仕事が割に合う、合わないで回避することばかりを意識する軽貨物運送ドライバーが多いのも事実。

軽貨物運送のドライバーは常に運転するという仕事柄、警察の嫌がらせのような取り締まり、違反や事故のリスクとも常に戦っている。

ドライなのも理解できる。

しかしながら、軽貨物ドライバーもネクタイ族のサラリーマンも一匹狼では生き残れないのは言うまでもないか。

誰もが儲けたいという世界で生き抜くには、見えない努力も人脈も経験も運も欲しいところ。

軽の貨物ドライバーも身なりを清潔に、そして特に足下、汚い靴に注意したい。

千葉県で軽貨物車を使って配送の仕事をしよう
千葉県の軽貨物シフタープロ統轄責任者

千葉県で軽貨物配送専門店シフタープロ便を運営する営業統轄責任者としてハンドルを握って実運送する軽貨物配送セールスドライバーとしての事業展開する準備段階の奮闘と成功術の備忘録ブログです。

▶︎軽配送は経験知識から思考へ尺度対応する時代に

宅配会社などの配送ドライバー上がりではなく、若い頃より外資系メーカーでの職歴や荷主メーカーの立場で商品開発や輸入貿易から販売チャネルの構築、日本全国への出荷発送業務、SCMの構築、倉庫在庫管理、商品販売の競争力を高める流通と物流の仕組み作りを25年間ほど経験してきました。

物を作る、物を売る、物を送る、といった仕組み作りと物流や起業に興味を持ち続けている1人です。

軽貨物車を使った加温輸送や冷蔵輸送や常温輸送の仕事を請け負い、荷主様や元請け会社様や協力会社様と共に様々な軽配送仕事を覚えることに楽しみを感じ、千葉県を軸として、配送業務を一つ一つ熟しながら事業性の価値を検証しております。

軽貨物運送会社では軽の貨物車を使った運搬配送の需要増はインターネット通販の普及によるものだと単純に勘違いしている配送業者が見受けられます。

軽配送のニーズ拡大は決して先駆の軽配送会社による営業功績でもありませんし、単純にインターネット通販が普及したからでもありません。

我が国がIT技術の変革で産業構造や行政と個人のライフスタイルそのものが社会全体で変化をし、過去のように大手企業だけでなく「地方の中小企業や零細企業にもSCMの構築が仕上がりつつある」ことがきっかけです。

運送会社の大手企業や中小企業、配送業界の末端である個人事業主の業務請負ドライバーに向けられた貨物運送の「納品仕事ニーズが細分化」され、それが需要拡大したかに見えているだけなのが現状であるとシフタープロは捉えます。

配送ニーズの細分化は、地場で末端の配送業者である軽貨物運送会社や個人事業主の軽貨物ドライバーが従来のようなドライバーの数やネットワーク組織力という仮想規模の営業サービスでは通用しない配送時代になることを意味しています。

当然、茶髪や髭やピアスや眉剃り、タバコ喫煙のドライバーは時代の流れと共に荷主様や荷受人様や元請け会社様から淘汰され始めています。

過去はそういうドライバー品質でも通用していましたが、配送ニーズの細分化によりそういう品質のドライバーやドライバーファーストの意識を持つような事業者や事業主は先細りするでしょう。

誰でも構わずドライバー人材を寄せ集めしてドライバーからマージンをピンハネすることが商売の軸となっている軽配送のネットワーク組織や組合やフランチャイズの営業組織など数で勝負できていた企業体も、今日では、荷主様や元請け会社様からは品質の悪いドライバーの多さで信頼や信用面が欠如し、ドライバー品質の乱れがクローズアップされ、誤魔化しができずに営業的に淘汰され始めています。

自営業ドライバーはドライバーファーストという甘さを捨て、身近にいる配送ドライバー同士が荷主様ファーストの観点で責任ある業務情報を共有し、フリーランスや副業ではないプロの心構えなど、ハイレベルに配送ドライバー個々の接客応対や納品対応の能力が問われてきます。

この結果、個人事業主の軽貨物運送ドライバーの業務全般は「経験知識から思考への尺度対応」が求められる新しい時代になることでしょう。

▶︎捨ててならぬは義理

軽配送の事業で隠れざる大切な要素はドライバーは量より質という点だと考えられます。

ただし、配送ドライバーの職はどんなに能力があろうとも1日をフルに頑張っても人一人では一人分しか稼ぐことができません。

配送の仕事で稼げるのは配送ドライバーですが、儲かる、儲けるのはその配送ドライバーの使用人である軽配送の請負会社という図式です。

商売では儲けも稼ぎも大事です。しかしながら、個人事業主の配送ドライバーは労働で稼げても儲からない職であり、仕事をした分だけを稼げる仕事であることを心底で理解しなくてはなりません。

とどのつまり、多くの自営業ドライバーは割に合う合わないだとか請負している仕事の不平不満を語り、仕事の旨味だけを案件に追い求めてしまうようなドライバーになってしまうのが実態です。

ストレスに打ち勝ち、軽配送ドライバーとして実直に仕事で稼げるようになるには、未熟に不平不満を語ることではなく、新しいことを覚えながら瞬発力と柔軟性を磨き上げ、他人ではない自分の才覚で懸命に難しいことを打破するといった心意気が必要です。

そして義理を大事に信頼し合える協力パートナー業者と仲間ドライバーの存在、メンターや指導者の存在も大切です。

全国の無印軽貨物運送業ドライバーが活躍する時代へと必ず突入します。

千葉県の軽貨物シフタープロ統轄責任者をフォローする
千葉県版 | 軽貨物チャーター業者 | 仕事
広告
ブログで千葉県の軽貨物配送専門シフタープロが語る!軽貨物運送の検証BLOG。
error:Content is protected !!