軽貨物ドライバーの茶髪や髭やピアスや仕事中のタバコ喫煙は社会人としても失格。

千葉県の軽貨物 宅配デリバリー 千葉県のチャーター便ならシフタープロ

個人事業主の軽貨物ドライバーは協調性がなく自分の稼ぎや自分の仕事範囲しか眼中にないタイプが多い。

胡散臭い軽配送業者が多いが軽貨物会社ではドライバーファーストの重視を謳ってドライバー募集をする業者が目立つがお客様ファーストではない姿勢に驚きである。

千葉県内に限らずだが街中で黒ナンバーの軽貨物車両を運転するドライバーの服装や靴や身だしなみを見ているとかなり酷いレベルだと感じる。

私服みたいな作業着だったりで統一感はゼロ。

軽配送業者の服装はネットやテレビの事件で防犯カメラに映る怪しい人物像のフード付きパーカーの私服やジャージの軽貨物ドライバーも見かけるが人様の荷物を預かって運ぶといった信頼第一や第一印象の大事さの意識が低い人間が多い。

大手宅配便の下請けドライバーなどは嫌々だとは思うが元請け宅配会社の制服を着せられているので統一感だけはあってイメージは良くないが悪くもない。

物流業界は人材不足で誰でもありで何でもあり。茶髪ドライバーでも誰でも採用になったのかは知らないが横柄で駄目な軽貨物ドライバーも多くなった。

昔の大手宅配ドライバーよりもレベルはかなり下がった印象が強い。

そう考えるとルールや社則もない個人事業主ドライバーである無印軽貨物ドライバーの方がきちんとしていることもあったりする。

だがそれでも服装に統一性がないためフリーランス日雇い感が強すぎるのでどこのだれか分からないので第一印象は悪い。

中型や大型トラックの運転手ならば運転が主体なので態度さえきちんとしていれば見た目が厳つい定番スタイルであろうとも格好良さがある。

ただし軽貨物ドライバーの場合は仕事内容がそもそも接客主体であり運転エリアも大通りだけでなく人目に映る繁華街や街中も走るので運ちゃんスタイルでは流石にまずい。

荷物を積んだり、荷を降ろしたり、荷物を持って道路を横切ったり、接客も多いので、軽貨物運送ドライバーは身なりをきちんとするのは重要である。

軽配送業者の不信感を払拭するならタクシー運転手のように軽貨物ドライバーも紳士にワイシャツとネクタイでもスタイルはおかしくない。

作業するから動きやすい洋服とか汚れても良い格好とかそんなことを言っている場合でもない。

お客様から配送料金を頂戴する以上は服装スタイルはきちんとすべきである。

配送ドライバーが不足するくらい運ばなければならない荷物があるというよりも運送会社は売上欲しさで人材もいないのにキャパを超えた配送受注をしているだけ。

我が国の資本主義という図式では最大手運送会社だけが儲かっているのは言うまでもないが長くは続かないだろう。最大手であろうとどんなに配送荷物が増えても赤字予備軍である。

必要なときだけ利用して必要が無くなれば委託切りをする。

社員雇用のドライバーを増やさないで配送する荷物が増えれば単純だが儲かるに決まってる。

もちろんドライバーは給与据え置きで仕事量だけアップ。

そのおこぼれを貰うのが軽貨物運送業のドライバー。軽貨物配送会社の多くが「おこぼれ」に群がっている。

だいぶ話は変わるが90年頃のバブル経済末期に夜の高速道路で高速タクシーとトラックがビュンビュン走っていた時代と今が似ている。

軽貨物にドライバーになる人間はネクタイ族のサラリーマン社会に疲れた系の転職組、学生時代に勉強しなかった系の根性組に分類されるだろう。

仕事を選ぶ選択肢がある人間が酔狂に軽貨物ドライバーでの独立を目指すパターンは珍しい。

軽貨物運送業界は仲間の成果まで横取りするような出世街道ではないが仲間を助けるような甘い世界でもない。

お金にならないことはしない。

軽貨物ドライバーもネクタイ族のサラリーマンも一匹狼では生き残れないのは言うまでもない。

誰もが儲けたいという世界でチカラ強く生き抜くには見えない努力も人脈も経験も運も欲しいところだ。

軽貨物ドライバーも身なりを清潔に、そして特に足下、汚い靴には細心の注意だろう。人は見ている。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました