軽貨物運送の仕事では茶髪や髭もタバコもピアスも眉毛の細剃りも論外。軽貨物運送ドライバーの服装や靴や身嗜みは接客応対で要注意。

千葉県の軽貨物 宅配デリバリー 千葉県のチャーター便ならシフタープロ運送業

個人事業主の軽貨物ドライバーは自分の仕事担当範囲しか眼中にないタイプが多い。千葉県でドライバー求人募集するピンハネの利用運送会社では弊社はドライバー重視の会社ですなどと胡散臭いことを謳っている。

多くの軽配送会社はドライバー重視は目立ち、荷主やお届け先のお客様ファーストではないから驚きである。

千葉県内に限らず、黒ナンバーの軽貨物車両を運転するドライバーの服装や靴、身だしなみを意識して見てみると、なかなか、酷いものです。

なかには、私服やジャージのドライバーもいます。

大手宅配便の下請けは制服を着せられていますので統一感だけはあるのですが、最近は人材不足で茶髪ドライバーもOKになったのか知りませんが、横柄なドライバーも多くなってしまいました。

明らかに大手宅配ドライバーのレベルは下がりました。

余程、ルールや社則もない個人事業主ドライバーである無印軽貨物ドライバーの方がきちんとしています。

小型や大型トラックの運転手さんなら、まさに運転が主体ですから、少し強面で定番のスタイルが格好良いとも思います。

しかし、軽貨物ドライバーは仕事内容が小回り主体ですから、通行も大通りだけでなく、人目に映る街中も走りつつ、荷物を積んだり、荷を降ろしたり、荷物を持って道路を横切ったり、接客も多いですから、身なりは重要です。

小型や大型ドライバーさんに真似事スタイルでは通用しません。

タクシー運転手のように、できることなら軽貨物ドライバーも紳士にワイシャツとネクタイでもおかしくないです。

作業するから、動きやすい洋服とか、汚れても良い格好とか、そんなことを言っている時代ではないです。

些細なことですが、お客様から配送料金を頂戴する仕事である以上、気をつけるようにしましょう。

そもそも、その軽貨物の車を使った宅配の配達、配送とは、ヤマト運輸さんや佐川急便さんやゆうパックさんなど大手運送会社の社員ドライバーがやり切れない配達や補助が大半です。そう、宅配便の補助です。

私は事業で自分の商品を沖縄から北海道までの個人や法人の取引先に日本全国へ毎日出荷販売をしていたのですが「荷主」の立場で利便性ある最大手の物流会社で倉庫、保管から物流、こういった管理業務も20年以上は経験があり、5年選手や10年選手とは異なり、配達や配送の意味を少し深いところまで知っています。

荷主としてお客様から即日発送の依頼があれば、赤帽さんのような軽チャーター便も使ってきたわけですが、商品を運ぶ軽ドライバーの苦労を少し理解しています。

特化している「軽貨物運送の業界」ですが、巷で見たり聞いたりしたのかわかりませんが、軽々しく、ドライバー不足などと語る軽貨物ドライバーもいます。

嘘くさい「新規事業拡大でドライバー募集」の文字で求人広告、軽貨物配送の運転ドライバーを募集してしまっている会社も見受けられます。

配送の問い合わせ
error:Content is protected !!