広告

ご挨拶

広告
広告
広告

軽貨物配送専門店シフタープロを運営する日本シフター産業の軽貨物チャーター便。千葉県の東葛エリアを営業稼働の軸としつつ、地域密着型の営業スタイルを守り、少数精鋭で持続可能な軽配送サービスを低料金で提供する独立系の軽貨物配送ドライバー業者。

日本シフター産業は配送部門を持たない事業者や事業主などの荷主様における配送ニーズに対し、荷主様側がドライバー社員の雇用や配送専用車両の購入コストをかけずに「必要な時」に利便性よく使える「軽貨物車でのチャーター配送サービス」の取り扱いに特化し、営業発足しました。

  • 一個いくらの配達は街にある最大手の宅配便会社が便利です。
  • 大量の荷物を一気に輸送するなら大きなトラックの運送会社が便利です。
  • 少量の荷物を緊急で当日集荷配送するなら軽貨物車でのチャーター配送会社のサービスが便利です。

シフタープロは千葉県で独立系の軽配送の専門業者とし営業エリアを拡張し、千葉県の荷主様や物流センターを持つ元請け会社様、取引先の企業規模や法人や個人の依頼を問わず、少数精鋭で自分たちで持続可能な軽配送サービス(シフタープロ便)を独自に営業展開し、顧客サービスの強化を続けております。

シフタープロは特定の営利団体には属さない独立系の軽貨物配送業者ですので、商流の簡素化した受注を徹底でき、特定のフランチャイズ組織や組合に加盟している業者のような中間マージンの手数料を経費で必要としないため、ダイレクトに安い配送料金で荷主様にサービス提供できることも私たちが掲げているお客様第一主義の営業方針です。

また、シフタープロでは品質管理とする輸送に長けている加温・保温の機能を持たせた軽貨物車による特殊製品輸送、冷蔵機能を持たせた軽貨物車による冷蔵・チルド輸送、そして常温輸送を承っております。

企業配や個人宅配、専属便、チャーター配送、ケータリング配送、フードデリバリー、お弁当の配送、食材の冷蔵チルド配送や共配、雑貨や衣類や家具などの一般貨物、印刷物、単身引越、緊急配送や長距離輸送まで、軽貨物配送のチャーター便(シフタープロ便)を年中無休での営業体制を整えております。

シフタープロ便を統轄運営する以前、自身がメーカー荷主の立場で25年ほど実務してきた輸入貿易から在庫管理や入出庫管理業務、営業面での全国販売チャネル構築から顧客サポート、インターネット通販事業、そして、物販の事業では欠かせない「物流」を企業規模に合わせて組み立ててきた知見経験を掘り下げ、千葉県内で軽貨物配送サービスを専門とするシフタープロ軽貨物便の事業を立ち上げ、「千葉県の街の荷主様への営業支援ドライバー」というポジションの確立を目指しております。

千葉県の軽貨物業者と物流

シフタープロが軽貨物配送で営業するに至り、取り組んでいる軽配送サービス運営の原点となっているのは「物流」です。

物流は、巷の軽貨物配送ドライバーが思い描く単純な「配送」や「配達」ではありません。

荷主様の大事な商売を「軽配送サービス」で、荷主様の仕事を高効率に営業フォローする取り組みこそがシフタープロの基本姿勢です。

荷主様とお客様を商品納入の業務で繋いでいる軽配送のドライバー目線が荷主様の営業開拓を後押しします。

軽貨物の担当ドライバーは荷主様や配属会社の要望通りに稼働することが大切であり、それ以上、それ以下、があってはいけません。

担当ドライバーや配送会社が勝手な思想で愛情を届けたり、真心をお届けするなどは論外なことです。

軽貨物ドライバーは荷主様の営業姿勢に沿うことが肝心なことですので、その営業姿勢がwin-winであると感じることができないなら、軽貨物ドライバーの役目は生まれません。

もちろん、お客様の荷物を一時的に預かって配送業務をする仕事です。タバコを吸っている車に荷物を積んだり、タバコを吸って運転業務をしたりなど禁止事項です。

納品時にはいろいろな施設に入り、いろいろな荷受人様と接するため、言葉使い、愛想、教養も時と場合に求められます。荷主様のイメージを損なうピアスや茶髪や髭などもプロの軽貨物配送ドライバーとしては当然に論外です。

千葉県の軽貨物業者が提案

個々の軽貨物ドライバー能力は微力であろうと、物流の三大機能である「輸送機能」「配送機能」「運送機能」の費用対効果を高める軽貨物配送サービスをシフタープロでは街の荷主様へ積極的にご提案したいと考えています。

実運送の軽配送業者に直接依頼すれば料金は安くなるはずです。中間マージンが送料の適正価格を怪しく引き上げています。これは物売りの商流でも同じ構図です。

しきたり、付き合い、そういった古い商習慣が送料コストの削減を邪魔しているケースが多々あります。

小さな会社様の物流機能見直しは事業が好転するきっかけになることもありますが、軽貨物ドライバーは第三者だからこそ荷主様における業務改善策を見抜けることもあり得ます。

荷主様が潤うことはその荷主様を担当する軽貨物ドライバーも潤いを得られます。

従って、他社のような運送会社側の自分勝手なドライバーファーストではなく、軽貨物ドライバーは自分都合の配送手法を優先せず「荷主様が何をしたいのかを考える軽配送」をシフタープロ便では目指しています。

是非、お客様は形式に拘らず、他社で断られた荷物や料金相談まで、街の柔軟な配送ドライバー業者として日本シフター産業のシフタープロ便を便利にご利用ください。

また、シフタープロでは弊社倉庫での商品保管、家具配送、設備の簡易設置配送、輸入通関サポート等の業務支援サービスも承っております。

「全力疾走を子供の頃のように今でもできるのか、歳をとったから転ぶかもしれない…では競争相手に追いつき追い抜き勝つことはできない。」

私はシフタープロ事業の統轄責任者として軽貨物配送の事業と仕事を通じ、荷主様や納品先や集荷先が「全力で仕事をされているのか」を感じながら、自らがハンドルを握り、責任ある軽配送業務を営業しながら日々稼働しております。

千葉県の軽貨物業者の活躍

シフタープロは同業他社のようなフリーランス擬きのドライバーを数集めする集団ではありません。ネットワークという怪しい言葉を用いて誇大に規模をアピールする仕事もしません。

あくまで、規模ではなく、地域密着する少数精鋭の軽貨物ドライバー業者であり続けることがコンセプトです。

本職としてプロ意識の営業姿勢を持って稼働できる軽貨物ドライバーを求め、シフタープロの各ドライバー同士が業務提携と業務協業するビジョンを持ち、中長期で皆が安定して配送の仕事ができるノウハウを蓄積していくことを優先して稼働しております。

私たちは千葉県内で軽配送サービスを提供することに関し、取引先の企業規模や取引規模を問わずに私たちシフタープロの配送サービスをご提案したいと考えます。

何より、仕事があることに感謝し、個人様や法人様を問わずに荷主様からの配送相談も喜んで応対し続ける営業姿勢を守り抜き、専門業者として強く自分流を徹底することが原理原則です。

これがシフタープロの唯一不変となる事業戦略と戦術のベースです。

軽貨物配送業界では、仕事のできない軽貨物ドライバーほど案件の批評を語ったりします。

千葉の軽貨物業者に問題

軽配送ドライバーはトラック運転手とは異なり多くの人と接して接客する職と言えます。それにも関わらず、自制心なく、髭や茶髪やピアスのドライバーが居たり、タバコ臭いドライバーが居たり、身なりが小汚いドライバーが居たり、そんな情けないレベルの軽貨物配送業者もチラホラ見かけます。

仕事やお客様に感謝をせず、荷主様や取引先や仕事内容の文句や賃金の不満を言ったりなど、ドライバーである前に社会人としての認識不足、個人事業主としての営業能力不足、仕事幅のある配送実績不足、まさにストレスをかけながら苦労している軽貨物ドライバーが巷で多いのが実態と現実です。

マルチに仕事のできるドライバーはそもそも仕事を覚える姿勢、自分の仕事を守る姿勢、自分の仕事を新規獲得する姿勢がきちんとしており、案件の金額問わずにどんな内容の配送であろうとプロとして楽に仕事を熟そうとします。

個人事業主の軽貨物ドライバーはまさに、スキルアップこそが収入アップの源です。

荷主様側でも売上や受注はベルトコンベアに流れてくるものではありません。皆、営業は手造りです。私たち軽貨物ドライバー業者は仕事あることに感謝することが大事です。

千葉県の軽貨物業者が協業

日本シフター産業のシフタープロ軽貨物便は地域密着型で千葉県の東葛エリアに根差して営業発足した軽配送業者の配送サービスです。

千葉県内で頑張る個人営業の軽貨物ドライバーと協力関係を築き、他県隣県、地元の軽貨物配送会社とも協業しながら営業活動しております。

多様な配送依頼を通じ、軽貨物車での配送経験を基に、千葉県内で営業する荷主様の事業で「配送部隊の援軍」となれることをシフタープロは目指しています。

シフタープロは独立系で実運送する軽配送業者として、荷主様と荷受人様を配送業務で仲介し、それ以上でもそれ以下でもないサービス範囲を徹底しています。

紳士な動きで的確にお客様の荷物を低料金でお届けする軽配送サービスの在り方を徹底検証しながら、日々、営業活動しています。

私たちシフタープロはフランチャイズ系や組合系の配送ドライバー業者のように特定の取引先に縛られずに独自営業で展開しています。

千葉県の軽貨物業者の展開

少数精鋭と独自営業によって流通経路のマージンをカットし、お客様にコストを還元、臨機応変にチャーター納品対応できるドライバースキルの教育を強化しています。

シフタープロは独立系で独自の営業展開をすることで適正価格での配送サービス提供を徹底しながらコストパフォーマンスよく新規営業を続けています。

他社のような商社など特定の利用運送会社への遠慮や伺いを立てることを必要とせず、自分たちでできることを背伸びせずに地域密着で仕事を進めていく事業運営をベースとしております。

シフタープロの軽配送ドライバーが地域一番店を目指して稼働し、各ドライバーは仕事密度が高まる多忙を恐れずにプロ意識を持ち、拡大ではないサービス拡充を徹底することを守り抜く営業スタンスを持ちます。

「楽しい仕事」「期待される仕事」を熟しながら営業展開ができるよう、配送の市場ニーズに合わせた営業手法で高効率に運営し、独自に営業企画します。

千葉県の軽貨物業者の教育

シフタープロ専属ドライバーにはドライバー目線ではなく「荷主様側に立った営業目線の大事さ」を教育徹底し合い、紳士に役立ち稼げる配送スキルを高め、軽貨物車を使用するあらゆる配送サービスを独自展開で拡張するプロ仕事の実現をシフタープロは追求し続けます。

配送も経済も会社も事業も生き物です。良い時も悪い時もあります。

配送ドライバーは儲けや稼ぎを計算する前に、仕事幅を広めながら業務遂行し、経験値を高め、できることを背伸びせず、確実に計画を実行することが大切であると考えています。

働き方はいろいろです。

夜基準でお昼前後まで仕事するパターンの人、一般的な企業勤務と同じように朝基準で夕方前後まで仕事するパターンの人、夜や昼だけ仕事するパターンの人や夜から夕方まで長く仕事するパターンの人もいます。

ただし、副業やフリーターやフリーランス風の考えなど自分基準の働き方は荷主や荷受人に通用しません。仕事はニーズに寄せていく仕事の覚え方と仕事への耐性を自分に作り上げていくわけです。ドライバー教育はこれが肝となります。

千葉県の軽貨物業者の躍進

配送が早くなるとか、道を覚えるとか、やれば誰でもできるレベルのことは二の次の話です。是非、これから個人事業主の軽貨物ドライバーになろうとしている人は仕事を楽しんで覚えて稼いでください。

日本シフター産業の軽貨物配送シフタープロの運送事業方針は、他の業者のような素人でも誰でも構わずに配送ドライバーを募集採用して荷主様に向けてドライバーを車ごと派遣させてピンハネ請負する営業を軸とした経営ではないことです。

これが軽配送業界で罷り通っており、個人事業主の軽貨物ドライバーを苦しめています。

軽貨物業界において巷では、大手通販サイトなどインターネット通販の商品配達を元請けする大手運送会社からの配送仕事を2次請けで下請けしているような中小の軽貨物配送会社が、求人サイトなどでドライバーを掻き集めようと躍起です。

仕事を丸投げし、その労務からピンハネすることによって利益を上げる業態を目論見、形振り構わずに業務委託で個人事業主のドライバーを募集しています。

実際、これらが荷主や荷受人からクレームを多発させています。タバコ臭いドライバー、茶髪や髭や無愛想、違法駐車や施設への当て逃げ、様々に隠れざる問題を起こしています。

千葉県の軽貨物業者は激務

街中で軽バンに乗って宅配系の仕事を業務委託で配送している軽貨物の個人事業主ドライバーがこれにあたるケースが多いです。

無理やり軽バンに荷物を満載に詰め込んで1日で数百個以上や100件以上もの配達をさせるなどして、あちらこちらで降ってくる宿題を終わらせるかのように激務をしなければお金を稼げないレベルの宅配業務を強いられているドライバーも少なくありません。

経験者ドライバーがすぐ辞めてしまうような曰く付きの宅配エリアにも関わらず、ピンハネ軸の軽貨物会社では募集した未経験の新人ドライバーに対し、一度ルートを覚えればすぐに数をこなせるだとか無茶を言います。

1日で200件以上を配達する熟練ドライバーもいるなどと数少ない事例を引き合いに出し、軽貨物ドライバーが稼げる月給や年収のお金を誇大に語って働かせ、それを鵜呑みにしてしまって請負契約してハマってしまい苦労している初心者の個人事業主軽貨物ドライバーも少なくありません。

多くの軽貨物会社は社員ドライバー雇用ではなく、ノルマ式である業務委託によるピンハネが軸ですので、ドライバー面接の際、誰でも簡単にできるだとか、働きたいときだけ働けるだとか、言いたい放題です。

さらには、社員雇用ではない業務委託であることをよいことに、委託契約をさせつつ、直ぐに辞めて逃げないよう入社祝い金などを怪しく与えたりする会社などもあります。

そして数ヶ月後には仕事覚えが悪いドライバーにはパワハラやモラハラをするなど、事実、形振り構わずです。

千葉県の軽貨物業者の印象

ドライバー採用の面談に関しても、スーツで仕事する訳ではないから面接は私服や軽装でもよいだとか、誰でも構わずに採用基準ハードルを下げ、結果、だらしの無いドライバーを抱えている軽貨物会社を現実的に多く見受けます。

軽配送の仕事は個人宅など多くの人に接するので、ルールがなくとも、ドライバーの見た目の第一印象はかなり大事なことです。

ドライバーがタバコ臭かったり、髭やピアスだったり、身なりのだらし無さは直ぐに配送クレームにつながります。

もちろん、個人事業主である以上、プロ意識をきちんともって最初から格好や身なりを必ず整えておくべきですが、なかなか、できるドライバーとできないドライバーが二極化してしまっています。

とは言いましても、宅配であろうと企業向けルート配送であろうと胸をはって活躍できる仕事です。

千葉県の軽貨物業者が成長

軽配送の仕事選びで大事なことは、日当の金額基準ではなく、軽配送の仕事には種類があることを知り、自分の得意な配送案件で働くことです。

毎日異なる納品先に行く仕事がキツイと感じる人もいます。逆に、毎日同じ納品先ルートではマンネリ化で飽きてしまう人もいることでしょう。

しかしながら、軽貨物運送会社と業務請負契約をする際、同時に定期案件を決定するのが通例です。

新人ドライバーは考えている余地もなく、ビギナーは仕事に慣れようとしてしまいまい、体力なのか、精神なのか、神経なのか、に疲れをためてしまいます。

また、軽貨物ドライバーの仕事はスピードや真心を運ぶだとかそういった偽善アピールではなく、根本的に、荷主様に代わって荷物やモノを荷受人様に的確にお届けする意識こそが、ドライバーが持つべき志しであるとシフタープロでは認識しています。

千葉県の軽貨物業者が奮闘

お客様の営業スタンスに合わせてスーツやワイシャツを着用して配送することも当然のことです。納品現場によっては作業着やヘルメットや安全靴で配送作業もします。

接客応対も、個人宅、一般企業や店舗の納品、老人ホーム、ホテル納品、寺院納品、会議や展示会や企業役員向け、様々に最低限の礼儀をこなせる配送ドライバーが納品仕事を担当します。

シフタープロでは全てのドライバーのタバコ喫煙を禁止、茶髪も髭もピアスも禁止しており、他の業者より厳しいドライバー採用基準を設け、些細なことですが品質優先でお客様からの配送仕事を請負しております。

軽貨物配送ドライバーは大きな国道を走るより人目の多い街中を走ります。荷主様や荷受人様に代わって荷物を配送するという役割と役目があることが前提です。

ドライバーは愛想、挨拶、営業トーク、こういったことも要望に合わせて気に掛けながら配送業務を遂行することが大事であるとシフタープロでは捉えております。

企業や商店や店舗への定期ルート配送、スポットのチャーター便、ネット通販などの荷物を数多く運ぶ大手宅配の下請け配達業務などと、仕事内容に違いこそあります。

千葉県の軽貨物業者は便利

基本、大手運送会社の宅配路線便では運びにくい大きな荷物、当日の配達、営業時間外の集荷や配達、オークションやお店で購入したイレギュラーな家具の配送チャーター、搬出搬入のお手伝い便など、軽貨物配送のチャーター便として個人や法人のお客様を問わずシフタープロ軽貨物便をご依頼いただくことも可能です。

当日納期の緊急性、温度管理で運びたい、家具などダンボールサイズでは収まらない荷物などの配送ニーズは大手の宅配会社では驚くほど料金が高いケースが殆どです。

しかしながら、軽貨物配送専門のシフタープロならばそういったイレギュラーな配送こそがメインの取り扱いです。

シフタープロなら大手宅配会社では断られたイレギュラーな荷物サイズや納期も相談ができ、大手宅配便の料金より低コストで運べる荷物も多くあります。

軽貨物チャーター便の基本的な仕事内容は、お客様ご指定の集荷場所へ直接お伺いしてお客様から荷物をお預かりし、ご指定の場所に荷物をお届けし、配送業務の料金を頂戴するといった仕事内容です。

軽貨物チャーターの利用が初めての方は業者名を聞いたことも無いような運送会社に配送を依頼することに不安を感じることもあろうかと思います。

ご安心ください。

千葉県の軽貨物業者で実働

私たちのような軽貨物配送ドライバーは、大手宅配会社や運送会社の下請けする実働の部隊でもあり、大手宅配会社の制服を着ているのか着ていないのかの違いだけだったり、大手宅配会社のステッカーをデカデカと宣伝で車に貼っているのかいないのかの違いだけなので、会社規模やネームバリューによる配送品質に大差はない筈です。

また、他の業者よりシフタープロ軽貨物便は配送料金を安く設定できるのは、独立系での営業なので無駄な商流マージンをカットできるからです。

仕事を請け負う流通構造で無意味な流通経路を介さず、その流通マージンをお客様に還元できるメリットがあります。

長時間労働や深刻なドライバー不足など、物流業界を取り巻く環境は以前の業界再編後からも依然として厳しさが残っており、令和時代、大手運送会社を中心に業界再々編の動きが水面下では活発化しています。
名ばかりの好景気であり、勝ち組を目指す中小トラック運送業者でも生き残りをかけて、自社が直面する経営課題の整理を日々していることでしょう。
まさに、拡大するか、拡充するかです。
私達のような軽の貨物車で荷物を運ぶ軽配送の業者に於いても、事業改革、ドライバー意識改革をする必要性は例外ではありません。

千葉県の軽貨物業者の能力

宅配のみならず、荷主様と荷受人様の細分化された多様なニーズに個別対応できるドライバーの能力がキーワードとなっています。
シフタープロ本部の千葉県でも運送業者が市場での期待と役割と使命を達成するには、機械装置や商品ツールの設置提供ではなく、「人材ありき」なのは言うまでもありません。
どの会社で軽配送の仕事をしても、雇用状態が社員や準社員であろうとも、外注の業務委託で仕事をしても、仕事内容の根幹は同じです。
私自身は、過去に異業種で、商品化開発、生産輸入計画、輸入貿易、在庫計画、出荷発送、そして物を全国の取引先にお届けする、といった業務全般に20年ほど特化してきました。
得意としている川上での戦略仕事から、川下の戦術仕事への勉強にシフトするため、一人で軽トラック一台の購入から始めた事業が、軽貨物配送専門店のシフタープロ便です。
軽貨物配送の仕事については備忘録として活動内容をブログ公開しておりますが、真面目に頑張っている軽配送ドライバーでありながら自身の立場や稼ぎ方に妥協してしまった人は、どうか、自分の価値と実際に稼働している案件や仕事稼働の環境を一度客観的に見てください。
世のビジネスは川上から川下に流れています。川下から川上へ逆流することはあり得ません。軽貨物業界も一緒です。疑うことなく、軽配送ドライバーが稼働する現場は川下の仕事です。経済で主役ではない裏方役です。

千葉県の軽貨物業者の裏方

もちろん、仕事で、川上だから偉いとか、川下だから底辺ということではありません。しかし、川下の仕事ですからドライバーに戦略は必要がなく、荷主に貢献ができる戦術は必要とします。
軽貨物ドライバーに必要なのは戦略ではなく戦術です。
軽配送ドライバーの事業や稼働では、川上で求められる戦略や哲学などビジネスの本質的なことは必要ありません。
ただし、川下での戦術は軽配送の「職人芸」ありきですから、ドライバーはそれに磨きをかけることで、自ずとドライバー収入は後からついてきます。
個人事業の軽貨物ドライバーは、場当たりではなく、荷主側での川上の戦略構築に追随する営業姿勢が肝心であり、それに付随して川下での戦いが配送現場となります。

勿論、荷主側の戦略原則は不変です。荷主側が何をやりたいのか把握しなくてはなりません。

そして、個人事業の軽貨物ドライバーは荷主への役割を果たし、win-winの関係で、対等な立場で稼ぐことを考えます。

千葉県の軽貨物業者の本職

私は若い頃より外資系メーカーでの職歴、荷主メーカーとなって新商品開発や輸入貿易、全国販売チャネルの構築、日本全国への出荷発送業務、SCM構築、倉庫在庫管理、競争力を高める流通と物流の仕組み作りなどの実務を25年間ほど経験し「物を作る、物を売る、物を送る」といったテーマに興味を持ち続けており、今に至るまで変化はありません。

発売元メーカー、荷主の立場で仕事をしつつ、商品化、生産在庫と販売計画、輸入貿易、倉庫保管業務、入出庫、顧客フォロー、といった事業の運営実務全般をこなしてきた一人として考えることですが、配送ドライバーが毎日運んでいる荷物は、荷主やメーカーが社運をかけて商品開発したものが多くあるという認識をしていないレベルの配達業者がいます。

荷物の種類は違えど、商品を販売することの粗利でメーカーや荷主の事業は成り立っています。ドライバー仕事の立場のように、物を運んで、はい、おしまい、では通用しません。

メーカーや荷主は技術とサービスで競合と差別化をしながら、全国の企業や個人の顧客に向けてスピーディーに的確に商品やモノをお届けすることを大事としていることでしょう。

メーカーや荷主はその事業がある限り、サービス維持と向上を進めていく必要性が高く、メーカーや荷主は消費者やエンドユーザーなど顧客ニーズの細分化に直結する配送サービスの細分化は避けて通れない道でしょう。

千葉県の軽貨物業者に直結

インターネットでの不特定多数への販売しかり、BtoBなど商流ルートでの販売しかり、荷主やメーカーにおける物の売り買いは宅配業者や運送会社と協力あってこそビジネスが成功と成長をするものだと長年考えております。

ただ、個人事業主のドライバーが仕事で儲かるなど99パーセントありません。働いた分だけしか稼げません。儲ける、稼ぐ、は意味が異なります。

ドライバーの稼ぎはあくまでその労働の対価でしかありませんが、世の中、ドライバーのような労働より、物をつくり、物を開発して、物の技術を考え、世の中に役立つモノやサービスを商品化して販売提供し、成功させる方が格段に儲かります。

物販の世界ではビジネスモデルを整えながら小さな成功であろうとも1人の売り上げで数人から数十人は生活できますが、成功は「先見の明」で相応に特化して人一倍に学び抜き、人一倍に心身を鍛え、人脈や予算も運気も必要となるでしょう。

真似事は通用しません。

その川下に位置する個人事業主軽貨物ドライバーが目指すべきは、拡大路線ではなく拡充路線であるべきとシフタープロが考える骨子でもあります。

千葉県の軽貨物業者の年収

配送受注の多くが受け身の営業仕事ですから、案件稼働の流れが悪い時期だと、ドライバーは頑張っても40から60万ほどしか稼げません。日本での平均年収を考えると数字は決して悪くないですが、人1人分の仕事です。

一見、羽振りが良さそうな配送会社もありますが、それに違和感を感じている業務請負のドライバーも多いと思います。有能なドライバーになるにはどうするべきかです。

営業で有能と感じた人たちに共通して言えることですが、並々ならぬ戦略思考のパワーを持っています。

そう、だからこそ、個人営業の軽貨物ドライバーは経験知識から思考への尺度対応を必要とする時代に対応することを学ぶべきと考えます。

個人事業であろうとも、会社事業であろうとも、自分流で良い戦略と戦術を計画し、良い戦略や戦術を決定するには思考力が必要です。

軽の貨物車を使った運搬配送の需要増がインターネット普及によるものだと勘違いする単純な業者が多いですが、今日の軽配送ニーズ拡大は、決して軽配送会社の営業功績でもなく、単純にインターネット通販が普及したからでもありません。

千葉県の軽貨物業者と生活

普及はそんな単純なことではありません。

我が国がIT技術の変革で産業構造や行政と個人のライフスタイルそのものが社会全体で変化をし、以前のように大手企業だけでなく中小や零細企業にもSCMの構築が仕上がりつつあることから、運送会社の大手中小、個人事業主である業務請負ドライバーによる軽貨物運送の納品仕事のニーズは細分化され、それが重要拡大したかに見えているだけなのが現実と言えます。

配送ニーズの細分化は、軽貨物の配送会社が今までのようにドライバーの数やネットワーク組織力だけでは通用しない配送時代になることを意味しています。

これからの時代は荷主ファーストではなく、その荷主の納品先であるお客様ファーストの心構えでハイレベルにドライバー個々の対応能力が問われてきます。

食品やお弁当など冷蔵チルドの配送、チャーター便、ケータリング業務フォロー、家具輸送、単身の引っ越し、深夜や夜間の配送、宅配便では運べないようなタイヤホイール、緊急の追走便や待機便や深夜便などと、軽貨物運送ドライバーの業務全般が「経験知識から思考への尺度対応」が求められる新しい時代になることでしょう。

千葉県の軽貨物業者の尺度

そして、捨ててならぬは義理です。

義理を大事に信頼し合える協力パートナー業者を探しつつ、お客様の守秘義務徹底、無駄な商流を介在させない営業の取り組み、高効率な会社運営。

シフタープロではお客様への配送料金を安く設定しながら利益を確保する試み、地域や地元密着型で適正価格を守りつつ、軽配送専門だからこそ大手宅配便には無い付加価値ある緊急依頼に対応するなど地域に根ざして個性あるサービスを過剰にならぬよう向上させていくノウハウを追求しています。

安心や安全やスピードや真心を運んだりなどの見栄えや格好をお届けすることがメインではありません。

実運送ドライバーにとって大事なことは荷主様の意向に合わせて的確に荷物をお届けすることと考えます。

車が好きだからとか、運転が好きだからできるといった甘い仕事内容ではありませんし、集荷や納品では多くの人と接しますし、臨機応変、伝票や積載できる重量や箱の数量、トラックに積める重さや容積を計算したりすることもあります。

上級者である紳士ドライバーの仕事になると礼儀作法が求められる仕事にもなってきます。荷物は重い物であることもありますし、数を急いで沢山積んで運ぶことも多々あります。

安全第一が最重要であるのは言うまでもなく、これを日々怠らずに維持することが配送ドライバーの使命となります。

全国の無印軽貨物運送業ドライバーの本業の皆様が活躍する時代へと必ず突入します。

※ プライバシーポリシー

千葉県の軽貨物シフタープロ統轄責任者

千葉県で軽貨物シフタープロ便を運営する営業統轄責任者としてハンドルを握って実運送する軽貨物配送セールスドライバーが軽配送ドライバーとしての奮闘と成功術の備忘録ブログ。

日本シフター産業のシフタープロ便を事業展開する準備で武者修行する内容を配送ドライバードットコム事務局でBLOG公開しています。

▶︎軽配送は経験知識から思考へ尺度対応の時代に

宅配などの配送ドライバー上がりではなく、若い頃より外資系メーカーでの職歴や荷主メーカーの立場で商品開発や輸入貿易から販売チャネルの構築、日本全国への出荷発送業務、SCMの構築、倉庫在庫管理、商品販売の競争力を高める流通と物流の仕組み作りを25年間ほど経験しました。

「物を作る、物を売る、物を送る」といった仕組み作りや実務に興味を持ち続けている1人です。

軽貨物配送の仕事と事業に興味を持ち、冷蔵チルド対応の軽貨物冷蔵車に乗りながら荷主様や元請け会社様や協力会社様と共に、様々な軽配送仕事を覚えることに楽しみを感じ、配送業務を一つ一つ熟し、事業性の価値を検証しております。

軽貨物配送の業界では軽の貨物車を使った運搬配送の需要増はインターネット通販の普及によるものだと勘違いする配送業者が見受けられますが、今日の軽配送のニーズ拡大は決して先駆の軽配送会社による営業功績ではありません。

単純にインターネット通販が普及したからでもありません。

我が国がIT技術の変革で産業構造や行政と個人のライフスタイルそのものが社会全体で変化をし、過去のように大手企業だけでなく「地方の中小や零細企業にもSCMの構築が仕上がりつつある」ことがきっかけです。

運送会社の大手や中小、配送業界の末端である個人事業主の業務請負ドライバーに向けられた軽貨物運送の「納品仕事ニーズが細分化」され、それが需要拡大したかに見えているだけなのが現実だと捉えます。

新たな配送ニーズの細分化は、地場で末端の配送業者でもある軽貨物の配送会社や個人事業主軽貨物ドライバーが今までのようなドライバーの数やネットワーク組織力という仮想規模での営業サービスでは営業が通用しない配送時代になることを意味しています。

本業ではないような副業ドライバー、お金儲けや稼ぎのためだけで片足を突っ込む日雇い的なフリーランスの軽貨物ドライバーの無責任な業務も目立つようになりました。

もちろん、茶髪や髭やピアスや眉剃り、タバコ喫煙のドライバーなどは時代と共に荷主や荷受人や元請け会社から淘汰されつつあります。

更に、そういったレベルの人材寄せ集めで形振り構わずピンハネ商売をしているようなネットワークや組合やFCなどの軽配送組織も営業的に今後は淘汰されることでしょう。

個人営業の配送ドライバーを抱え込もうとする軽貨物配送会社も、これからの時代は単純な荷主ファーストではなく、荷主様と共に、荷主様のお客様で納品先である荷受人への「お客様ファースト」の心構えが重要です。

配送ドライバー同士が「お客様ファーストの観点」を共有し、プロの心構えを持つなどし、ハイレベルに配送ドライバー個々の接客応対や納品対応の能力が問われてきます。

軽配送の仕事種類も様々です。

食品やお弁当など冷蔵チルドの配送、チャーター便、ケータリング業務フォロー、家具輸送、単身の引っ越し、深夜や夜間の配送、宅配便では運べないようなタイヤホイール、緊急の追走便や待機便や深夜便などと、軽貨物運送ドライバーの業務全般が「経験知識から思考への尺度対応」が求められる新しい時代になることでしょう。

一般企業の営業マン同様に軽貨物の配送ドライバーも「質」が優先されるのは言うまでもありませんが、ドライバーの質とは配送が早いとか道に詳しいとかドライバー経験が豊富というレベルの話ではありません。

▶︎捨ててならぬは義理

軽配送の事業で大切な要素はドライバーとは量より質だと千葉県の軽貨物配送専門店シフタープロは考えます。ドライバーはフルに1日を頑張っても人一人では一人分しか仕事で稼ぐことはできません。

個人事業主軽貨物ドライバーの仕事は稼ぐ効率は悪いアナログな業種とも言えます。

仕事で稼げるのは配送ドライバー、儲かるのは配送ドライバーの使用人である軽配送会社という図式です。

配送ドライバーは稼げても儲からない構図ですので、多くの自営業ドライバーは割に合う合わないだとか、仕事の旨味だけを追い求めてしまうのが実態です。

配送ドライバーとして実直に稼ぐには新しいことを覚えながら瞬発力と柔軟性を磨き上げ、自分の才覚で懸命に打破することが必要です。

反面、義理を大事に信頼し合える協力パートナー業者と仲間ドライバーの存在、お客様の守秘義務徹底、無駄な商流を介在させない営業モデル構築に取り組んでおります。

高効率な営業運営によって、お客様へ配送料金を少しでも安く設定しながら利益を確保する試み、地域密着型で適正価格を守りつつ軽配送専門だからできる仕事を考えます。

大手の宅配便には無い付加価値ある緊急依頼や24時間対応するなど、地域に根ざして個性あるサービスを過剰にならぬよう向上させていく運営ノウハウも求められます。

配送ドライバーは安心や安全やスピードや丁寧や真心を運んでいるなどと顧客にモテたいが為に透け透けな心遣いをアピールしたりで、荷主様のモノを荷受人にお届けすることが業務の遂行ではありません。

接客業でもあるというプロ意識を軽貨物ドライバーは持つべきで、荷主様の意向と姿勢に合わせ、軽配送ドライバーは荷受人様に荷主様の荷物を的確にお届けすることが役割と役目です。

明るく人と接し、社会人として当たり前のことをきちんとする、地域密着の軽貨物運搬配送を私たちシフタープロでは大事にしております。

全国の無印軽貨物運送業ドライバーが活躍する時代へと必ず突入します。

千葉県の軽貨物シフタープロ統轄責任者をフォローする
広告
広告
広告
ブログで千葉県の軽貨物運送専門シフタープロが軽貨物を語る!軽配送の検証BLOG。