広告

ご挨拶

広告
この記事は約4分で読めます。
広告
広告

日本シフター産業のシフタープロ軽貨物チャーター便。千葉エリアを営業軸として広域ではなく地域密着スタイルで地元に根差す紳士な軽貨物配送ドライバー集団を目指す独立系の軽貨物運送業者です。

日本シフター産業は千葉県内での配送ニーズの中でも、低料金で利便性の高い「軽貨物車でのチャーター配送サービス」の取り扱いに特化して営業発足し、営業エリアを拡張しながら配送サービスを営業強化し、企業配や個人宅配、チャーター配送、ケータリング配送、お弁当の配送や食材の冷蔵チルド配送、雑貨や衣類や家具などの一般貨物、単身引越、緊急配送まで、軽貨物配送のチャーター便(シフタープロ便)を受付しております。

弊社倉庫での商品保管、家具配送や設備の簡易設置配送、輸入通関サポート等の業務支援サービスも承っております。

「全力疾走を子供の頃のように今でもできますか」

私はシフタープロ事業の統轄責任者として軽貨物配送の事業と仕事を通じて、様々な納品先と集荷先でこう感じながら業務をしております。

副業やフリーランス風のドライバー集団ではなく、本職本業でのプロ意識を持って稼働できる軽貨物ドライバーを求め、千葉県内で荷主様の企業規模や取引規模を問わずに配送サービスを真剣に提案し、何事も仕事があることに感謝し、荷主様からの配送相談を喜んで応対する営業姿勢を守りながら自分流を徹底することが原理原則。

これがシフタープロの唯一不変となる事業戦略と戦術のベースです。

仕事のできないドライバーほど案件の批評を語ったり仕事の文句や賃金の不満を言ったりなどと自身の能力不足で苦労しているのが実態です。

仕事のできるドライバーはそもそも仕事を覚える姿勢と自分の仕事を守る姿勢がきちんとしており、どんな内容の配送でも楽に仕事を熟そうとします。

まさに、スキルアップこそが収入アップの源です。

日本シフター産業のシフタープロ軽貨物便は地域密着で千葉県の東葛エリアに根差して発足した軽配送業者ですが、千葉県内で頑張る個人営業の軽貨物ドライバーと協力関係をキープし、地元の軽貨物配送会社とも協業し、配送依頼を通じて千葉県内にある荷主様の事業で援軍となれるよう、プロ本業の独立系実運送の軽配送業者として荷主様と荷受人様を配送業務で仲介し、紳士な動きで的確に荷物を低料金でお届けする配送サービスを徹底検証しながら、日々営業しています。

私たちシフタープロはフランチャイズ系や組合系の配送ドライバー業者のように特定の取引先に縛られずに独自営業で展開、流通経路のマージンをカットしてお客様にコストを還元、臨機応変に納品対応できるドライバースキルの教育を強化しています。

独自の営業展開により適正価格の配送サービス提供を徹底しながらコストパフォーマンスよく新規営業を続け、商社など特定の利用運送会社への遠慮や伺いを立てることを必要とせずに自分たちでできることを背伸びせずに地域密着で仕事を進めていく事業運営をベースとしております。

シフタープロの軽配送ドライバーが地域一番店を目指して稼働し、各ドライバーは仕事密度が高まる多忙を恐れずにプロ意識を持ち、拡大ではないサービス拡充を徹底することを守り抜く営業スタンスを持ちます。

「楽しい仕事」「期待される仕事」を熟しながら営業展開ができるよう、配送の市場ニーズに合わせた営業手法で高効率に運営し、独自に営業企画、シフタープロ専属ドライバーにはドライバー目線ではなく荷主様側に立った営業目線の大事さを教育徹底し、紳士に役立ち稼げる配送スキルを高め、軽貨物車を使用するあらゆる配送サービスを独自展開で拡張するプロ仕事の実現をシフタープロは追求し続けます。

配送も経済も会社も事業も生き物です。良い時も悪い時もあります。

配送ドライバーは儲けや稼ぎを計算する前に、仕事幅を広めながら業務遂行し、経験値を高め、できることを背伸びせず、確実に計画を実行することが大切であると考えています。

働き方はいろいろです。

夜基準でお昼前後まで仕事するパターンの人、一般的な企業勤務と同じように朝基準で夕方前後まで仕事するパターンの人、夜や昼だけ仕事するパターンの人や夜から夕方まで長く仕事するパターンの人もいます。

ただし、副業やフリーターやフリーランス風の考えなど自分基準の働き方は荷主や荷受人に通用しません。仕事はニーズに寄せていく仕事の覚え方と仕事への耐性を自分に作り上げていくわけです。ドライバー教育はこれが肝となります。

軽貨物ドライバーを千葉と埼玉で募集中

軽貨物ドライバーを千葉と埼玉で募集中

広告
広告
広告
ブログで千葉県の軽貨物運送専門店シフタープロが軽貨物を語る!軽配送の検証BLOG。