広告

営業支援システム

広告
この記事は約3分で読めます。
広告
広告

軽貨物配送の専門店シフタープロの千葉エリアで軽貨物配送の担当ドライバーになっていただける人員を新規募集しております。

地域密着型の軽貨物配送業者「日本シフター産業」が運営するシフタープロ便は千葉県の京葉エリアや東葛エリアや印旛エリアを営業軸として発足した地域密着型で営業する独立系の軽貨物配送専門の業者です。

  • 忙しくて軽配送案件を断っている。
  • 軽貨物ドライバーが足りていない。

独立系で地域密着で営業している軽貨物配送業者は人脈や上客を程よく持っているので、安定的に配送仕事を無理なく熟しています。私たちシフタープロのような軽貨物専門のドライバーは事業拡大をせず、事業を拡充しながら仕事内容を背伸びせずに濃くすることをベースにしており、巷のピンハネ配送業者のように形振り構わずにドライバー募集することをしません。

他のドライバーより効率的に稼ぎつつ、仕事を中長期で安定させるには、高単価の案件を素人のように探しても意味がないということも営業系のプロ軽貨物ドライバーは知っています。

身体、神経、精神、3つのストレス感覚、時間帯毎における稼働率のバランス、仕事案件の組み合わせを意識し、好きな時間に働きたいなどの自分都合の優先ではなく、配属先と荷主様の仕事ニーズに自分の働き方を最大限に寄せていきながら稼働率を上げるノウハウを築いていける教育環境を得ることが正解に近いと思われます。

働く理由はみんなそれぞれ違うからです。

巷では、名の通った軽貨物運送会社の多くが下請けの立場で実運送している業務委託ドライバーからマージンを1割以上や2割も3割もピンハネすることが営業軸となってしまっているのが経営の実態です。

千葉県内でも新人が何も知らずに少し名のあるような軽貨物運送会社に配属してしまって、職探しするドライバー志望者の足元を見て、車両をリース契約させて縛りをつけ、社員ではないのに社員のように定期案件で現場に押し込められ、多くの業務委託ドライバーは収入の割に合わない労働量の多さで苦しめられて、且つ、そういったピンハネ軸の軽配送会社では、事業拡大を怪しく誇大に謳い、配送案件の業務が減ろうと増えようと安易にドライバー増員を考えます。

そんな働き方は、本来意味する個人事業主の仕事ではありません。

露骨な業務委託や業務請負ではなく、業務提携や業務協業を意味する活動が望ましい訳です。

千葉県内で軽配送チャーター専門で営業活動するシフタープロでは、シンプルに個人事業主ドライバーは業務提携と業務協業による運営姿勢が正解だとしています。

千葉県での地域密着を基本とし営業発足した軽貨物配送シフタープロ便の営業姿勢は「独立系の強さ」です。且つ、拡大ではない拡充をベースとする少数精鋭活動を維持する姿勢です。

参加する軽貨物ドライバー全員がハンドルを握って実運送をし、高効率で仕事をシェアする軽配送専門のドライバー集団がシフタープロ便です。

日本シフター産業が事業運営するシフタープロ便は地域密着型の営業スタンスを持ち、配達や納品を業務上で必要としている街の小さな荷主様を丁寧に営業フォローする配送部門へと成り代わり、昼夜を問わず、荷主様へ実運送サービスを提供している軽貨物配送専門の配送業者です。

  • 軽配送は拡大より拡充が大事。

シフタープロでは営業発足時から少数精鋭ドライバー体制での営業手法を守り抜き、同業他社のように安易な事業拡大をせず、仕事拡充を最優先した稼働の実績を積み重ねております。

  • 非効率な配送業務請負を減らす。
  • ドライバー業務シェアの仕組み。
  • 外注することで業務の洗い出し。

我々シフタープロでも本事業において売上変動や業務量の変動は必ずあるものと捉えております。稼げるときに稼ぐ、暇なときは休む。軽配送の事業も一般社会での会社と同様に生き物ですから、知見経験で想定し、予習と復習、各ドライバーが計画的にやるべき仕事を覚えていく姿勢が安定性を持って稼げる軽配送ドライバーに成長する道筋だと考えます。

軽貨物ドライバーを千葉と埼玉で募集中

軽貨物ドライバーを千葉と埼玉で募集中

広告
広告
広告
ブログで千葉県の軽貨物運送専門店シフタープロが軽貨物を語る!軽配送の検証BLOG。