軽配送の独立開業は慎重に、ピンハネ軽貨物の配送会社を通じた定期の請負は法律違反の二重派遣や偽装請負の可能性がある。

軽貨物の偽装請負と二重派遣 【軽貨物運送の検証ブログ】個人事業主

個人事業主の軽貨物ドライバーが仕事する業務委託契約の重大な問題は、配属の配送会社から定期で請ける仕事が二重派遣を偽装請負している法律違反には要注意。

仕事をしている社会人なら、軽貨物ドライバーであろうがなかろうが、派遣社員や二重派遣という言葉を一度は聞いたことがあることでしょう。

私は法人経営が長かったため会社都合で社員雇用や準社員雇用を考えがちですが、企業にとっても、事業運営においても、人材は人財、宝であり、経営者は働いてもらうスタッフを守るべきが重要な事柄です。

前職でも20年以上、長年、雇用する側の経営陣として労務については社会保険労務士の先生に会社内部を見守っていただいておりましたが、派遣しかり、業務請負や業務委託しかり、労働や雇用については決して思い違いがあってはなりません。

正しく認識するべき重要な事柄ですが、人を雇うという労務の法律に無知な元請けや軽配送会社や荷主も実在すると思われます。

軽貨物ドライバーの場合、なんだかんだ理由をつけて、業務請負だから、業務委託だから、派遣だから、などと社員ではないからと高を括る甘い経営者や事業責任者も見受けます。

知っててそうなのか、知らなくてそうなのか、人材リスクマネジメントで大きな違いです。

業務請負や業務委託など何でもありの軽貨物配送業。2020年を境に法のテコ入れでピンハネ配送会社は淘汰される。

現在、軽貨物配送会社は求人が異様に盛んです。しかしながら、その多くが純粋な求人ではなく、単なる業務請負や業務委託という関係です。

世間が一般的に言う求人という意味ではなく、下請けしてくれる人を募集しているだけです。

求人の内容は、社員でも準社員での雇用でも無いので、軽貨物の求人を見た人は勘違いしないよう注意してください。

危ない業務請負契約に注意してください。

加盟金や入会金が不要でも、オープンにせず、ピンハネ手数料を20パーセントもぼったくるようなパターンの会社もあります。商品売買ならあり得る利益ですが、労務に2割はかなり苦しめられます。

10時間働けば2時間は只働きです。

さて、個人事業主ドライバーは請負や委託であろうとも労働者ですが、請負の契約書があろうともその内容と実務に違反やギャップがあると、一つ間違えば元請けと荷主のコンプライアンス違反や不備を理由とし、一瞬で、その仕事を継続できなくなることもあります。

労働者として頑張る個人事業主ドライバーは何も悪くないのに、現場を離れることとなり、覚えた仕事が全て無駄になることも無いとは言えません。

もちろん、親しんできた定期案件で築いてきた人間関係も不本意にサヨナラとなります。

契約内容と作業内容の違いは知らないではダメです。社員ドライバーではないならば、業務請負や業務委託の仕事は自分を自分できちんと守るべきです。

千葉県の軽貨物は日本シフター産業のシフタープロ軽貨物便までご依頼ください。冷蔵配送から幌車配送まで千葉県、都内、埼玉県、神奈川県、一都三県でチャーター配送を適正価格にて承っております。

相談受付フォーム

お名前
フリガナ
会社名
メール
電話番号
住所
相談内容
詳細入力

※は必須事項です。

 

個人事業主
千葉県の軽貨物配送専門店が語る!軽貨物運送検証ブログ
緊急チャーター配送受付
error:Content is protected !!