努力の継続だけでなく、忘れるチカラを身に付けてメンタルを鍛えることも個人事業主の軽貨物ドライバーにとっては大事なこと。

個人事業主

本職の個人事業主軽貨物ドライバーは、もっと、ビジネスセンスに磨きをかけられるはず。法人であろうと個人であろうと1日は24時間。個人事業だからこそ営業の仕組み化と配送業務の仕組み化を考えながら参加し合い、1日24時間の中で実稼働時間比率をどこまで高められるのかが個人事業主ドライバーでは勝算の鍵となる。

シフタープロ軽貨物便を事業展開する準備段階で軽貨物配送の仕事全般を様々に検証していますが、千葉県でも法人にしている軽貨物配送会社には個人ドライバーや協力業者から運賃をピンハネすることが営業軸になっている法人の軽貨物配送会社があります。

物を運ばない運送会社です。

たしかに、この業界、タバコ臭のドライバーだったり、ブツブツと文句など独り言を言って配送しているドライバーだったり、守秘義務のある請負仕事にも関わらず動画やSNSで内容をアップしてしまうドライバーだったり、私服みたいな服装で仕事をしているドライバーだったり、そういう質が悪いと言われている業務請負の個人ドライバーも街中では存在しますが、目には見えず、質の悪い軽貨物配送の法人会社もその裏側で実在しています。

特に個人事業では「良い」取引関係者と出会って信頼関係でつながることが大切なポイントになるのですが、景気や特需や周囲の意見にふらふら影響されず、自身の事業成長フェーズにマッチさせて自己改善を続け、個人ドライバーであろうと法人ドライバーであろうと他人ではない自らの配送実務経験により責任感を鍛えて自信をつけ、日頃から突破力のある仕事っぷりを心掛けるべきです。

そうやってようやく稼ぐ実力が安定し始めるわけです。

法人経営者のような有限責任とは異なり、個人事業主は無限責任です。

もちろんのこと、個人事業は事業リスクを小さくとることもできますし、大きくとることもできます。背伸びせず経営能力と仕事実態に合わせて事業展開ができる、それが個人事業のメリットでもあります。

もちろん、個人事業を営むということにはリスクがつきものです。大なり小なり、仕事でリスクを取ることができない人は個人事業主軽貨物ドライバーになってはいけませんし、世の中の仕事は人1人で完結できるものはありませんので、たとえ単独作業が多い配送ドライバー職であろうとも、浮気性、身勝手や自己中心な稼働は周囲に多大な迷惑をかけます。

  • 聞いてないではなく、聞いたのか。

人の責任感で大元にある意識の違いがコレです。仕事ができる人と仕事ができない人の検証は「報告、連絡、相談」のタイミングで仕事能力の大凡がは直ぐ分かります。

スタンドプレーで何から何まで人に聞かないで仕事ができたとしてもそれは仕事能力ではありません。

思ったことや感じたことが正しいのか正しくないか、それを常に聞くスタンスの「相談」こそが事業では大切なことになります。

言ったではなく、聞いたのか、です。

軽貨物ドライバーの職に限らず、身勝手で自己中心な人の仕事っぷりはこういった立場を履き違えており、自分に都合が悪いことになると、聞いていない、と言いたがります。

業務請負の配送仕事でそれは最も信頼を失う駄目な言動です。

小学生や幼稚園児でもできる「わからないことは聞く」という基本姿勢が仕事でできない人は信頼はされません。

何故ならば、その意識が顧客クレームを招き、顧客から信頼を損ない、取引関係者からの信頼も損ない、本人の個人事業を不安定にしていくからです。

配送の問い合わせ
error:Content is protected !!