優秀なできる軽貨物ドライバーは物を運ぶのではなく、情報を運ぶことを軸とする。

千葉県の軽貨物 ドライバーと荷主のスタンス。
広告
広告

配送が優先仕事になっている物流部を抱えた荷主は衰退する。外注の軽貨物配送セールスドライバーが感じたこと。

商売で大事なこととは何でしょう。法人の設立経験や会社経営の経験がある方ならば即答ができることでしょう。

そう、共通の答えなどありません。商売で大事とすることは百人百様です。

物、技術技能、サービス、地方地域、国、商売人には皆それぞれ他人とは違ったやり方や大事とする考え方があるものです。

そういった営利目的の会社経営陣や日本経済の全体が動く中で、個人事業主の軽貨物配送ドライバーは仕事を分け与えられています。

個人事業主の軽貨物ドライバーが配送の仕事で頂戴することになる配送業務料(配送料)は、運ぶ荷物の荷主メーカー側の帳簿で勘定科目は荷造り運賃、通信費、運賃荷造費、または外注費での計上となります。

もちろん、配送料は荷主やメーカー側の会社帳簿では販売管理費に配賦するのが一般的ですが、状況次第で製造原価など商品代金に含めて勘定仕分けすることもあるでしょう。

そう、いずれにしても私たち軽貨物ドライバーの売上収入の原資は、荷主やメーカー側の大事なコストなんです。

自分都合での働きが軸の副業ドライバーや本業ではない自己中心的なフリーランス軽貨物ドライバーもいますが、自分勝手な印象で割りに合う合わないを語る前に、荷主メーカーの営業マンに感謝すべきと言えます。

軽配送仕事はモノが売れてなんぼです。そう、配送仕事があること自体に感謝すべきです。

error:Content is protected !!