優秀な軽貨物ドライバーは物を運ぶのではなく、荷主企業様の営業情報を運ぶことも軸とする。

千葉県の軽貨物ドライバーと荷主 【軽貨物運送の検証ブログ】チャーター便

配送が優先仕事になっている物流部を抱えた荷主は衰退する。外注の軽貨物配送セールスドライバーが感じたこと。

商売で大事なこととは何でしょう。法人の設立経験や会社経営の経験がある方ならば即答ができることでしょう。

そう、共通の答えなどありません。商売で大事とすることは百人百様です。

物、技術技能、サービス、地方地域、国、商売人には皆それぞれ他人とは違ったやり方や大事とする考え方があるものです。

そういった営利目的の会社経営陣や日本経済の全体が動く中で、個人事業主の軽貨物配送ドライバーは仕事を分け与えられています。

個人事業主の軽貨物ドライバーが配送の仕事で頂戴することになる配送業務料(配送料)は、運ぶ荷物の荷主メーカー側の帳簿で勘定科目は荷造り運賃、通信費、運賃荷造費、または外注費での計上となります。

もちろん、配送料は荷主やメーカー側の会社帳簿では販売管理費に配賦するのが一般的ですが、状況次第で製造原価など商品代金に含めて勘定仕分けすることもあるでしょう。

そう、いずれにしても私たち軽貨物ドライバーの売上収入の原資は、荷主やメーカー側の大事なコストなんです。

自分都合での働きが軸の副業ドライバーや本業ではない自己中心的なフリーランス軽貨物ドライバーもいますが、自分勝手な印象で割りに合う合わないを語る前に、荷主メーカーの営業マンに感謝すべきと言えます。

軽配送仕事はモノが売れてなんぼです。そう、配送仕事があること自体に感謝すべきです。

私たち軽貨物ドライバーの仕事は決して軽貨物ドライバーや軽貨物の配送会社が作った仕事ではありません。現実、配送や宅配の仕事量はかなり安定していますが、モノの生産者や生産会社の売り上げがあってこその仕事です。

このことからも、軽貨物配送ドライバー個人や軽配送会社の経営者が配送や宅配の仕事で利益を追求しても、商品が売れるビジネス構造的に、配送業者における金銭の追求は社会的に中身が薄い追求となってしまい、結局、単なる金儲け主義の答えとなるわけです。

本来、軽貨物ドライバー個人や軽配送の会社が仕事を通じて追求して答えを出せることは、請負のお金の利益計算レベルではなく、軽貨物車を使った輸送や配送や運送のサービス内容の追求でしかないはずです。

巷で、軽貨物ドライバーは配送で〇〇万円稼げるだとか煽りつつ、実態は社員雇用ではなく単なる外注業者募集の業務委託によるピンハネ目的であるにも関わらず、事業拡大だとかの言葉を使いながら恰も会社が忙しくてドライバー募集しているように見せかけている金儲け主義の配送会社やネットワークやプラットホームなども存在します。

以前のフランチャイズや組合などの軽貨物配送の悪徳業者のように、初心者でも誰でも構わないから個人事業主ドライバーを採用して業務請負を契約させ、同時に、軽貨物車のレンタルやリースでドライバーを仕事漬けに縛り付けつつ、更に20%や30%以上などのマージン手数料を毎月ピンハネしている軽貨物の配送会社、ネットワークやプラットホームなどという言葉で形態を変えつつもピンハネ軸の業務委託ドライバー集めの業者など、評判の良し悪しは別として、未だに見かけます。

この手の流行り廃りのビジネスモデルは軽配送業界に限ってのことではありませんが、毎日頑張る無印軽貨物ドライバーを苦しめるマージン率の悪徳と言える配送業者やネットワークなどの鴨にはならぬよう、個人事業主ドライバーは注意すべきと思います。

根本的な話、軽貨物ドライバーが運ぶことになる荷物(モノ)の売上プロセスは、ドライバーが稼げる稼げないなど加味されていませんので、ドライバーファーストなどが成り立つ次元ではありません。

物売りも競争社会ですし、あくまで配送料はコストであって、時と場合、荷主メーカーは確保すべきコストでもあり、配送料は削るべきコストにもなります。

配送の問い合わせ
error:Content is protected !!