プロドライバーの自覚を持って軽貨物の仕事で稼ぎ続けるには心身を疲れさせてはいけない。

千葉県の軽貨物 価値観。
広告
軽貨物チャーター (軽貨物配送) 専門ブログ
広告

個人事業主の軽貨物配送ドライバーは仕事上の不平不満を言う人がやたらと多い。私もその1人かも知れないが。

個人事業主の軽貨物ドライバーが語る不平不満。その不満の多さには少し理由があり、事業主でありながらも会社の従業員のような感じで配送現場ではコキ使われる立場でもあり、反面、従業員のように働いていながらも外注の身ですので職場改善への意見などはタブーなので、日々、汗をかきながら忠実に業務を熟す者として愚痴の一つや二つ出てくるのも真剣故に当然と言えば当然でしょう。

また、業務委託のドライバー募集ばかりしている軽貨物配送会社の悪徳商法も今や形を変えつつありますが、軽貨物配送の仕事を斡旋する運送業者の中には軽貨物車の配送車両を無料貸し出しするなどといいつつも、蓋をあけると日々の労務からのピンハネ手数料が通常より更にボッタクリのような率で設定されていたりなどと、仕事は沢山あるあるのピンハネ配送会社の鴨になっている個人事業主の軽貨物ドライバーがまだまだ存在しており、軽配送業界のあり方と利益構造の問題は取り残されています。

シフタープロ軽貨物便ドライバーは、地元の八千代市界隈で一番のドライバー、千葉県で一番の軽貨物ドライバー、関東で一番の軽貨物ドライバー、全国で一番の軽貨物ドライバーだと呼ばれることへ大志を抱いて、実現達成、コツコツと仕事奮闘しています。

他県でも同じような志を持つ軽配送会社オーナーや軽貨物ドライバーはいると思います。虚像の台数規模で威力を語らない、強き信頼の紳士ドライバーと成功事例を談義したいものです。

軽貨物ドライバーの質を向上させるには配送会社がシンプルにドライバー採用基準のハードルを高くすること。向上心を忘れないドライバーであること。良し悪し、ドライバーは自覚することが大切。

勿論、個人事業主を相手に仕事を斡旋する軽配送会社の全てが駄目な会社ではありません。ただし「ドライバーには仕事丸投げ、失敗すると全部ドライバーに責任を押し付けてくる」という軽配送会社もあると聞くのでビギナーは要注意です。

大人の仕事で情けや助け合いは論外無用ですが、配送仕事での責任は協力が必要です。身体は一つしかありません、配送や配達や納品という完結型の仕事役割の意味、仲間とのwin-winとはそういうものです。

そうしながら自分と周囲がレベルアップすれば意思疎通を図るものです。

配送の仕事とは実は荷主のためでなく、ドライバーは荷主のイメージを損なわずに荷主の「お客様のため」に忠実業務を熟す意識を自覚し、日々繰り返される仕事へのモチベーションを維持するものです。

error:Content is protected !!