ダメな営業マンみたいに下手な人脈作りをする軽貨物ドライバーはやがて信頼を失う。

千葉県で軽貨物冷蔵車の修理 【軽貨物運送の検証ブログ】運送業

初心忘るべからずで千葉県にて軽貨物配送の仕事を極めることに注力をしていますが、個人事業主の軽貨物ドライバーがやるべき仕事は二つに分けて展開を考えるべきと捉えています。

個人事業主+軽貨物ドライバー=個人事業主の軽貨物ドライバー。

社員ドライバーは社員+ドライバーです。準社員ドライバーは準社員+ドライバーです。

では、個人事業主軽貨物ドライバーの仕事内容を紐解くと、

  • 個人事業主としての仕事
  • 軽貨物ドライバーとしての仕事

が役割ということになります。

初心者や経験者を問わず、個人事業主の軽貨物ドライバーは自分がやるべき仕事をこの二つに大分類をし、無理せずに自分の心身に適度な負荷をかけて業務遂行し、モチベーションを維持するために周りからの支援も受け、周りとも協力をし合い、懸命に実績を積み重ねていきながら仕事を極めていく気持ちを持ち続けることこそ、スムーズなスキルアップと稼ぎ成長の近道だと私は考えています。

そう、たかが配達、されど配達です。

巷では、本業ドライバーではない副業のドライバーやフリーランスの軽貨物ドライバーも活躍していますが、日雇い労働者が労働センターに朝早い時間から集まっているかのように、街中では荷主からスポット発注が出るのを待つフリーランスの軽貨物ドライバーが荷主の付近で何台も待機しているシーンなども見かけます。

四六時中スマホを眺め、仕事マッチングサイトからの発注を頼りにせざるを得ない日雇い労働のフリーランス軽貨物ドライバーや副業ドライバーもいます。

重労働を強いられているような日雇い労働者と同様に、なぜか副業ドライバーやフリーランスといった日雇い軽貨物ドライバーはドライバー同士での人間関係は比較的緊密です。

しかし、自分本位で自己中心的な働き方をすることや、副業のドライバーやフリーランスの軽貨物ドライバーは経験値が足りないことも多く、配達でクレーム率が高いことから最近は本業ドライバー以外は採用NGが増えているのも実態です。

スポット専門で稼働する個人事業主の軽貨物ドライバーは空き時間で受注を追加してフィットできれば1日あたりは高効率に稼げます。

ただし、本業ドライバーとは異なり、副業のドライバーやフリーランス軽貨物ドライバーは日雇労働ゆえに安定的な収入は見込みにくく、荷主から発注される1つの仕事案件に数多くの副業ドライバーやフリーランス軽貨物ドライバーが群がるため、受注競争率の高さが影響し、売上収入のバラツキもあります。

もちろん、仕事受注の経路はどうであれ、軽貨物ドライバーは懸命にみんな頑張っているのですが、本職の軽貨物ドライバーであろうとも仕事っぷりと収入稼ぎに関しては、ほぼ、どんぐりの背比べです。

本業の個人事業主軽貨物ドライバーの収入稼ぎは、人によって10万から20万前後は差があるものの、配送という仕事の性質上、どんなに頑張っても所詮は人1人で稼げる金額の範囲でしか稼げません。サラリーマンと何ら一緒です。

なお、法人経営者と個人事業主は立場は似ているように思われがちですが、会社経営者は流石に仕事への耐性と思考能力があり、強くブレない才覚を持っていることでしょう。

配送の問い合わせ
error:Content is protected !!