軽貨物運送業で働く決断と不安とは。

お金に困っている人が軽貨物運送業になって仕事で生活基盤を挽回できる道筋を作れる可能性は高いと思う。

家族や生活のために仕事人生を死に物狂いで挽回したいと思い始めることができている人ならば軽貨物運送の自営ドライバーに挑戦するのは決して間違った選択ではないだろう。

ただし、軽貨物ドライバーになるといっても自営型のドライバーならば仕事人生を挽回できるチャンスがあるが大手などの雇用ドライバーになる場合は挑戦しても些か失敗する可能性は高いかもしれない。

  • 自営か雇用か。

一般的に職を探す際はバイトか社員かのように社会保険加入有無を条件に入れることも多いが軽貨物運送業の場合にはそれを基準としてしまうと高い確率で「社畜ドライバー」と化す。

どんな職であれ社員となるならばそこそこ名前の通っている会社で潰れることはないと思うところを選ぶ人が多そうだが〇〇〇運輸や〇〇急便などの大手の軽貨物ドライバーは何故か入れ替わり激しく長続きしない人も多い。

本来ならば大手と言えば高待遇のはずだが疑問である。

その逆で〇帽のように社員雇用ではなく個人事業主の軽貨物ドライバーになると長続きして成功の道筋を手に入れる人が多いと言えよう。

まあ、仕事を発注してもらう代わりに加盟金や保証金や専用車両の購入が必須な軽貨物の組合や会社もあるので現実的には少なからずの初期投資で十字架を背負って辞めるにも簡単には辞められない状態になると捉えるのが正しいかもしれない。

理由があって辞められない環境は決してネガティブな要素ではなく当事者にとって実際にはプラスに作用している。

会社看板に頼らずに自分に強い人間ならば社員ドライバーになるのではなく自営ドライバーの道を選ぶ方がお金の稼ぎは多くできる確率は高くなる。

多いのではない。

お金の稼ぎを多くできる可能性が高いという認識が正しい。もちろん他力本願は通用しない。やるからにはやるという姿勢が重要となってくる。

しかしながら、その個人事業主ドライバーであろうと自分のために仕事をしている色が強い人は失敗する確率は高い。仕事社会とはそういう世界でもある。

社員ドライバーは会社の利益のために働くわけだが個人ドライバーは取引先の利益のために働くことになる。

個人事業主ドライバーはこれを履き違える人が多いのだ。

雇用ドライバーの場合は会社に命令されて奴隷のように働くのが嫌だから会社を辞めたいという感じになる人が多そうだが、形を変えて取引先に依頼されて奴隷のように働くことができるのだろうか。

雇用か社員か。それは命令が依頼になっただけのことである。

本当の意味でお客様第一主義を理解しておかないと自営の軽貨物ドライバーは失敗するだろう。

それさえ心の奥側で理解ができれば高い確率で成功を手に入れられる。容易いと言えば容易い世界。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました