個人経営の軽貨物ドライバーで成功するためのポイントは、信用ではなく、取引関係者との信頼関係の樹立である。

独立開業

法人格の軽貨物運送会社は営業力の乏しい個人事業主ドライバーを従順に言いなりにし、その場凌ぎで働かせて労働運賃からピンハネするだけで肝心な営業力の築き上げ方や営業ノウハウは、教育をしない、教育はできない。

どうせやるならしっかりと稼ぐ。

業務委託の軽貨物ドライバーとして「しっかりと稼ぐ」という意味は目先でお金を稼ぐという安直なことではなく「個人事業主として意味のある取引先のために全力を尽くす」という志を意味します。

仕事で稼ぐのはお金だけではありません。スキルアップの先には自己成長がありますし、何より、取引を通じて荷主企業様との信頼関係樹立はとても大事なことです。絶対に怠ってはいけません。

業務委託の軽貨物配送チャーター仕事案件はどんなに多忙でもベルトコンベアに乗って右から左に流れてくるものではありません。これを錯覚して割りに合うとか割りに合わないという自分ファーストなことばかり言っていては社会人として駄目です。

しかし、軽貨物配送の仕事にはやる意味のない案件や尽くす意味のない案件の求人情報がSNSや掲示板では溢れているのも事実です。

また、営業ノウハウや人脈や人望を持たずに受け身だけの業務請負軽貨物ドライバーでは自分を確立するのに紆余曲折があるのは事実です。

周りを見渡して、自分で請け負いをした仕事案件にも関わらず不平不満を口に出すレベルの業務請負ドライバーは能力足らずの論外な人ですが、業務委託の仕事は調子良くやればやるほど個々の仕事は完結できても、結果的には勢い任せで何かが思い通りになっていないことも多々あり、荷主企業様、中間業者様、ドライバー同士でも思惑が交錯することさえあります。

個人の成長にはプロセスがあるものですが、個人事業主ドライバーは最終的には「強く稼ぐ」にはどうしたらよいのか、「強く稼ぎたい」ならどう動くべきか、顧客との信頼関係樹立の挑戦でしかありません。

配送ドライバーの職は身体一つで稼ぎ抜く仕事ですから、万人受けではなく、一度ハマったら飽きられることなく大切にしてもらえる特定の取引先や特定の仕事案件を大事にするべきです。

千葉県内での緊急配送お気軽に
error:Content is protected !!