種類の違う配送案件に毎月挑めば、1年間で12種の配送ノウハウを身につけることができる。

企業配送と企業専属便を軽貨物 (軽貨物の配送) 専門ブログで語る
広告
軽貨物チャーター (軽貨物配送) 専門ブログ
広告

個人事業主の自営業ドライバーは自分で仕事を取ってこなくてはならないが、自分がやった仕事はそのまま自分の果敢なる実績となる。

今月も新たに新しい荷主企業様の配送案件を定期稼働開始させていただくこととなり、自らがハンドルを握って案件稼働を立ち上げ、実直に、新たな産業分野における軽配送の実績を積み上げたいと考えております。

軽貨物配送を通じ、新たな荷主企業様の営業姿勢を学べることは私にとってまさに宝です。

自分ができる軽配送ニーズの対応力を拡充でき、従来から請負させて頂いている定期配送案件やスポット配送案件も責任管理しながら、より濃く、新しい荷主企業様の営業を軽配送でサポートできるよう努めていけることに感謝しています。

もちろん、慈善事業ではなく営利のために軽配送の仕事や事業をしておりますが、中にはキツイ配送仕事もありましたし、中には楽な仕事もありますが、それら全ての経験を引っ括めて現在があります。

毎度のことですが、新しい定期配送案件の立ち上げ期間は新たな仕事環境で集中しながら自身の神経にストレスをかけますので、仕事や生活の中でも身体のストレスと精神のストレスはできるだけ負荷をかけないよう注意する期間となります。

そうやって、一つ一つの新しい配送仕事の案件で信用や信頼関係を荷主様や荷受人様や取引先とお互いに築いていくことになります。

私自身は前職で20年ほどメーカー荷主の立場で日本全国へのBtoBを軸にする事業展開が得意だったことから、現在でも、一般企業様での配送や企業専属便といった稼働を好んで受注させていただいております。

軽配送の仕事の中でも一般企業での配送や企業専属便は人気が高く希少案件となりますが、これとは逆に、大手ネット通販の商品配達などの個人宅配はドライバーの入れ替わりも激しくドライバーが長続きしないことが多いことからも人気薄と言われています。

運送の業務はせずに無知な新人ドライバーを募集して掻き集めて運賃からマージンを抜き取ることが営業軸の軽貨物配送会社では人手不足などと怪しく誇大に言いつつもその実態は、やり手の付きにくい大手ネット通販の宅配しか仕事がないのがほぼ現実です。

error:Content is protected !!