軽貨物配送の仕事を上手にキャパオーバーすることが稼げる軽貨物ドライバーになるための基礎固めとなる。

千葉県の便利屋配送 【軽貨物運送の検証ブログ】独立開業

軽貨物配送の仕事をしていて、新しい案件の仕事でも楽にできるようになる周期があります。個人事業者であるならば稼げるチャンスは自分の実力でのみ成立するということを認識するべき。

仕事をまだ覚えてない、才覚もない、技能もない、ネットの情報で得たようなレベルの知識を鵜呑みにして頭でっかちになってしまった状態で業務委託の軽貨物配送仕事を探そうとされている方からシフタープロ専属ドライバーの採用面接に来られる方がいます。

軽貨物配送の業務委託や外注の応募は社員募集ではありませんし、準社員などアルバイトの募集でもありません。

もちろん、応募くださるのは喜ばしいことですが、私たちシフタープロで業務委託のドライバー募集やアルバイトドライバー募集は、責任を持って仕事を請け負うことができる方、仕事を責任持って担当できる方の募集です。

配送の仕事柄、責任感は学歴よりも重要です。

企業に勤めて働くサラリーマンも責任を持って仕事をする姿勢自体は同じですが、雇用されている側のサラリーマンは責任があるようで大した責任は取れません。責任は代表取締役や役員などの話です。

個人事業主軽貨物ドライバーは会社経営者ではないものの自営業者の責任者ですから、事業の責任、仕事の責任、ということが何を意味するのかきちんと理解しておくべきでしょう。

このブログで何度か書いているとおり「やるからにはやる」が責任へとつながります。中途半端な人はダメです。行動の遅い人もダメです。

業務委託や外注での軽貨物ドライバー応募で絶対的に必要な姿勢は「〇〇ができるから仕事を委託してください」となります。

初心者であり商売道具の軽貨物車もないのに配送の仕事を委託して欲しいという方も居ますが常識的に無理があります。

尚且つ、それでいて一人前に〇〇万円を稼ぎたいだとか、休日をランダムに欲しいだとか、身体に楽な仕事をしたいだとか、仕事も覚えていない状態で仕事ができないレベルなのに要望だけは立派な人もいます。

定期的に専属ドライバー応募者と面談をしておりますが、なかなか、採用できるようなレベルの人は少ないものです。

いい年齢の大人が一体何をやろうと考えているのかです。会社のためだったり、荷主様のためだったり、自分にため以外に仕事をしていく姿勢になるよう心を入れ替えない限り、軽貨物配送の仕事でも稼いで成功するなどできません。

軽配送に限らずですが、業務委託や外注の請負は仕事を始めてから覚えるのではなく、仕事を覚えてから始めるのが常識です。仕事をマスターしているからこそ仕事を請負うことができるわけです。

私たちシフタープロでも忙しさのあまり自分たちの仕事を拡充していくためにも荷主様や協力会社様からダイレクトに請け負う配送業務を外注(外部業者に仕事を発注する)でお願いすることがあります。

我々のような「実運送の軽貨物配送専門業者」は他社みたいに加盟のドライバーからのピンハネすることで利益を出すことが営業軸ではないので、相手が個人事業主なのか会社法人なのかは別としても、相手が素人だろうと経験者であろうとも、自分たちの仕事を任せても大丈夫と思える信用と信頼を期待できる相手でなければ仕事を発注することはできません。

発注の契約形態が派遣や請負や委任や準委任などに形式的なものは別としも、私たちシフタープロは荷主様の荷物を軽貨物車に載せ、軽貨物車のハンドルを握り、軽貨物車を運転し、その仕事サービスで稼ぎを得る軽貨物専門の軽配送業者です。

形振り構わずにドライバー募集している軽貨物運送会社のような上層部や営業担当が委託している軽貨物ドライバーからのピンハネするお金を机の上で計算しているような事業者ではありません。

これは私自身も同様のテーマですが個人事業主軽貨物ドライバーの為に配送の仕事が存在わけではありません。これは肝に銘じておくべきです。

荷主様が事業の仕事で利益を上げるために軽配送の仕事がたまたま存在しているという現実を心で理解する必要があります。

それを大前提とし、これから軽貨物配送ドライバーで稼ぎたいと思う人は、軽配送をどう学びたい、軽配送でどう稼ぎたい、ということを仕事を実際にしながら経験してその過程を踏んで、より良いカタチで成長できるように気持ちも軌道修正し、個人自営の開業ドライバーは配送仕事をマスターし続けていくことになります。

他人の言うことを鵜呑みにしたり、過去の自分の経験だけで案件の批評を語ったり、他人の批評や他人の評判で決め込んではならないことが意外に多くある軽貨物配送の仕事です。そう、判断力と瞬発力に悪影響します。

あの仕事は楽だ、あの仕事はキツイ、周囲のそんな会話は参考になりません。仕事が下手な人ほどそういう話を語ります。

また、なぜか軽貨物配送の業界には情報を得ようとペラペラと他ドライバーと仕事案件までくっちゃべる人がいます。

ドライバーという孤独な仕事故に集団心理で何かしらを安心しようするのでしょう。

しかしながら、自分と他のドライバーとは能力も働き方も違いますし、他人の語る仕事案件の批評会話は自分の仕事方針上では参考にはなりません。

能力のないドライバーほどキツイとか楽とか言うので、そんなことを鵜呑みにしたら自分の稼ぎが大変なことになります。

人から聞いただけの信憑性ない情報を自分の情報かのようにペラペラと第三者に知ったかぶりで語るようなドライバーもいます。

まさに伝言ゲームのように個人の印象を虚しくもSNSで自分の仕事を呟いて、同情を求めようとしている人も存在します。群れて誰かに話しを聞いてもらいたい部類の人たちです。

これから真剣に軽貨物配送ドライバーになろうとしている方は、まず第一に、サラリーマンでもあるまいし、仕事ができもしない初心者の状態では人より稼げる仕事があるはずはないので、高望みをやめ、実力が伴うまで謙虚な気持ちを最優先して働く方が正解でしょう。

サラリーマンではない個人事業主が仕事を覚えもせずに最初から安定的に希望通りお金を稼げるはずみないことも肝に銘じておくべきでしょう。

フリーランス風の個人事業主軽貨物ドライバーがまさにそれです。今日稼げても明日は稼げません。

また、配送仕事の能力は同等でも、本業の本職ドライバーとそうでは無いフリーランス擬きの軽貨物ドライバーには大きな差があります。

自身の働く姿勢によって収入の違いは大きく差が出ます。仕事の継続は信用と信頼の賜物です。

さて、軽配送の仕事を昼夜していて感じていることですが、黒ナンバーに乗る軽貨物配送ドライバーには二通りのタイプがいます。

軽配送会社にきちんと所属をし、個人事業主の集まりではあるもののチームやグループでの仕事思想を持って稼働している軽貨物ドライバー。

と、そうではなく、ドロップアウトしたような自称フリーランス擬きの軽貨物ドライバーで服装も身なりも勝手なスタイルで現場で周囲と統一性もない日雇いドライバーのような微妙なタイプの人もいます。

どういう姿勢で働いてるかは別とし仕事は真面目かも知れませんが、見た目や外観が真面目ではない人もいます。愛想のない人や暗い感じの人もいます。

それはそれでクレームの懸念です。

いずれにせよ、業務委託での軽貨物ドライバーの仕事は個人の為にあるわけではなく、所属の会社や取引会社のために仕事が存在し、荷主様の営業姿勢に近づいていき、仕事への考えフィットさせるドライバーの順応力がかなり大切だと千葉のシフタープロでは考えております。

error:Content is protected !!