千葉県内で荷主様の営業姿勢をサポート代行できるフォロー能力が軽貨物の開業ドライバーに勝機到来を招く。

千葉県エリアの軽貨物 【軽貨物運送の検証ブログ】独立開業

千葉県の軽配送でも納品先には優しい人と優しくはない人がいますし、軽貨物配送ドライバーにも優しい人と優しくない人がいます。企業配の場合は仕事に余裕ある会社や店舗への納品もありますし、忙しく頑張っている会社や店舗への納品もあります。何を感じとるか。

千葉の軽配送専門業者シフタープロでは個人事業主の軽貨物配送ドライバーが持つべき仕事ノウハウは、荷主様と荷受人様の関係を仲介代行できる姿勢を持つことだと捉えています。

ドライバーの気分次第で身勝手に真心だとか安心だとかを荷受人様に運んではいけません。

信用だとか信頼だとか軽貨物運送会社が自らの信用性をアピールしていても、実際に配送担当しているドライバーは、タバコを吸っていたり、茶髪だったり、髭だったり、します。社会人として信用や信頼される模範のスタイルには見えません

当然、営業能力やセンスと人脈と知見経験があるならば、ハンドルを握って実運送を行わないピンハネ軸で仕事を下請けに丸投げする利用運送会社にヘコヘコする必要もありません。荷主様ファーストで配送サービスをどんどん強化できます。

ただ、荷主様や荷受人への親切過剰な配送サービスもダメですし、立場の弱い下請けに位置する個人事業主軽貨物ドライバーに高圧的に「今回だけ」と理不尽な仕事要求をしてくる荷主様も稀に存在するので、荷主様とは企業規模問わずに対等で毅然とした営業姿勢の取引を守り抜くことも大事です。

もちろん、配属先から指示を受けずに、フランクな対応で荷主様や荷受人様に接するドライバーの行為も論外です。それではフリーランス風や副業レベルで仕事をしてるのと一緒です。

軽貨物配送をする本業本職である以上、ブレない仕事姿勢の志しで、荷主様の指図通りプラスアルファ程度での優しさで配送する能力さえあれば、無難な配送仕事が継続できることでしょう。

もちろん、荷主様とも対等に意見を把握し合える環境を最優先し、荷主様とは命令のような上下の関係ではなく、仕事中は常に荷主様と同等に個人事業主軽貨物ドライバーであろうと、相手が大企業であろうと、真剣で仕事勝負する意識がかなり大事だと考えます。

こういった実情からしても、個人事業主軽貨物ドライバーの仕事では、茶髪が駄目なのか、髭が駄目なのか、タバコが駄目なのか、無愛想が駄目なのか、清潔感ない格好が駄目なのか、それは世間からの見た目だとか配送会社での社則だとか、そういう単純な理由ではありません。

荷主様の営業姿勢を汚すからです。

荷主様が販売している商品コンセプトを汚すからです。

個人事業主軽貨物ドライバーが運んでいるモノは、荷主メーカー様のスタッフが開発して商品化して営業して販売して、その企業が懸命に仕事で成功したモノであるわけです。

お野菜や果物の配送であるならば農家の人たちが懸命に生産して出荷に成功したモノです。

その営業成果の総括が「納品や配達」ですし「集金」でもあります。

個人事業主軽貨物ドライバーはモノを集荷して荷物を運び届ければその業務の対価としてお金を貰えてしまいます。

また、ドライバーは多忙なあまり、毎日時間に追われ、正直、一つ納品したら「はい、おしまい、はい、次」ですが、この時に頭を少し使っているかどうかです。

個人事業主軽貨物ドライバーにとっては「納品して、はい、おしまい」でも、個人事業主軽貨物ドライバーが運んだ一つ一つのモノには、その荷主メーカー側でその後もサポートは長く続きます。

配送の問い合わせ
error:Content is protected !!