口が軽い軽貨物ドライバーの信頼性は致命的。人選に落ちるドライバーはお金と休日と趣味を優先したがる。

千葉県内の夜間配送 【軽貨物運送の検証ブログ】

稼げない軽貨物ドライバーは仕事ができない。手を挙げて新しい仕事を教わってこなかったドライバーは致命的に仕事幅が狭いから仕事がない。

朝の仕事、昼の仕事、夕方の仕事、夜の仕事、深夜のし、早朝の仕事、巷で出会う業務請負の軽貨物ドライバーと雑談をする機会がちょくちょくありますが、外注の立場である業務委託の軽貨物ドライバーには優秀な人材と「駄目な人材」がいます。

稼げない個人事業主ドライバー=休日を選んでいる=高収入を意識している=副業の気分=本業も疎か=趣味が多い=仕事を選ぶ….。何で稼げないと自問自答する軽貨物ドライバーも多くいますが、世の中は自分都合で仕事は動いていません。

  • 遅刻癖がある。
  • 失敗を言い訳する。
  • 報告を先にしない。
  • 連絡を先にしない。
  • 相談を先にしない。

業務請負の軽貨物ドライバーの仕事で上記に該当する人材は致命的に稼げない。人選に落ちます。

  • 取引先と友達になろうとする。
  • 取引先に個人の名刺を渡す。
  • 取引先と趣味の話をする。

業務請負の軽貨物ドライバーの仕事で上記のような人材は取引間で信用と信頼に値せず、仕事は先細りする。人選に落ちます。

  • 仕事ができないのに休日をとる。
  • 仕事ができないのにお金を選ぶ。
  • 仕事ができないのに仕事を探す。
  • 仕事ができないのに主張をする。

業務請負の軽貨物ドライバーの仕事で上記のような甘い人材は話にならない。人選に落ちます。

こういう問題のある人材ほど「稼ぎが少ない」「よい仕事がない」とボヤいて泣吠えます。

これから新たに業務請負の軽貨物ドライバーになる人は基本中のキホンです。これらは客観的に明らかなのでこれを自己認識して仕事で稼ぎましょう。

さて、配送の案件や配送コースをドライバーに割振りして配車をする側では、その際に「駄目な人材」は後回しで仕事を回します。「駄目な人材」は致命的な力量不足に陥っており、配車側は大事な仕事を任せることはしないので「駄目な人材」は稼げる筈もない。

そう、「駄目な人材」に荷主様は仕事を任せる筈がありません。

もちろん、私の周りにもプロフェッショナルの域に近づこうとし、活躍できるスペシャルな軽貨物ドライバーがいます。もちろん、そういう人は親玉ドライバーです。

もちろん、際立ったスキルを持っていなくとも、「手を挙げて仕事をする」「仕事に感謝する」ことができるドライバーはどんな会社でも通用できます。そういう人材は必要とされる優秀なドライバーとなります。

軽貨物配送ドライバーの仕事に限らずに、担当仕事は「自分が配属している会社のため」にあります。

ドライバーが給与や売上で札束の数え方を覚えるために会社の仕事があるわけではありません。業務委託の軽貨物ドライバーが稼げないとか稼げるとか荷主側に事業に一切関係ありません。一生懸命願っても駄目です。

  • 配属会社の役に立てない配送ドライバーは補欠である。
  • 勤務会社の役に立てない配送ドライバーは補欠である。
  • 取引先の役に立たない配送ドライバーは補欠である。
  • 顧客の役に立たない配送ドライバーは補欠である。

業務委託の軽貨物配送ドライバーは代わりがゴロゴロ居ます。

才覚や能力が乏しいことに気づいていないドライバーに仕事の保証はどこにもありません。実力の世界ですから困ってから願っても無駄です。

軽貨物ブログで何度も語っている通り、業務委託の軽貨物配送ドライバーが仕事で運ばさせて頂いている荷物は、生産や製造しているメーカーや荷主様の営業担当や開発担当が懸命に仕事をして販売に至って辿り付いた商品です。

配送物は業務委託の軽貨物ドライバーが稼ぐのために荷受人に提供されたモノではありません。

業務請負の軽貨物配送ドライバーは時節問わずに仕事案件は異動の可能性が常にありるので、商品、魚、肉、野菜、花木、に関わる荷物の配送を予習や学習しておくとよいでしょう。

手を挙げて学んで得た知識は自分の役に立つので決して無駄にはなりません。興味本位で関係者に教わった仕事もです。

営業は経験知見を小出しにして信頼を得ます。取引したい相手の懐に少しだけ入り、手助けできる仕事があるならばそれをお伝えするものです。

error:Content is protected !!