軽配送の仕事、企業としてログ管理できないLINEなどのアカウントでドライバーの個人アカウント使用は禁止すべき。

ブログで軽貨物 軽配送ドライバーのLINE使用は禁止
広告
広告

ビジネスマンや営業マンの世界では常日頃に意識を高めている情報漏えいの管理ですが、請負の軽貨物ドライバーによる個人情報保護と会社機密保持の意識は無いに等しい。

軽貨物ドライバーの多くは社員ではなく、配送会社と専属などで業務請負している独立関係の個人事業主ドライバー。

千葉でも、軽貨物車にデカデカと大きなステッカーを貼っていてみ、実際にはその会社の社員ではないケースが大半です。

大手宅配業者の制服を軽ドライバーが着ていても、その会社の人ではなく、下請けの人だったり身分は誤魔化されてます。

業務委託の軽貨物ドライバーの仕事は、孫請け、ひ孫請けなど、元請けや利用運送の配送会社などの中間搾取業者が、実際の配達現場で頑張る軽貨物ドライバーから、管理費などの名目や委託費など、順次ピンハネする構図です。

巷で走る黒ナンバーの軽貨物車の多くが、その会社の社員ではないのに配送会社の一員かの如く振る舞うように指示されていることが多く、一般消費者に身分の嘘誤解を招く宣伝のようなものとなってます。

こういった関係性が多い軽貨物運送業の業界ですが、社員ではない請負ドライバーに対し、配送会社と請負ドライバーの業務連絡方法は、LINEなどドライバー個人アカウントを使用しているケースも目立ちます。

商流の構図は別としても、LINEなどのツールで社外連絡するのは、非常に良くないことだと言えます。

仕事ですからLINEなどドライバー個人アカウントで社外の人への業務連絡は最低限に控え、避けるべきです。

LINEなどドライバー個人アカウントで取引先との雑談などするビジネスモラル欠如のドライバーも信頼性の無さは論外です。

error:Content is protected !!