千葉県内で事業拡大を格好で語るような軽貨物運送の会社に業務委託で加盟してはいけない説をブログで語る。

千葉県で軽貨物 安全靴
広告
広告

個人事業主軽貨物ドライバーにとって大切なことの一つは稼働する仕事内容の充実です。個人事業主は会社ではないので仕事が増えることは避けるべきです。拡大より拡充を求めるべきで、加盟する軽貨物会社を探すなら「拡大ではない拡充」路線の軽貨物運送会社への配属が肝となります。

千葉県のシフタープロが軽貨物ブログで配送ドライバーの仕事を検証する中で「拡充」と「拡大」を履き違えた軽貨物運送会社があることを度々指摘しています。

  • 拡大路線の軽貨物配送会社はドライバーを増やそうとします。質より量です。
  • 拡充路線の軽貨物配送会社はドライバーを増やそうとはしません。量より質です。

社員や準社員の雇用ではない外注の業務請負ドライバーを自社車両のように保有台数と偽ったり、ネットワークなどとする軽貨物会社がありますが、何故、営業規模を大きく見せかけたいのか微妙です。

稼働キャパシティ以上の仮想営業をしている中小零細の軽配送会社を現実的に何社か見受けます。

商品がないのにインターネットで商品を売っている状態に酷似し、配送の稼働キャパシティ以上の仮想営業で荷主や元請けに対して営業をしなければならないところまで経営や運営が背伸びをしてしまっていて、もう、後に引けない訳でしょう。

この裏事情から、そういった軽貨物の配送会社では初心者でも誰でも構わずに配送ドライバーを募集採用しなければ、事業自体を継続できないところまで営業形態に無茶が進んでいる訳です。

error:Content is protected !!