千葉県で軽配送の仕事をする社会人が自覚する3つのビジネスマナー、専門の軽貨物ドライバーが働く姿勢を考える。

千葉の軽貨物ブログでビジネスマナーを語る 【軽貨物運送の検証ブログ】チャーター便

社会人には3つのビジネスマナーがあります。配送や配達という納品業務をする軽貨物ドライバーは一般の社会人よりもルール厳守は問われます。

社会人は学生ではありません。社会人として働いてお金を貰う以上、ビジネスマナーは「言われてないから」「つもり」「教わってないから」は一切通用しません。

30代や40代になると大半はビジネスマナーを自然に理解して行動しています。

正直、ネクタイ族のサラリーマンではない、軽貨物ドライバーにどこまでビジネスマナーが必要かと言うと微妙ではありますが、大切なのは3つの基本マナーだけで充分です。

なお、軽貨物の利用運送会社の一部には、社員っぽく「従業員」という言葉を使いつつ、従業員150人やら300人やら書いている会社もあります。

単なる寄せ集めだったり、名前だけの加盟で仕事はしていないなど、酷いレベルです。

ビジネスマナーの前に、タバコや茶髪、ピアスや髭などの論外な軽貨物ドライバーもまだまだ存在してます。

黒ナンバーの軽貨物ドライバーが運転する軽貨物車にはデカデカと社名などのステッカーが貼られてますが、そこの社員ではないですし、専属でも何でもないような下請けの個人ドライバーだったりします。

数揃え重視のこういった軽貨物配送のネットワークは配送の品質がバラバラですし、忠誠度もバラバラ。クレームも多いと聞きます。

悪くいうと、過去の建設現場などで元請けゼネコンのヘルメットを被っているひ孫請けのような身分をハッキリしていないのと一緒かも知れません。

こういったビジネスモデルの状況下、軽貨物配送業界で個人事業主への教育統率など非現実的です。

でも、ビジネスマナーは大事です。

何故か規模を大きく見せたがるピンハネ利用運送会社が多い。社員ではない個人事業主の下請けドライバーを、専属でもないのに怪しく「従業員」と言う言葉も使いたがります。

未経験者であっても採用して現場に入れ込めばピンハネできる利用運送会社。もちろん、全ての利用運送会社が悪どい訳ではないです。良い軽貨物の配送会社もあります。

しかし、名が知れてくるとそういったピンハネ軽配送グループはビジネスマナーや教育やら格好の良い言葉がでてきます。

社員教育すら難しい現実で、下請けである個人事業主を統率できる教育など考えられません。

所詮は勉強会レベルです。仕事も丸投げ、ビジネスマナーも個人事業主ドライバー任せです。

もちろん、どんな会社でも社員採用ならば面接時にビジネスマナーを問われます。ビジネスマナーのできない人は恐らく採用されません。従って、採用後のマナー教育など矛盾です。

配送の問い合わせ
error:Content is protected !!