軽貨物配送の案件でキツイ仕事は存在しないが、キツイ働き方をすると軽貨物のドライバーはかなりキツイ。

仕事案件を軽貨物の配送専門ブログで語る。
広告
軽貨物チャーター (軽貨物配送) 専門ブログ
広告

千葉県で軽貨物配送のドライバーにとってキツイ案件とはどういった内容の仕事なのか、視点を変えて考えてみる。

「あの仕事はキツイ」とか「あの現場はキツイ」とか「この仕事は稼げない」などとペラペラと自分個人が担当している仕事案件を他人に軽々しく話すようなレベルの軽貨物配送ドライバーを見かけます。

配送件数が多かったり、少し面倒な配送を配車されると自分だけがキツイ仕事を担当していると被害妄想してしまう軽貨物ドライバーも結構多く見かけます。

正直、同業者として情けない話です。

中には、業務請負の軽貨物ドライバーが話すことを絶対禁止でタブーとされている「案件の単価」を荷主現場で働く社員ドライバーや準社員ドライバーに軽々しく会話する者までいる始末です。

申し訳ないですが、そういったタイプの業務請負ドライバーの多くは根本的に「仕事能力不足」の軽貨物ドライバーです。

個人事業主、所謂、業務委託の軽貨物配送ドライバーの「仕事能力」とは、任された荷物を配達や納品できれば能力があるというわけではありません。

きちんと納品ができていても、それは業務の対価ですので当たり前です。

これは一般の社会人でも同様です。

軽配送の仕事は表面上「荷受人に荷物を届けるだけ」ですが、個々は業務請負であろうとも、その仕事には荷主や倉庫関係者や配送会社の取引関係者同士なども営利で交じって関わりがありますから、ドライバー個人が末端現場で定期案件やスポット案件で仕事を請けていようとも、それは単純に「あなたの仕事」ではありません。

error:Content is protected !!