軽配送業界の現状と千葉で軽貨物ドライバーが働く姿勢、軽配送のワークシェアリングを考える。

ブログで軽貨物 千葉県の軽貨物ワークシェアリング
広告

軽貨物配送ドライバーの仕事は、身体を動かして「なんぼ」の世界。社会全体から見ると軽ドライバーの稼ぎ方は大変効率が悪く、チョロチョロ動いているだけと思われても仕方ありません。

軽配送ドライバーがどんなに個々のドライバー能力で効率よく荷物を運ぼうと努力してもスタンドプレーでお終いです。

仕事は役割分担やワークシェアリングこそ重要な課題でしょう。

懸命に全国へ物を売ろうとしたり、営業したり、工法や手法を全国に普及啓発させようとした場合、人間1人が頑張って資料を作って動き回っても、所詮は、日本全国1周旅行するだけで終わります。

高効率を考え、高効率を学び、高効率に動き、高効率に成果を出していかなくては人1人では何事も時間が足りません。

無闇に人を増やす羽目になります。

軽貨物ドライバーの仕事は、物をお客様に運ぶのではなくて「届ける」といった仕事が基本ですが、その荷物の多くは、様々なメーカーの人達が、研究して、開発して、商品化して、営業して、販売をしています。

その集大成が「納品」です。

この役割のために大きなトラックのドライバーも、小さなトラックのドライバーも、毎日動いています。

多くの軽配送ドライバーは自分の稼ぎしか考えていません。商品や荷物のことも勉強せず、運ぶだけでドライバーは稼ごうとします。

配送仕事を下請けに発注する多くの軽配送会社も、荷物の勉強をせず、粗利など利益しか考えずに配送や配達を受注してしまいます。

考えてる暇がないという言い訳です。

軽配送会社も営利を目的としている以上、稼ぎや利益のために動くのは当然ですが、高効率に稼いだり、高効率に利益を出すには、時には自分だけの力だけではなく、他力本願となる場合や時期もあり得ます。

軽貨物とは異なりますが、製品を製造生産している多くの製造メーカーなどの生産者は「効率のために」工場をもって設備投資したり、自社に機材を入れて工夫したりしています。

もちろん、なかには、ファブレス経営をベースにし、自社では工場を持たずに下請などに生産委託をし、うまく供給メーカーという立場で経営している会社も多々あります。

軽ドライバーの世界と同様に商品を生産している人たちの世界でも「実力主義」です。黒ナンバーの軽貨物車に乗る軽ドライバーも当然に「実力主義」でなければこれからは生き抜いていけないことでしょう。

確かに、個人事業主軽ドライバーは勝手や我儘さえも自由な世界です。

しかし、お金を頂く仕事の立場を勘違いして、社会での仕事であることを意識せず、仕事案件を選んだり、仕事案件の算盤ばかり弾くなど、仕事意義を勘違いして自分を戒めない軽ドライバーもいます。

もちろん、すぐに淘汰されます。

軽貨物ドライバーが運んでいる荷物ですが、その生産者の物つくりには機械化やラインで進めることで技術力や普及が格段に向上することもあれば、機械ではできないバラツキの抑制には、人間の手でアナログな仕事によって生産物の技術や普及が向上することもあります。

大きなトラックで運ぶのか、小さな軽トラックで運ぶのか、漠然としてですが、この図式にも似ています。

軽ドライバーのように、アナログで作業する立場の業務では、仕事が遅い、仕事が早い、こういったことが効率ですが、ドライバーの能力と経験スキルがあればスピーディに仕事はできるようになります。

しかし、何のためにスピーディに仕事をするのでしょうか。

早く仕事を終えて遊ぶ、早く仕事を終えてデートする、早く仕事を終えてパチンコに行く、早く仕事を終えて家事をする、など様々でしょう。

早く仕事を終えて「仕事のために寝る」、早く仕事を終えて「仕事のために勉強する」など、仕事を早く終えることによって自身が今よりスピーディに仕事ができるようになりますにでスキルアップに繋げていけるでしょう。

自分が今やっている仕事や業務が、自分の人生で目先の目的か、先の目的か、こういったことを考えるだけでも、個人の仕事ならば効率が変わってきます。

ただし、皆が同じスピードの動きをすることはありません。

結果的に、会社や事業では、人1人が頑張っても空回りすることが多いわけです。

だからこそワークシェアリングをベースにし、働く人たちの労働時間を短縮し、仕事をシェアし合うことも大事になってきます。これが雇用創出と安定化のベースです。

これから軽貨物ドライバーを目指す場合、これまで働いていた人だけでなく、これまで働いていなかった人々を含めて、だれもが「その能力に応じて働ける職場環境の整備」が必要と言われています。

当たり前といえば当たり前のことです。

ワークシェアリングは4つの類型に定義と分類されます。分類して個別の意義をもたせてることで、零細企業であろうとも、中小企業であろうとも、さまざまな角度から雇用創出と安定化を図っていくものです。

雇用維持型ワークシェアリング

中高年者や退職者の雇用を維持することを目的に、1人当たりの労働時間を削ろうというものです。退職者の再雇用制度などが当てはまります。人材不足に陥っている会社は、雇用維持型のワークシェアリングが効果的です。

雇用創出型ワークシェアリング

求職中の方に対して、新たな雇用を提供するときに行われます。新たなインフラ整備、建物建設などもこれに当てはまるかもしれません。民間企業ではなく、国や政府が中心になって行われることも多いです。道路工事などが雇用創出型のワークシェアリングに当てはまるといえます。

雇用緊急対応型ワークシェアリング

不景気などでリストラなどの可能性が高まったときに実施されるパターンです。従業員1人あたりの労働時間を一時的に減らして、会社での雇用を維持するときに発動されます。社内の稼働率を抑えるときに活用されやすいです。

多様就業促進型ワークシェアリング

社内の勤務形態の種類を増やして、1人でも多くの人に勤労機会を与えるパターンを指します。たとえば、フルタイム出勤のほかに「時短勤務」「午前中勤務」「パートタイマー」「テレワーク」など、複数種類のシフトを会社で提示するといった形です。

軽配送でもワークシェアリングの導入でスタッフの労働時間の短縮による意欲、モチベーションの増加や維持、業績向上期待できます。

個人でも企業でも、労働生産性が低いと、無駄な残業が蔓延するものです。

本当の話です。

ワークシェアリングで自分やチームの労働時間を削減して必要な仕事に特化できるような体制作りが大事です。

雇用枠増加や離職率低下、結果的に業績アップも期待できるでしょう。

優秀な人材の流出も防げるでしょう。

ワークシェアリングによって長時間労働が削減されるため、合間、余暇を家族と過ごすなど、自分自身としての活動時間に充てられます。

軽貨物ドライバーの仕事でも時間的な余裕は労働や生産性の向上が期待できます。

自分のペースで仕事ができる可能性が高くなるので、ワークシェアリングの成功によりプライベートと仕事両方で余裕が生まれると言われています。

仲間とスクラムを組むことは意外に大切なことです。自分勝手な軽貨物ドライバーが通用しないのも理由があるわけです。

千葉県で軽貨物車を使って配送の仕事をしよう
千葉県の軽貨物シフタープロ統轄責任者

千葉県で軽貨物配送専門店シフタープロ便を運営する営業統轄責任者としてハンドルを握って実運送する軽貨物配送セールスドライバーとしての事業展開する準備段階の奮闘と成功術の備忘録ブログです。

▶︎軽配送は経験知識から思考へ尺度対応する時代に

宅配会社などの配送ドライバー上がりではなく、若い頃より外資系メーカーでの職歴や荷主メーカーの立場で商品開発や輸入貿易から販売チャネルの構築、日本全国への出荷発送業務、SCMの構築、倉庫在庫管理、商品販売の競争力を高める流通と物流の仕組み作りを25年間ほど経験してきました。

物を作る、物を売る、物を送る、といった仕組み作りと物流や起業に興味を持ち続けている1人です。

軽貨物車を使った加温輸送や冷蔵輸送や常温輸送の仕事を請け負い、荷主様や元請け会社様や協力会社様と共に様々な軽配送仕事を覚えることに楽しみを感じ、千葉県を軸として、配送業務を一つ一つ熟しながら事業性の価値を検証しております。

軽貨物運送会社では軽の貨物車を使った運搬配送の需要増はインターネット通販の普及によるものだと単純に勘違いしている配送業者が見受けられます。

軽配送のニーズ拡大は決して先駆の軽配送会社による営業功績でもありませんし、単純にインターネット通販が普及したからでもありません。

我が国がIT技術の変革で産業構造や行政と個人のライフスタイルそのものが社会全体で変化をし、過去のように大手企業だけでなく「地方の中小企業や零細企業にもSCMの構築が仕上がりつつある」ことがきっかけです。

運送会社の大手企業や中小企業、配送業界の末端である個人事業主の業務請負ドライバーに向けられた貨物運送の「納品仕事ニーズが細分化」され、それが需要拡大したかに見えているだけなのが現状であるとシフタープロは捉えます。

配送ニーズの細分化は、地場で末端の配送業者である軽貨物運送会社や個人事業主の軽貨物ドライバーが従来のようなドライバーの数やネットワーク組織力という仮想規模の営業サービスでは通用しない配送時代になることを意味しています。

当然、茶髪や髭やピアスや眉剃り、タバコ喫煙のドライバーは時代の流れと共に荷主様や荷受人様や元請け会社様から淘汰され始めています。

過去はそういうドライバー品質でも通用していましたが、配送ニーズの細分化によりそういう品質のドライバーやドライバーファーストの意識を持つような事業者や事業主は先細りするでしょう。

誰でも構わずドライバー人材を寄せ集めしてドライバーからマージンをピンハネすることが商売の軸となっている軽配送のネットワーク組織や組合やフランチャイズの営業組織など数で勝負できていた企業体も、今日では、荷主様や元請け会社様からは品質の悪いドライバーの多さで信頼や信用面が欠如し、ドライバー品質の乱れがクローズアップされ、誤魔化しができずに営業的に淘汰され始めています。

自営業ドライバーはドライバーファーストという甘さを捨て、身近にいる配送ドライバー同士が荷主様ファーストの観点で責任ある業務情報を共有し、フリーランスや副業ではないプロの心構えなど、ハイレベルに配送ドライバー個々の接客応対や納品対応の能力が問われてきます。

この結果、個人事業主の軽貨物運送ドライバーの業務全般は「経験知識から思考への尺度対応」が求められる新しい時代になることでしょう。

▶︎捨ててならぬは義理

軽配送の事業で隠れざる大切な要素はドライバーは量より質という点だと考えられます。

ただし、配送ドライバーの職はどんなに能力があろうとも1日をフルに頑張っても人一人では一人分しか稼ぐことができません。

配送の仕事で稼げるのは配送ドライバーですが、儲かる、儲けるのはその配送ドライバーの使用人である軽配送の請負会社という図式です。

商売では儲けも稼ぎも大事です。しかしながら、個人事業主の配送ドライバーは労働で稼げても儲からない職であり、仕事をした分だけを稼げる仕事であることを心底で理解しなくてはなりません。

とどのつまり、多くの自営業ドライバーは割に合う合わないだとか請負している仕事の不平不満を語り、仕事の旨味だけを案件に追い求めてしまうようなドライバーになってしまうのが実態です。

ストレスに打ち勝ち、軽配送ドライバーとして実直に仕事で稼げるようになるには、未熟に不平不満を語ることではなく、新しいことを覚えながら瞬発力と柔軟性を磨き上げ、他人ではない自分の才覚で懸命に難しいことを打破するといった心意気が必要です。

そして義理を大事に信頼し合える協力パートナー業者と仲間ドライバーの存在、メンターや指導者の存在も大切です。

全国の無印軽貨物運送業ドライバーが活躍する時代へと必ず突入します。

千葉県の軽貨物シフタープロ統轄責任者をフォローする
千葉県版 | 軽貨物チャーター業者 | 仕事
広告
ブログで千葉県の軽貨物配送専門シフタープロが語る!軽貨物運送の検証BLOG。
error:Content is protected !!