軽配送業界の現状と千葉で軽貨物ドライバーが働く姿勢、軽配送のワークシェアリングを考える。

千葉県で軽貨物ワークシェアリング 【軽貨物運送の検証ブログ】運送業

軽貨物配送ドライバーの仕事は、身体を動かして「なんぼ」の世界。社会全体から見ると軽ドライバーの稼ぎ方は大変効率が悪く、チョロチョロ動いているだけと思われても仕方ありません。

軽配送ドライバーがどんなに個々のドライバー能力で効率よく荷物を運ぼうと努力してもスタンドプレーでお終いです。

仕事は役割分担やワークシェアリングこそ重要な課題でしょう。

懸命に全国へ物を売ろうとしたり、営業したり、工法や手法を全国に普及啓発させようとした場合、人間1人が頑張って資料を作って動き回っても、所詮は、日本全国1周旅行するだけで終わります。

高効率を考え、高効率を学び、高効率に動き、高効率に成果を出していかなくては人1人では何事も時間が足りません。

無闇に人を増やす羽目になります。

軽貨物ドライバーの仕事は、物をお客様に運ぶのではなくて「届ける」といった仕事が基本ですが、その荷物の多くは、様々なメーカーの人達が、研究して、開発して、商品化して、営業して、販売をしています。

その集大成が「納品」です。

この役割のために大きなトラックのドライバーも、小さなトラックのドライバーも、毎日動いています。

多くの軽配送ドライバーは自分の稼ぎしか考えていません。商品や荷物のことも勉強せず、運ぶだけでドライバーは稼ごうとします。

配送仕事を下請けに発注する多くの軽配送会社も、荷物の勉強をせず、粗利など利益しか考えずに配送や配達を受注してしまいます。

考えてる暇がないという言い訳です。

軽配送会社も営利を目的としている以上、稼ぎや利益のために動くのは当然ですが、高効率に稼いだり、高効率に利益を出すには、時には自分だけの力だけではなく、他力本願となる場合や時期もあり得ます。

軽貨物とは異なりますが、製品を製造生産している多くの製造メーカーなどの生産者は「効率のために」工場をもって設備投資したり、自社に機材を入れて工夫したりしています。

もちろん、なかには、ファブレス経営をベースにし、自社では工場を持たずに下請などに生産委託をし、うまく供給メーカーという立場で経営している会社も多々あります。

軽ドライバーの世界と同様に商品を生産している人たちの世界でも「実力主義」です。黒ナンバーの軽貨物車に乗る軽ドライバーも当然に「実力主義」でなければこれからは生き抜いていけないことでしょう。

確かに、個人事業主軽ドライバーは勝手や我儘さえも自由な世界です。

しかし、お金を頂く仕事の立場を勘違いして、社会での仕事であることを意識せず、仕事案件を選んだり、仕事案件の算盤ばかり弾くなど、仕事意義を勘違いして自分を戒めない軽ドライバーもいます。

配送の問い合わせ
error:Content is protected !!