仕事を目先のお金で選んでいるような軽貨物の個人事業主ドライバーは成功しない理由。

千葉県の軽貨物 弁当の宅配業者
広告
軽貨物チャーター (軽貨物配送) 専門ブログ
広告

個人事業主すなわち業務請負の軽貨物配送ドライバーには、営業開発ができる人、営業開発ができない人、がいます。営業とは「仕事ありませんか」と形振り構わず問いかけることではありません。

ブログで軽貨物の仕事検証を備忘録として記事をいろいろ書いていますが、今回は軽貨物配送の営業開発について考えていることを書いてみます。

業務請負で働く個人事業主の軽貨物配送ドライバーは、懸命に汗をかくような営業活動をしなくても、地元で気に入った経営スタンスの軽配送会社を探し、下請けの立場で業務委託の契約を結ぶなどすれば、軽配送の仕事を受注できます。

軽貨物配送ドライバーの仕事はある意味で専門職ですから、最低限、配送の専門知識と専門技術と探究心があればどうにか務まるでしょう。

ただし、人よりも稼ぎたい、人よりもできる軽貨物配送ドライバーになりたい、という人は、営業系の仕事が嫌いとか、事務系の仕事が嫌いとか、企画系の仕事が嫌いとか、販売やセールスの仕事が嫌いとか、甘いことを言っているようではなかなか安定成長はできないと思います。

これらにも相関があって、コミュニケーション能力と適応力だったり、リサーチ力と発信力だったり、コミュニケーション能力と清潔感だったり、専門知識や技術と探究心だったら、ビジネスマナーと冷静な対応力だったり、頭の良さとセンス、分析力と判断力など、営業開発で大手企業や中小零細企業と接するときにはこういったことも荷主やメーカーの人たちが勝負しているという現実を気にかけなくては話になりません。

みんな働いている意味も仕事を選んだ理由も仕事での立場も違いますが、個人的に前職で日本全国の会社と取引を通じて接してきたなかでは、成功過程にいる人は「やるべきことを継続してやっているな」というところが本音です。

世の中には営業が苦手と言う人も多いことでしょう。営業の仕方がわからないという人もいることでしょう。友達や友人ではなく仕事できちんと人脈を持った人もいれば、仕事では人脈のない人もいることでしょう。

そもそも、業務委託で働く軽貨物ドライバーに営業能力は不要です。

error:Content is protected !!