仕事案件を目先のお金で選んでいるような軽貨物の個人事業主ドライバーは成功しない理由をブログで語る。

軽貨物で弁当の宅配業者 【軽貨物運送の検証ブログ】運送業

個人事業主すなわち業務請負の軽貨物配送ドライバーには、営業開発ができる人、営業開発ができない人、がいます。営業とは「仕事ありませんか」と形振り構わず問いかけることではありません。

ブログで軽貨物の仕事検証を備忘録として記事をいろいろ書いていますが、今回は軽貨物配送の営業開発について考えていることを書いてみます。

業務請負で働く個人事業主の軽貨物配送ドライバーは、懸命に汗をかくような営業活動をしなくても、地元で気に入った経営スタンスの軽配送会社を探し、下請けの立場で業務委託の契約を結ぶなどすれば、軽配送の仕事を受注できます。

軽貨物配送ドライバーの仕事はある意味で専門職ですから、最低限、配送の専門知識と専門技術と探究心があればどうにか務まるでしょう。

ただし、人よりも稼ぎたい、人よりもできる軽貨物配送ドライバーになりたい、という人は、営業系の仕事が嫌いとか、事務系の仕事が嫌いとか、企画系の仕事が嫌いとか、販売やセールスの仕事が嫌いとか、甘いことを言っているようではなかなか安定成長はできないと思います。

これらにも相関があって、コミュニケーション能力と適応力だったり、リサーチ力と発信力だったり、コミュニケーション能力と清潔感だったり、専門知識や技術と探究心だったら、ビジネスマナーと冷静な対応力だったり、頭の良さとセンス、分析力と判断力など、営業開発で大手企業や中小零細企業と接するときにはこういったことも荷主やメーカーの人たちが勝負しているという現実を気にかけなくては話になりません。

みんな働いている意味も仕事を選んだ理由も仕事での立場も違いますが、個人的に前職で日本全国の会社と取引を通じて接してきたなかでは、成功過程にいる人は「やるべきことを継続してやっているな」というところが本音です。

世の中には営業が苦手と言う人も多いことでしょう。営業の仕方がわからないという人もいることでしょう。友達や友人ではなく仕事できちんと人脈を持った人もいれば、仕事では人脈のない人もいることでしょう。

そもそも、業務委託で働く軽貨物ドライバーに営業能力は不要です。

しかしながら、金銭面のこと、人間関係のこと、仕事内容のこと、面倒な取引先や同僚のことなど、理不尽なことが少なからずある軽貨物配送の業務ですから、仕事を続けていけばいくほど何かしらの違和感が出てくるはずで、その壁を乗り越えることができずにいると人や周囲に不平不満を抱えていくこととなります。

ラクして稼ごう、ラクな案件を探そう、高収入の案件を探そう、などという考えを持たず、難しい配送の経験も積みながら実力をきちんとつけ、ゆくゆく楽しく仕事をラクに熟せるようスキルアップすることが先です。スキルアップすればラクに稼げます。

また、軽貨物の配送現場には縦横の関係が微妙にありますから、1人の配送ドライバーとして前向きなプレッシャーやストレスの良し悪しをうまく判断しながら、成長意欲があって目標を掲げている人なら、要領よく時機を見て、ダイナミックにチームワークかグループワークで認め合うドライバー同士で営業活動するなどし、現状打破しなくてはならないこともあるでしょう。

そもそも、個人営業の軽貨物ドライバーは社員ドライバーのように「やらされてる」ではなく「やるからにはやる」という姿勢が無ければ務まりません。これは軽配送に限ってではなく、上を目指していこうとする社会人の意欲としてはどんな職種であろうともこれは一緒のことです。

しかし「やるからにはやる」というきちんとした本業の姿勢を持つ個人事業主の軽配送のプロであろうと、所詮、人1人が懸命に頑張っても人1人分しか稼げません。そういう仕事です。

個人事業メリットの裏にある弱さを理解したり、周囲とそれを理解し合う姿勢を持ち、軽配送サービスの営業開発と事業基盤のコンセプトや配送技術を固めていく仕事作りに専念すること、チームやグループに参加するなどして関係者と共に勇敢な行動力と決断力を身につけることも、自分と周囲が発展を遂げるに大切なこととなってきます。

日当が一万円とか二万円とか三万円というようなドングリの背比べみたいな金額比較で目先のお金にふらついて働いていくのは時間が勿体なく、中長期で考えると得策な働き方ではないでしょう。

強く生き抜く個人事業主軽貨物ドライバーへと発展するには、立場が業務委託であろうとも社員雇用のドライバーであろうとも「関係する会社の営利のために仕事をしている」ことを再認識しなくてはなりません。それすら認識せず、自分のために仕事をしている姿勢が強い人は、関係者や会社に対する責任感を捉えるチカラが非常に乏しく、営業の世界で勝利するのは難しいでしょう。

配送の問い合わせ
error:Content is protected !!