仕事を目先のお金で選んでいるような軽貨物の個人事業主ドライバーは成功しない理由。

千葉県の軽貨物 弁当の宅配業者
広告

個人事業主すなわち業務請負の軽貨物配送ドライバーには、営業開発ができる人、営業開発ができない人、がいます。営業とは「仕事ありませんか」と形振り構わず問いかけることではありません。

ブログで軽貨物の仕事検証を備忘録として記事をいろいろ書いていますが、今回は軽貨物配送の営業開発について考えていることを書いてみます。

業務請負で働く個人事業主の軽貨物配送ドライバーは、懸命に汗をかくような営業活動をしなくても、地元で気に入った経営スタンスの軽配送会社を探し、下請けの立場で業務委託の契約を結ぶなどすれば、軽配送の仕事を受注できます。

軽貨物配送ドライバーの仕事はある意味で専門職ですから、最低限、配送の専門知識と専門技術と探究心があればどうにか務まるでしょう。

ただし、人よりも稼ぎたい、人よりもできる軽貨物配送ドライバーになりたい、という人は、営業系の仕事が嫌いとか、事務系の仕事が嫌いとか、企画系の仕事が嫌いとか、販売やセールスの仕事が嫌いとか、甘いことを言っているようではなかなか安定成長はできないと思います。

これらにも相関があって、コミュニケーション能力と適応力だったり、リサーチ力と発信力だったり、コミュニケーション能力と清潔感だったり、専門知識や技術と探究心だったら、ビジネスマナーと冷静な対応力だったり、頭の良さとセンス、分析力と判断力など、営業開発で大手企業や中小零細企業と接するときにはこういったことも荷主やメーカーの人たちが勝負しているという現実を気にかけなくては話になりません。

みんな働いている意味も仕事を選んだ理由も仕事での立場も違いますが、個人的に前職で日本全国の会社と取引を通じて接してきたなかでは、成功過程にいる人は「やるべきことを継続してやっているな」というところが本音です。

世の中には営業が苦手と言う人も多いことでしょう。営業の仕方がわからないという人もいることでしょう。友達や友人ではなく仕事できちんと人脈を持った人もいれば、仕事では人脈のない人もいることでしょう。

そもそも、業務委託で働く軽貨物ドライバーに営業能力は不要です。

しかしながら、金銭面のこと、人間関係のこと、仕事内容のこと、面倒な取引先や同僚のことなど、理不尽なことが少なからずある軽貨物配送の業務ですから、仕事を続けていけばいくほど何かしらの違和感が出てくるはずで、その壁を乗り越えることができずにいると人や周囲に不平不満を抱えていくこととなります。

ラクして稼ごう、ラクな案件を探そう、高収入の案件を探そう、などという考えを持たず、難しい配送の経験も積みながら実力をきちんとつけ、ゆくゆく楽しく仕事をラクに熟せるようスキルアップすることが先です。スキルアップすればラクに稼げます。

また、軽貨物の配送現場には縦横の関係が微妙にありますから、1人の配送ドライバーとして前向きなプレッシャーやストレスの良し悪しをうまく判断しながら、成長意欲があって目標を掲げている人なら、要領よく時機を見て、ダイナミックにチームワークかグループワークで認め合うドライバー同士で営業活動するなどし、現状打破しなくてはならないこともあるでしょう。

そもそも、個人営業の軽貨物ドライバーは社員ドライバーのように「やらされてる」ではなく「やるからにはやる」という姿勢が無ければ務まりません。これは軽配送に限ってではなく、上を目指していこうとする社会人の意欲としてはどんな職種であろうともこれは一緒のことです。

しかし「やるからにはやる」というきちんとした本業の姿勢を持つ個人事業主の軽配送のプロであろうと、所詮、人1人が懸命に頑張っても人1人分しか稼げません。そういう仕事です。

個人事業メリットの裏にある弱さを理解したり、周囲とそれを理解し合う姿勢を持ち、軽配送サービスの営業開発と事業基盤のコンセプトや配送技術を固めていく仕事作りに専念すること、チームやグループに参加するなどして関係者と共に勇敢な行動力と決断力を身につけることも、自分と周囲が発展を遂げるに大切なこととなってきます。

日当が一万円とか二万円とか三万円というようなドングリの背比べみたいな金額比較で目先のお金にふらついて働いていくのは時間が勿体なく、中長期で考えると得策な働き方ではないでしょう。

強く生き抜く個人事業主軽貨物ドライバーへと発展するには、立場が業務委託であろうとも社員雇用のドライバーであろうとも「関係する会社の営利のために仕事をしている」ことを再認識しなくてはなりません。それすら認識せず、自分のために仕事をしている姿勢が強い人は、関係者や会社に対する責任感を捉えるチカラが非常に乏しく、営業の世界で勝利するのは難しいでしょう。

浅知恵で他人の意見を鵜呑みにし、あれは儲かる、あれはキツイ、あれは赤字、などと自分の営利で仕事を判断したり、それらを口にするような軽貨物配送ドライバーも本質的に営業開発の世界では話になりません。

仕事が長続きせず数年や10年すら満たずに転職を繰り返してきた人、物知り博士みたいにあれもこれも色んな職に仕事を手につけてしまい何もかも知ったかぶりになってしまっている人は、勤務会社や業務委託で関係する会社に対する忠誠心も欠如していることが大半です。

関係先の会社への功績なくして、人よりも稼げる、人よりも稼ぎたいなどの実現は困難です。仕事はギャンブルではないのでそういう世界です。

営業は、する側もされる側も真剣にならなくてはなりません。

ありがちな受け身での受注や仕事が染み付いている会社や人も居ますが、日々の営業開発なくして企業存続や成長は長く続きません。

私は、以前に20年以上特化していた仕事柄で、多くの上場企業やノーベル賞の技術関係者、国や自治体関係、全国の地場で頑張る有力企業の方々などと販売取引上で長い付き合いを基本として接してきた経験があるためか、現在も仕事において周囲の会社や人が、攻めの営業活動をしているのか、攻めの営業活動をしていないのか、を気にかけることが多いです。

あまり、単一で今日一日の仕事を学ぶことはしません。

仕事中に周囲見ていると個人営業でのセンスや会社での営業センスを様々に感じとれますが、攻めの営業をしている会社や人は、会社規模は関係なく「やるからにはやります」という責任感が滲み出ています。

判断スピード、営業行動力、が必ずあります。そして、全力勝負でチャンスの時期を待っているわけです。

実のところ、個人事業での営業も会社法人での経営や営業も、何より軌道に乗せれば良いだけですので、大半の営業仕事は複雑な話でもありません。

もちろん、軌道にのせることすらできない営業では駄目ですし、営業が得意とか不得意とか言っているようでは論外です。目標に到達することなどあり得ません。

軌道に乗せてからが土俵です。土俵に立つ前に、ああでもない、こうでもない、やる前にいろいろ考えればキリがなく、突き進めることは無形財産と有形財産の営利こそ考えるべき全てと言えるでしょう。

また、仕事や事業を軌道に乗せ始めると「あぐら」をかく事業者が多くいて、それらは見栄と格好を気にするようになって中身が薄くなる事業者もいますが、その堕落、そこも成功と失敗でかなり大きな分岐点であると考えます。

仕事を懸命や賢明に伸展させ、仕事がうまく動き始めると少なからずお金が手に入りますし、経済面で相応に欲しいものも手に入るようになります。それはそれで大切なことですが、事業者がその成功に酔いしれると数年後には厳しい現実が待っています。100万だろうと1000万だろうと気がつくと一瞬で吹っ飛んでいくでしょう。

そう、軌道に乗せる実力と軌道を走り続ける実力は別々に必要です。舵を切る仕事とはそういうことです。

経済面の軌道と、事業の軌道、仕事の軌道、は切り離して考えるべきと私は思います。

詰めが甘い会社は、事業や仕事が安定したことに浮かれ甘えてしまい、その安定は事業や仕事が衰退期をウロウロしていることにすら気づいていない会社もあります。そう、天狗状態です。

事業や仕事は安定させることが必ずしも良いこととも言い切れません。ハングリーな匂いが事業からなくなることは、事業が魅力的ではなくなることを意味すると考えます。

もちろん、営業マンなのに成績を残せていない人、営業マンなのに会社に利益を残せていない人、営業マンなのに自分の給料分すら稼いでこれない人、も世の中には残念ながらかなり多くいます。

厳しいようですが、そういう営業マンは100パーセント駄目です。社員を愛する会社であろうとも営業マンをボランティアで食べさせる訳には絶対いきません。

営業マンで成績をうまく残せないのは問答無用で致命的というわけです。とても厳しい世界です。

もちろん、営業にも一流や二流や三流もいますし、長年営業をしてきたようなプロ風の人は知らぬ間にズル賢さが染みついているので、違う畑で通用するかどうかは微妙です。

また、営業マンの成果は勤務会社のイデオロギーや歴史や看板や名刺や肩書きを借りていたからこその成果があり、それにより追随できているだけで、成果のある営業マンであろうとも個人による本物の実力とは言えません。

成績優秀の一流商社マンでも独立してうまくいかない人などゴロゴロいます。

中には育成セミナーで数日学んだレベルの見よう見まねの能書きで営業が成功すると思っている人もいます。足を動かさずにインターネット検索することが情報収集だと勘違いしている営業マンもいます。

大学などの旧友や知人を営業で頼ってしまうタイプなど、友人を営業に巻き込んで自分の仕事で利を考えるタイプもいます。人づてをあてに営業をするような突破力の弱い致命的な弱さを持つ営業マンもいます。

取引先の事業トップや経営トップはいつも理想と現実の狭間や短期と長期の狭間でバランスを取ろうとしている存在だということを理解する必要があり、軽貨物配送ドライバーや営業マンのレベルでは想像できないほど、取引先である大手運送会社や荷主の経営陣は変革し続けることを強制的に運命づけられています。

軽貨物配送という仕事分野では一流の営業能力は必要ないにせよ、社内外、全体を大きく感じることが大切だと考えます。

千葉県で軽貨物車を使って配送の仕事をしよう
千葉県の軽貨物シフタープロ統轄責任者

千葉県で軽貨物配送専門店シフタープロ便を運営する営業統轄責任者としてハンドルを握って実運送する軽貨物配送セールスドライバーとしての事業展開する準備段階の奮闘と成功術の備忘録ブログです。

▶︎軽配送は経験知識から思考へ尺度対応する時代に

宅配会社などの配送ドライバー上がりではなく、若い頃より外資系メーカーでの職歴や荷主メーカーの立場で商品開発や輸入貿易から販売チャネルの構築、日本全国への出荷発送業務、SCMの構築、倉庫在庫管理、商品販売の競争力を高める流通と物流の仕組み作りを25年間ほど経験してきました。

物を作る、物を売る、物を送る、といった仕組み作りと物流や起業に興味を持ち続けている1人です。

軽貨物車を使った加温輸送や冷蔵輸送や常温輸送の仕事を請け負い、荷主様や元請け会社様や協力会社様と共に様々な軽配送仕事を覚えることに楽しみを感じ、千葉県を軸として、配送業務を一つ一つ熟しながら事業性の価値を検証しております。

軽貨物運送会社では軽の貨物車を使った運搬配送の需要増はインターネット通販の普及によるものだと単純に勘違いしている配送業者が見受けられます。

軽配送のニーズ拡大は決して先駆の軽配送会社による営業功績でもありませんし、単純にインターネット通販が普及したからでもありません。

我が国がIT技術の変革で産業構造や行政と個人のライフスタイルそのものが社会全体で変化をし、過去のように大手企業だけでなく「地方の中小企業や零細企業にもSCMの構築が仕上がりつつある」ことがきっかけです。

運送会社の大手企業や中小企業、配送業界の末端である個人事業主の業務請負ドライバーに向けられた貨物運送の「納品仕事ニーズが細分化」され、それが需要拡大したかに見えているだけなのが現状であるとシフタープロは捉えます。

配送ニーズの細分化は、地場で末端の配送業者である軽貨物運送会社や個人事業主の軽貨物ドライバーが従来のようなドライバーの数やネットワーク組織力という仮想規模の営業サービスでは通用しない配送時代になることを意味しています。

当然、茶髪や髭やピアスや眉剃り、タバコ喫煙のドライバーは時代の流れと共に荷主様や荷受人様や元請け会社様から淘汰され始めています。

過去はそういうドライバー品質でも通用していましたが、配送ニーズの細分化によりそういう品質のドライバーやドライバーファーストの意識を持つような事業者や事業主は先細りするでしょう。

誰でも構わずドライバー人材を寄せ集めしてドライバーからマージンをピンハネすることが商売の軸となっている軽配送のネットワーク組織や組合やフランチャイズの営業組織など数で勝負できていた企業体も、今日では、荷主様や元請け会社様からは品質の悪いドライバーの多さで信頼や信用面が欠如し、ドライバー品質の乱れがクローズアップされ、誤魔化しができずに営業的に淘汰され始めています。

自営業ドライバーはドライバーファーストという甘さを捨て、身近にいる配送ドライバー同士が荷主様ファーストの観点で責任ある業務情報を共有し、フリーランスや副業ではないプロの心構えなど、ハイレベルに配送ドライバー個々の接客応対や納品対応の能力が問われてきます。

この結果、個人事業主の軽貨物運送ドライバーの業務全般は「経験知識から思考への尺度対応」が求められる新しい時代になることでしょう。

▶︎捨ててならぬは義理

軽配送の事業で隠れざる大切な要素はドライバーは量より質という点だと考えられます。

ただし、配送ドライバーの職はどんなに能力があろうとも1日をフルに頑張っても人一人では一人分しか稼ぐことができません。

配送の仕事で稼げるのは配送ドライバーですが、儲かる、儲けるのはその配送ドライバーの使用人である軽配送の請負会社という図式です。

商売では儲けも稼ぎも大事です。しかしながら、個人事業主の配送ドライバーは労働で稼げても儲からない職であり、仕事をした分だけを稼げる仕事であることを心底で理解しなくてはなりません。

とどのつまり、多くの自営業ドライバーは割に合う合わないだとか請負している仕事の不平不満を語り、仕事の旨味だけを案件に追い求めてしまうようなドライバーになってしまうのが実態です。

ストレスに打ち勝ち、軽配送ドライバーとして実直に仕事で稼げるようになるには、未熟に不平不満を語ることではなく、新しいことを覚えながら瞬発力と柔軟性を磨き上げ、他人ではない自分の才覚で懸命に難しいことを打破するといった心意気が必要です。

そして義理を大事に信頼し合える協力パートナー業者と仲間ドライバーの存在、メンターや指導者の存在も大切です。

全国の無印軽貨物運送業ドライバーが活躍する時代へと必ず突入します。

千葉県の軽貨物シフタープロ統轄責任者をフォローする
千葉県版 | 軽貨物チャーター業者 | 仕事
広告
ブログで千葉県の軽貨物配送専門シフタープロが語る!軽貨物運送の検証BLOG。
error:Content is protected !!