軽貨物体験談で仕事があるから生きていけるんだ、と思えるようになれる意欲ができるまで。

人気のある軽貨物運送業者ランキング 【軽貨物運送の検証ブログ】

軽貨物の仕事で体験談からして個人事業主のドライバーがやってはいけないこと。

軽貨物体験談から、軽配送の仕事で大事なことの究極は「着車時間の約束を守る、納品時間の約束を守る、報告と連絡と相談をする約束を守る」ことであると千葉県の軽貨物配送専門店シフタープロではシンプルに考えています。

非宅配便の案件である、荷主様から直接請負する軽貨物チャーター配送の仕事は、車付きのドライバーが荷主様のお仕事を代行するという意味合いを持ちます。

単発スポット配送の依頼から始まり、その受注を担当させていただいたドライバーへの評価次第ではリピートでのご依頼や定期的な配送のお仕事を発注して頂けるようになります。

料金ついては荷主様からチャーター配送料金を少しでも多く頂戴できることに越したことはないですが、会社でのご依頼の場合、そればかり優先すると荷主様にビジネス負荷が掛かってしまいます。

送料の負担です。

荷主様が大手企業であろうと町の商店様であろうとも、私たち地域密着型の軽配送専門シフタープロが接客している仕事請負のスタイルは何ら変わらず、取引規模が小さな案件でも、取引規模が大きな案件も、適正な価格でチャーター便のお仕事を受付しています。

体験談として、有名な大企業であろうと、中小企業であろうと、街の商店であろうと、「すごいな」と思える会社様はいっぱいあります。

勉強不足で聞いたこともない感じの無名な会社様であろうとも切れ者の経営者や事業責任者は必ずいます。

軽貨物配送専門のシフタープロでは職種は問わずにお客様の小さな配送でお手伝いをしたいと考えており、シフタープロは他社とは違い、仕事力はそういうことが大切なことだと認識しています。

仕事をさせて頂く際のお金の条件は、払う側と貰う側のwin-winであることが大前提です。

臨機応変、荷主様にチャーター配送料金を安くできる営業ノウハウが本筋ですが、見積もり料金を安くし過ぎると流石に担当するドライバーは苦しんでしまいます。

瞬発力でシフタープロの営業はうまく荷主様と営業相談や交渉をし、委託者と受任者のお互いが成功したと感じることのできる諸条件を整えています。

適正に料金を頂き、荷主様のお役にたってなんぼです。軽配送でお困りの際には軽配送専門シフタープロまで、気兼ねなく、夜間でも、深夜でも、緊急配送が可能かなどもお声がけください。

チャーター配送の仕事を発注していただける荷主様や元請けの運送会社や軽貨物配送会社からシフタープロ軽貨物便が選ばれて優遇されるか否かは、×と○の違いではなく、△と○の差です。

ごく僅かな差です。

千葉県でも数ある軽配送会社の中でシフタープロが選ばれる理由、リピートを頂いている理由は、シフタープロの事業方針が荷主様の厳しい基準をクリアできているからだと自負しております。

軽貨物配送業者の良し悪しを決める上で、値段とあわせて大切なのがサービスの質ですが、ファーストコンタクトの際やホームページでの紹介で「サービスの質が悪い会社ですが注文をお願いします」と語る事業者は当然いません。

質の悪さが目立つ街中のドライバーさんは名の通ったピンハネ軽貨物配送会社に加盟して鴨葱状態で仕事をさせられている個人事業主ドライバーです。

その背景は配車係が仕事も知らずにドライバーさんに仕事を丸投げする状態だからです。

なかには真面目な軽配送会社もありますが、ほぼ、ドライバー教育など口だけです。教育など所詮は配送の仕方みたいな説明レベルです。

荷主様と荷受人様へのマナー、価格ご提案のスピード、集荷場所近隣や配達場所近隣への対応、積荷と積み降ろしの的確さ、接客応対、というような内容が伴ってこそ、質の高い軽貨物配送業者だったり、質の高い軽貨物ドライバーであると言えます。

シフタープロは荷主様から直接ご依頼を請ける配送仕事の完了後、お客様のご意見を吸い上げるようにし、良かった点や反省すべき点を担当ドライバーへフィードバックすることによって、シフタープロの軽貨物配送事業への発展意識を高めるきっかけ作りをしています。

私たちのような地域密着で活動する軽貨物配送業者は、一人一人の荷主様や荷受人様からの支持率で事業が成り立ちます。人間性を大事にするほかありません。

このため、どのようにしてお客様から軽貨物配送専門店のシフタープロが選ばれたかどうかというデータを事業で蓄積させ、担当ドライバーが支持を集めることこそがシフタープロの事業生命線だとしています。

千葉の地元でも街中で走っている本業の軽貨物ドライバーの能力自体は(フリーランス風のドライバーは除く)似たり寄ったりですが、「挨拶と返事」「迅速な報告と連絡と相談」「言葉使い」「身だしなみ」「真面目さ」には差があります。

では、どうすれば社内外で優遇されるかです。

具体的には集荷の着車時間を守ること、配達や納品時間の約束を守ることが絶対条件です。

ありがちですが、納品時間に間に合うからといって無断で集荷に関しての着車時間に遅れるなどは論外です。心配を掛けてしまいます。

特に、遅刻癖のある人、自分に都合の悪い報告と連絡と相談をしない人、は軽貨物配送の仕事に不向きです。

遅刻や遅延の常習性ある人も世の中にいますが、やがて嘘の上塗りで言い訳を繰り返すことでしょう。それが周囲やチームやグループや事業部や会社の信用を低下させていきます。

千葉県でも軽貨物運送の会社は特段に探さなくともゴロゴロとありますが、どこもかしこも、他人が実践しているビジネスモデルを真似することで仕事をしているような旧態依然としています。

良くも悪くも、ありがちな大手配送ドライバーあがりの事業者が大半だからなのかも知れません。時代は既に、知見経験から思考への時代となりつつあり、配送ニーズの細分化による、配送経験や配送実績は意味を持たなくなりつつあります。

愛想が悪かろう、言葉使いが悪かろう、タバコを吸っていようが、ちょび髭だろうとも、軽貨物配送の仕事とは時間通りに荷物を配達すればそれで構わない、という営業姿勢の軽貨物配送会社には問題や懸念があります。

それでも、問題や懸念ある軽貨物運送会社に喰い物にされているのは紛れもなく個人事業主の軽貨物ドライバーですから、これから軽貨物の仕事を始めようとしている人は、少し、心構えを正して欲しいと思います。

軽貨物配送ドライバーになろうとしている人は、勤めていた会社に不平不満を持って「転職や再就職」を考えている人、勤めていた会社事情で「転職や再就職」を考えている人、真面目に定年を迎えて「転職や再就職」を考えている人、が多いかと思われます。

「取引環境改善」「労働条件改善」はかなり大切です。しかし、仕事ではなく事業では最後にお金が残るかです。社内外でこれをwin-winで考えることさえできれば良いだけです。

小口配送の増加や配送ドライバーの人出不足だと言われており、確かに、全体をみると個人向けの小口配送は増加傾向です。

もちろん、激務化は当然です。各ドライバーへの負担も大きいでしょう。これが嫌でできないなら軽貨物配送の仕事は務まりません。荷主様の要望に応えて、相応の料金を頂くのが仕事です。

どの業種でも激務化は稼げるチャンスでもあります。

ただし、仕事が下手で、要領が悪いドライバーだと単なる激務でおしまいですが、それを乗り越えて仕事を覚えながら優遇されることが稼ぐ上では必須です。

地元密着型の少数精鋭を目指しながら5倍のお金をかけて10倍のハイエンドサービスをしていこうと計画をしています。

シフタープロ千葉とシフター埼玉では若干名の専属ドライバーを募集しており、「自分も精鋭の一人になるんだ」という覚悟を持った方を探しております。

初心者であろうとも安定して楽しく稼いでいこうする意識が数ヶ月で芽生え、配送ドライバーとして自分と周囲に協力体制が構築できると考えています。

少数精鋭だからこそドライバーが稼げるのは言うまでもありません。

error:Content is protected !!