個人事業主軽貨物ドライバーのメンターを見つけ、メンターの思考や考え方を肌感覚で学ぶことが重要になるとき。

軽貨物で封筒配送 【軽貨物運送の検証ブログ】業務委託

軽配送の業者がSNSやネット掲示板やブログで固有名詞で仕事案件の賛否を書き込んだり、悪口、愚痴、噂を書き込むような人がネット上で見受けられます。憂さ晴らしやストレス解消の理由や目的があると思いますが良い事ではありません。

軽貨物ドライバーの職を選ぶ人の中にも、真面目に専業でプロ軽貨物ドライバーを目指す者もいれば、高収入だとか好きなときだけ働くだとか日雇いレベルのフリーランス軽貨物ドライバーとして働こうとする者もいます。

露骨に自分のライフスタイルに合わせた働き方をするような業務請負の軽貨物ドライバーは、荷主様の営業姿勢によってはそれだけでドライバーの質を問われることがあります。

自分のライフスタイルを主張して働けるほどの能力と技術や才覚を持ち合わせているならば良いのですが、素人でも形振り構わずピンハネの数集めでドライバー募集するレベルの軽貨物運送会社の実態のように、流石に、素人の軽貨物ドライバーが身勝手なライフスタイルに合わせてバイト感覚で働いている軽配送会社は流石にイメージが悪いです。

ライフスタイル云々とかではなく、軽貨物配送業は、人様の大事な荷物を一時的に預かって車に積んで走って荷受人に荷物をお届けする業務ですので、ドライバーは節度、集中力や緊張感のあるプロの態度で業務遂行をしなくてはなりません。

クーリングや保証等々、荷主様側の業務は荷物を届けて、はい、おしまい、ではありません。

それを代行する請負の軽貨物ドライバーも同じような意識で挑むべきと考えます。

  • 自分がどういう個人事業主の軽貨物ドライバーになるべきか。
  • どういった考え方を持つ個人事業主の軽貨物ドライバーが荷主様や企業で求められるのか。
  • どういった個人事業主の軽貨物ドライバーを採用するべきか。

大前提、軽貨物ドライバー業者としての能力は、軽貨物車の能力(常温輸送しかできない車、冷蔵輸送ができる車、加温輸送ができる車など)で決まるため、無事故無違反を前提として安全運転や運行ができている人であれば、配送業務がスピーディに上級者レベルでできるだとかできないとかは能力で深く問われない業種と言えます。

もちろん、常温の荷物しか運べない軽バンに乗る軽貨物ドライバーは業者としての対応能力はガクンと下がり、現実的に、配送業者としての価値は低く見られています。

error:Content is protected !!