個人事業主軽貨物ドライバーのメンターを見つけ、メンターの思考や考え方を肌感覚で学ぶことが重要になるとき。

千葉県のチャーター運送 シフタープロ千葉県 | 軽貨物運送の業者 | 委託
広告

軽配送の業者がSNSやネット掲示板やブログで固有名詞で仕事案件の賛否を書き込んだり、悪口、愚痴、噂を書き込むような人がネット上で見受けられます。憂さ晴らしやストレス解消の理由や目的があると思いますが良い事ではありません。

軽貨物ドライバーの職を選ぶ人の中にも、真面目に専業でプロ軽貨物ドライバーを目指す者もいれば、高収入だとか好きなときだけ働くだとか日雇いレベルのフリーランス軽貨物ドライバーとして働こうとする者もいます。

露骨に自分のライフスタイルに合わせた働き方をするような業務請負の軽貨物ドライバーは、荷主様の営業姿勢によってはそれだけでドライバーの質を問われることがあります。

自分のライフスタイルを主張して働けるほどの能力と技術や才覚を持ち合わせているならば良いのですが、素人でも形振り構わずピンハネの数集めでドライバー募集するレベルの軽貨物運送会社の実態のように、流石に、素人の軽貨物ドライバーが身勝手なライフスタイルに合わせてバイト感覚で働いている軽配送会社は流石にイメージが悪いです。

ライフスタイル云々とかではなく、軽貨物配送業は、人様の大事な荷物を一時的に預かって車に積んで走って荷受人に荷物をお届けする業務ですので、ドライバーは節度、集中力や緊張感のあるプロの態度で業務遂行をしなくてはなりません。

クーリングや保証等々、荷主様側の業務は荷物を届けて、はい、おしまい、ではありません。

それを代行する請負の軽貨物ドライバーも同じような意識で挑むべきと考えます。

  • 自分がどういう個人事業主の軽貨物ドライバーになるべきか。
  • どういった考え方を持つ個人事業主の軽貨物ドライバーが荷主様や企業で求められるのか。
  • どういった個人事業主の軽貨物ドライバーを採用するべきか。

大前提、軽貨物ドライバー業者としての能力は、軽貨物車の能力(常温輸送しかできない車、冷蔵輸送ができる車、加温輸送ができる車など)で決まるため、無事故無違反を前提として安全運転や運行ができている人であれば、配送業務がスピーディに上級者レベルでできるだとかできないとかは能力で深く問われない業種と言えます。

もちろん、常温の荷物しか運べない軽バンに乗る軽貨物ドライバーは業者としての対応能力はガクンと下がり、現実的に、配送業者としての価値は低く見られています。

個人事業主として他社や他人よりも高効率に稼ぐには自分の場合はどういう考え方で配送の仕事に取り組むべきか、その答えをスマートに出せるようにならないと1人の事業主として高効率には稼げないでしょう。

何事も成功者の真似も大事ですし、自分流を守る部分も大切だと考えています。

ただし、どんな職であれ、仕事上で根本にあるのは対外的な信用と信頼です。これは稼ぎや収入の安定性において切り捨てられないことです。

見た目が悪ければダメですし、ピアスや髭もダメですし、タバコ臭ければダメですし、愛想が悪ければダメですし、言動がフランクでもダメですし、個人事業主の軽貨物ドライバーは接客応対センスと責任感が求められます。

そして、大事なのが守秘義務です。

守秘義務の違反は、些細なミスから発生しますが、守秘義務違反は事業主や事業者など企業として重大な不祥事です。

軽貨物ドライバーであれ社会人としてしっかりした教育の実施が必要です。

しかし、軽貨物配送の業界では守秘するべき範囲を守れない身勝手なドライバーがいます。

仕事上で守秘義務はかなり大事なことですが、そのビジネスモラルの欠如が表面化した際には信用や信頼を損なうのも当然ですが、ごく普通に、ドライバーは仕事柄、仕事情報や個人情報の保護についてはかなり注意を意識するべきことです。

軽貨物ドライバーがSNSや掲示板で仕事案件の賛否について語るなど論外なことですが、プロ業者ではないバイト感覚の副業やフリーランス業者によるビジネスモラルの欠如が業界内でクローズアップされています。

個人事業主であることと自由な働き方という解釈を履き違えているケースも見受けられます。仕事への感謝は大事であり、仕事の批評は絶対によくありません。

軽貨物運送の業界では個人事業主という責任ある立場であるにも関わらず、社員やバイト風の考えで仕事をしていたり、人材派遣のような気分で軽貨物ドライバーの仕事を業務請負してしまっている人がいます。

責任を持って業務請負をする身として、それをネット掲示板やSNSで配送案件の批評を書き込んだり、運送会社の悪口、愚痴、噂を書き込む、そういう裏切りは絶対に避けなくてはいけません。

もちろん、褒める内容であろうとも勝手な評価は避けなくてはいけません。

そもそも、無許可での情報流布は個人間だけではなく企業間等々の取引上でも大きな問題や損害へと発展することが現実にあります。

  • 嫌なことがあるのは仕方ない。
  • ストレスを逃すチカラを自分の中に育てるのも仕事成長の一つ。

当然ですが、取引先や会社で嫌なことがあっても正面切って相手の社長や取引先の相手に文句を言うことはできません。しません。

個人事業主という立場は、時と場合、気持ちを使い捨てにされることもあろうかと思います。理不尽なこともあります。

それでも取引先の企業体質を批判することはできません。

巷では、配送の現場、荷主様、荷受人様、仕事で揉め事が起こったときに腹が立って、特定の仕事案件や人物に対して嫌がらせをする目的でその悪口を書いてSNSや動画などで広めようとする人が見受けられます。

そういう気持ちが全くわからない訳ではないですが、そういう言動は負の感情が増幅することもありますし、流石に社会人として褒められることでもありません。

  • 会社全体にダメージを与えたい。
  • むかつく取引先を潰したい。
  • 会社に仕返ししたい。

単に深く考えずに興味本位であったり、公益目的でSNSに書き込む人も居るそうです。

確かに、自分が抱える実情を示すことによって世間や周囲に本当のことを是正的に知ってほしいと考えるときは多々あります。

横領であったり、労働基準法違反であったり、パワハラ、セクハラ、モラハラ、いじめ問題など。

やはり、真面目に働くべきです。

貧乏暇なしで一個いくらみたいな労働でガツガツ働いている軽貨物ドライバーがいます。

無理をせずに自己成長しながら要領よく働くタイプの軽貨物ドライバーもいます。

  • 要は基礎固めが大事。

ドライバーを単なる商品として露骨に考えいる軽貨物会社もあります。

軽貨物業界では教育熱心な会社に見えても、荷主様と直接渡り合える営業手法については誰も教えてくれません。

  • 意図的に
  • 計画的に
  • 継続的に

実はこれが大事です。

軽配送の仕事を通して個人事業主の軽配送ドライバーに必要な知識と技術と技能と態度を「意図的」「計画的」「継続的」に指導し、修得させたり、予習復習することが自分にとっても会社にとっても業務処理能力と力量の育成となります。

軽配送に限らず、自分のビジネスを飛躍的に発展させたいのであれメンターも必要です。

軽貨物のビジネスを指導してくれる、将来の目標となるような憧れの存在を見つけることができればドライバーとして飛躍できるかと思います。

もちろん、それは直感ですし、きっかけです。

メンターを見つけ、メンターの思考や考え方を肌感覚で学ぶことができれば、大いにビジネスにとってはプラスです。

時間は有限。使えるお金も有限です。

千葉県で軽貨物車を使って配送の仕事をしよう
千葉県の軽貨物シフタープロ統轄責任者

千葉県で軽貨物配送専門店シフタープロ便を運営する営業統轄責任者としてハンドルを握って実運送する軽貨物配送セールスドライバーとしての事業展開する準備段階の奮闘と成功術の備忘録ブログです。

▶︎軽配送は経験知識から思考へ尺度対応の時代に

宅配会社などの配送ドライバー上がりではなく、若い頃より外資系メーカーでの職歴や荷主メーカーの立場で商品開発や輸入貿易から販売チャネルの構築、日本全国への出荷発送業務、SCMの構築、倉庫在庫管理、商品販売の競争力を高める流通と物流の仕組み作りを25年間ほど経験してきました。

物を作る、物を売る、物を送る、といった仕組み作りと物流や起業に興味を持ち続けている1人です。

軽貨物車を使った加温輸送や冷蔵輸送や常温輸送の仕事を請け負い、荷主様や元請け会社様や協力会社様と共に様々な軽配送仕事を覚えることに楽しみを感じ、千葉県を軸として、配送業務を一つ一つ熟しながら事業性の価値を検証しております。

軽貨物運送会社では軽の貨物車を使った運搬配送の需要増はインターネット通販の普及によるものだと単純に勘違いしている配送業者が見受けられます。

軽配送のニーズ拡大は決して先駆の軽配送会社による営業功績でもありませんし、単純にインターネット通販が普及したからでもありません。

我が国がIT技術の変革で産業構造や行政と個人のライフスタイルそのものが社会全体で変化をし、過去のように大手企業だけでなく「地方の中小企業や零細企業にもSCMの構築が仕上がりつつある」ことがきっかけです。

運送会社の大手企業や中小企業、配送業界の末端である個人事業主の業務請負ドライバーに向けられた貨物運送の「納品仕事ニーズが細分化」され、それが需要拡大したかに見えているだけなのが現状であるとシフタープロは捉えます。

配送ニーズの細分化は、地場で末端の配送業者である軽貨物運送会社や個人事業主の軽貨物ドライバーが従来のようなドライバーの数やネットワーク組織力という仮想規模の営業サービスでは通用しない配送時代になることを意味しています。

当然、茶髪や髭やピアスや眉剃り、タバコ喫煙のドライバーは時代の流れと共に荷主様や荷受人様や元請け会社様から淘汰され始めています。

過去はそういうドライバー品質でも通用していましたが、配送ニーズの細分化によりそういう品質のドライバーやドライバーファーストの意識を持つような事業者や事業主は先細りするでしょう。

誰でも構わずドライバー人材を寄せ集めしてドライバーからマージンをピンハネすることが商売の軸となっている軽配送のネットワーク組織や組合やフランチャイズの営業組織など数で勝負できていた企業体も、今日では、荷主様や元請け会社様からは品質の悪いドライバーの多さで信頼や信用面が欠如し、ドライバー品質の乱れがクローズアップされ、誤魔化しができずに営業的に淘汰され始めています。

自営業ドライバーはドライバーファーストという甘さを捨て、身近にいる配送ドライバー同士が荷主様ファーストの観点で責任ある業務情報を共有し、フリーランスや副業ではないプロの心構えなど、ハイレベルに配送ドライバー個々の接客応対や納品対応の能力が問われてきます。

この結果、個人事業主の軽貨物運送ドライバーの業務全般は「経験知識から思考への尺度対応」が求められる新しい時代になることでしょう。

▶︎捨ててならぬは義理

軽配送の事業で隠れざる大切な要素はドライバーは量より質という点だと考えられます。

ただし、配送ドライバーの職はどんなに能力があろうとも1日をフルに頑張っても人一人では一人分しか稼ぐことができません。

配送の仕事で稼げるのは配送ドライバーですが、儲かる、儲けるのはその配送ドライバーの使用人である軽配送の請負会社という図式です。

商売では儲けも稼ぎも大事です。しかしながら、個人事業主の配送ドライバーは労働で稼げても儲からない職であり、仕事をした分だけを稼げる仕事であることを心底で理解しなくてはなりません。

とどのつまり、多くの自営業ドライバーは割に合う合わないだとか請負している仕事の不平不満を語り、仕事の旨味だけを案件に追い求めてしまうようなドライバーになってしまうのが実態です。

ストレスに打ち勝ち、軽配送ドライバーとして実直に仕事で稼げるようになるには、未熟に不平不満を語ることではなく、新しいことを覚えながら瞬発力と柔軟性を磨き上げ、他人ではない自分の才覚で懸命に難しいことを打破するといった心意気が必要です。

そして義理を大事に信頼し合える協力パートナー業者と仲間ドライバーの存在、メンターや指導者の存在も大切です。

全国の無印軽貨物運送業ドライバーが活躍する時代へと必ず突入します。

千葉県の軽貨物シフタープロ統轄責任者をフォローする
千葉県 | 軽貨物運送の業者 | 委託
広告
ブログで千葉県の軽貨物配送専門シフタープロが語る!軽貨物運送の検証BLOG。
error:Content is protected !!