千葉県の軽貨物配送ドライバーとして常に2年後の成長を見込んだ仕事の覚え方。

軽貨物の仕事 千葉のシニアドライバー千葉県 | 軽貨物運送の業者 | 開業
広告

自分を高めた仕事ができる個人事業主の軽貨物配送ドライバーへと成長し、自分が理想する稼ぎ方、自分が求める稼ぎの額、自分が求める安定した稼働、自分が求める仕事環境を「いつ」手に入れることができるのか。

今日の仕事は2年後の自分に役立っているだろうか。私はいつもそのように自己成長を頭の片隅に置きながら軽貨物の配送仕事をさせていただいております。

副業ドライバーやフリーランス風のドライバーではなく、本職のプロ軽貨物配送ドライバーの場合には千葉のみならず地域性でも働く姿勢に違いはあるにせよ、荷主様や請負の協力会社や荷受人様からの信用だけではなく、信頼される軽貨物ドライバーへとステップアップすることを念頭に置き、日々、繰り返し、担当する仕事と仕事する姿勢を実直に学びながら稼働したいものです。

軽貨物ドライバー中心にビジネスは動いていませんので、荷主様と荷受人様のお役に立ってなんぼです。私の場合は元々の職がメーカー荷主の立場で長く仕事をしていたこともあり「お客様は神様」というスタンスが大事であることを理解しています。

  • 欠車しない。
  • 30分前行動。
  • 接車時間を守る。
  • 早配をしない。
  • 遅配をしない。
  • 報告する。
  • 連絡する。
  • 相談する。

千葉県の軽貨物シフタープロ便を運営する上で各ドライバーがこれらを厳守することが重要な事業ベースとなるわけですが、私自身も自らハンドルを握る本職の軽貨物ドライバーの1人として、年間を通し、これらの徹底を心掛けています。

欠車や遅刻、これらは一回でも怠ってはいけません。もちろん、早配や遅配も良くないことですがそれはあくまで稼働中の出来事なので様々な要因があるものです。しかし、欠車や遅刻は仕事中のことではなく、社会人として不適合と見なされます。

社会人として欠車や遅刻をしないことは当たり前のことではあるものの、年間で私のように週7で朝型、昼型、夜型でランダム稼働しているような軽貨物ドライバーがこれらを守り抜くのは相応に努力が求められることです。

一年間で一回なら寝坊や渋滞で遅刻してもよい、と思っていたらそのドライバーも仕事を失いますし、請負業者も仕事を失います。

もちろん、プロとしてこれらをミスした際には言い訳も一切通用しません、欠車や遅刻は仕事を失い、ペナルティも生じます。

業務請負の性質を肝に命じ、荷主様との信用や信頼とはそういうことをコツコツと守ることから始まる世界であると考えます。

もちろん、このようなことを考えずに単に荷物を集荷して単に荷物を届けるだけでも稼ぎや収益になりますが、所謂「できる」ドライバーの場合はこういったところでも意識の違いが明確であり、荷主様や荷受人様から信用と信頼を寄せる働き方をしていると千葉県の軽貨物シフタープロでは真面目に考えています。

軽貨物車で荷物を運び届ける軽貨物ドライバーには、社員ドライバー、アルバイトドライバー、業務委託ドライバー、など雇用形態の違う軽貨物ドライバーが配送現場に入り乱れていますが、基本、荷主様に代わって荷受人様に荷物をお届けするのが仕事であり、役目であったり、役割であったりします。

荷主様が企業の場合、配送ドライバーは荷主様やその仕事の関係先に信用されるだけでなく、ドライバーの信頼により荷主様の取引がリピートされることまで意識する実直さや真面目さも大事です。

些細なことですが荷物を受け取った荷受人様から「感じのいい配送ドライバーでした」というクチコミによる評価や評判も荷主様の営業スタンスを後押しする上では大切なことです。

私は前職で20年以上、メーカー荷主として仕事をしていた際にそう感じておりました。物販の会社では荷造り送料などでコストを使い、配送ドライバーの評価は荷造り送料の評価でもあり、目に見えないところで事業計画に織り込まれています。

軽貨物ドライバーの信頼は、時間通りにモノを一回届ければ良いだけではありません。

年間を通して事情問わずに遅刻を一回もせず、言葉使いも丁寧に、仲間と明るく接し、誤配を注意し、報告と連絡と相談を守る働き方は基本中のキホンです。スピード納品より意識するべきことは沢山あります。

また、報告と連絡と相談はかなり大切なので、慣れてきた頃合いから自己判断でスタンドプレーをしないようにします。自分の仕事ではなく、荷主様や所属会社の仕事である意識を持って仕事を担当するものです。

そして、周囲の軽貨物ドライバーとタブーな会話を絶対にしてはいけません。特に「働いているお金」のことです。

複数人が稼働する配送現場では、同じ仕事を担当していても、いろいろな業者を介して仕事請負が成立しており、もちろん、業務委託や社員やアルバイトなどで日当や時給も異なりますから、お金の話を「一回でも」してしまうとその現場では不公平感が拡がります。

業務請負ドライバーがドライバー同士で料金関係の話をするのは絶対にタブーとされていますが、自分の担当仕事を自分の仕事であると勘違いしている軽貨物ドライバーが調子の乗ってしまってペラペラと周囲に聞き話す社会人らしから者もいます。同調せぬよう注意も必要です。

プライベートと仕事の境界線を守るなど、会社の外部と内部からバランス良い信頼を得るには信用の積み重ねでしか築けません。

業務委託の軽貨物ドライバーはサラリーマンではなく成果主義です。安定性を重視す本職の軽貨物ドライバーにとっても高単価や高収入も魅力ですが、案件のお金のことばかり目先で考えているようでは副業やフリーランス風で稼働している巷の軽配送ドライバーと同じレベルだと荷主様から見做されてしまいます。

受注や会社や仕事や事業は生き物です。荷主様の経営も良い時や悪い時がもちろんあります。事業に未来永劫などありません。

業務委託の個人事業主軽貨物ドライバーはフラフラと配属先を変えず、一定の配送組織で腰を据えつつ信用を安定させることも大事でしょう。

同一の定期案件で働くと仕事は幅広覚えられません。働きながら修行する意味を持たせて、できるだけいろいろな荷主様の案件で稼働しながら「この先」軽貨物ドライバーとして底力を持った実力を身に付けていく働き方が最善です。

信頼、臨機応変で不平不満を言わないで済むマルチな実力の有無が軽配送の仕事で人よりも多く稼ぎ抜くチカラとなります。

かなり大事なテーマとなります。仕事を覚え始めると天狗になる軽貨物ドライバーも見かけますが、そういったメッキや背伸びは長く通用しません。

個人事業主の軽貨物ドライバーは所属で腰を据え、いろいろな荷主様、いろいろな時間帯、いろいろな曜日、色々なエリア、で場数を踏んでいくことが成長過程で大切なことと思います。

仕事を一通り覚え、実力アップするなら目指すべきは2カ年計画かと思われます。良い案件を探すのではなく、良い案件を仕事できる実力を身につけて営業するわけです。

千葉県で軽貨物車を使って配送の仕事をしよう
千葉県の軽貨物シフタープロ統轄責任者

千葉県で軽貨物配送専門店シフタープロ便を運営する営業統轄責任者としてハンドルを握って実運送する軽貨物配送セールスドライバーとしての事業展開する準備段階の奮闘と成功術の備忘録ブログです。

▶︎軽配送は経験知識から思考へ尺度対応の時代に

宅配会社などの配送ドライバー上がりではなく、若い頃より外資系メーカーでの職歴や荷主メーカーの立場で商品開発や輸入貿易から販売チャネルの構築、日本全国への出荷発送業務、SCMの構築、倉庫在庫管理、商品販売の競争力を高める流通と物流の仕組み作りを25年間ほど経験してきました。

物を作る、物を売る、物を送る、といった仕組み作りと物流や起業に興味を持ち続けている1人です。

軽貨物車を使った加温輸送や冷蔵輸送や常温輸送の仕事を請け負い、荷主様や元請け会社様や協力会社様と共に様々な軽配送仕事を覚えることに楽しみを感じ、千葉県を軸として、配送業務を一つ一つ熟しながら事業性の価値を検証しております。

軽貨物運送会社では軽の貨物車を使った運搬配送の需要増はインターネット通販の普及によるものだと単純に勘違いしている配送業者が見受けられます。

軽配送のニーズ拡大は決して先駆の軽配送会社による営業功績でもありませんし、単純にインターネット通販が普及したからでもありません。

我が国がIT技術の変革で産業構造や行政と個人のライフスタイルそのものが社会全体で変化をし、過去のように大手企業だけでなく「地方の中小企業や零細企業にもSCMの構築が仕上がりつつある」ことがきっかけです。

運送会社の大手企業や中小企業、配送業界の末端である個人事業主の業務請負ドライバーに向けられた貨物運送の「納品仕事ニーズが細分化」され、それが需要拡大したかに見えているだけなのが現状であるとシフタープロは捉えます。

配送ニーズの細分化は、地場で末端の配送業者である軽貨物運送会社や個人事業主の軽貨物ドライバーが従来のようなドライバーの数やネットワーク組織力という仮想規模の営業サービスでは通用しない配送時代になることを意味しています。

当然、茶髪や髭やピアスや眉剃り、タバコ喫煙のドライバーは時代の流れと共に荷主様や荷受人様や元請け会社様から淘汰され始めています。

過去はそういうドライバー品質でも通用していましたが、配送ニーズの細分化によりそういう品質のドライバーやドライバーファーストの意識を持つような事業者や事業主は先細りするでしょう。

誰でも構わずドライバー人材を寄せ集めしてドライバーからマージンをピンハネすることが商売の軸となっている軽配送のネットワーク組織や組合やフランチャイズの営業組織など数で勝負できていた企業体も、今日では、荷主様や元請け会社様からは品質の悪いドライバーの多さで信頼や信用面が欠如し、ドライバー品質の乱れがクローズアップされ、誤魔化しができずに営業的に淘汰され始めています。

自営業ドライバーはドライバーファーストという甘さを捨て、身近にいる配送ドライバー同士が荷主様ファーストの観点で責任ある業務情報を共有し、フリーランスや副業ではないプロの心構えなど、ハイレベルに配送ドライバー個々の接客応対や納品対応の能力が問われてきます。

この結果、個人事業主の軽貨物運送ドライバーの業務全般は「経験知識から思考への尺度対応」が求められる新しい時代になることでしょう。

▶︎捨ててならぬは義理

軽配送の事業で隠れざる大切な要素はドライバーは量より質という点だと考えられます。

ただし、配送ドライバーの職はどんなに能力があろうとも1日をフルに頑張っても人一人では一人分しか稼ぐことができません。

配送の仕事で稼げるのは配送ドライバーですが、儲かる、儲けるのはその配送ドライバーの使用人である軽配送の請負会社という図式です。

商売では儲けも稼ぎも大事です。しかしながら、個人事業主の配送ドライバーは労働で稼げても儲からない職であり、仕事をした分だけを稼げる仕事であることを心底で理解しなくてはなりません。

とどのつまり、多くの自営業ドライバーは割に合う合わないだとか請負している仕事の不平不満を語り、仕事の旨味だけを案件に追い求めてしまうようなドライバーになってしまうのが実態です。

ストレスに打ち勝ち、軽配送ドライバーとして実直に仕事で稼げるようになるには、未熟に不平不満を語ることではなく、新しいことを覚えながら瞬発力と柔軟性を磨き上げ、他人ではない自分の才覚で懸命に難しいことを打破するといった心意気が必要です。

そして義理を大事に信頼し合える協力パートナー業者と仲間ドライバーの存在、メンターや指導者の存在も大切です。

全国の無印軽貨物運送業ドライバーが活躍する時代へと必ず突入します。

千葉県の軽貨物シフタープロ統轄責任者をフォローする
千葉県 | 軽貨物運送の業者 | 開業
広告
ブログで千葉県の軽貨物配送専門シフタープロが語る!軽貨物運送の検証BLOG。
error:Content is protected !!