軽貨物ドライバーが仕事で失敗しない究極のノウハウは報告と連絡と相談の必要性を認識しておくこと。

チャーター便

報告と連絡と相談ができない人は軽貨物ドライバーになる資格は無い。報告と連絡と相談ができることが軽貨物ドライバーになれる条件である。報告と連絡と相談をタイミングよくできる能力こそ軽貨物ドライバーの実力とも言えます。

配送の仕事は私たち軽貨物ドライバーのためにあるものではありません。

厳密に言えば、軽貨物ドライバーが運び届ける荷物によって、輸送ドライバー、運送ドライバー、配送ドライバー、という異なった仕事センスで業務をするわけですが、軽貨物ドライバーが請負する仕事の多くは「配送ドライバー」としての業務だと意識するとよいでしょう。

私たち業務請負の軽貨物ドライバーが輸送や運送や配送をしているモノは、メーカーや荷主企業によってモノが研究開発され、モノが生産され、モノが保管され、モノが営業され、モノが売られ、モノが買われ、そしてモノは消費者や荷受け人に届けられる流れと言えます。

そして、モノは届けられて、はいおしまい、ではありません。

顧客などの荷受け人に届けられたモノは、使用され、消費され、そしてその後も荷主企業やメーカーによってアフターサポートされます。

確かに私たち軽貨物ドライバーの役割はモノを運び届けること以上でもそれ以下でもありません。

ただし、荷主企業の事業の中で発生する配送ニーズで仕事をさせて頂いているということも忘れてはいけません。

ドライバーファーストなど根本的にあり得ないわけです。

無論、軽貨物配送の仕事はボランティアではありません。きちんと荷物を運び届けた業務の対価としてドライバーはお金を頂く仕事であり、ドライバーは発注者に指図された通りにモノを運び届けるだけのことです。

もちろん、配送の仕事を無理に難しく考える必要は何一つとありませんが、経営戦略のこと、事業戦略のこと、ビジネス的なことに関して多くの軽貨物ドライバーが無知であったり見識がなかったりと思われます。

これはこれで少し恥ずかしいことです。

配送ニーズはかなり細分化され始めている時代ですから、軽貨物ドライバーも一般企業の従業員などと同様に経営や事業についても学んでおかなくてはならないシーンが増えています。

その中でも配送ドライバーの場合、特に運送費に関してだけはきちんと頭の中で意味合いを理解しておくべきとなります。

軽貨物ドライバーはモノを作る企業の事業内における「4つのどれかの運送費」のコストで働いています。

千葉県のシフタープロ軽貨物便のように考えられた配送を検証する軽貨物配送業者は日本全国でも随一とは思われますが、軽貨物ドライバーの仕事自体、特段の知力を持たずとも、身体を動かした労働だけでお金やスキルを稼ぐことも十分可能です。

ただし、そのような知力の弱い営業弱者ドライバーのままでは、我が国の景気にふわふわと収入が左右されてしまったり、特需に踊らされてしまったりなど、仕事請負で肝心な「自分にマッチした美味しい案件」を自分の手に入れることはなかなかできません。

配送の問い合わせ
error:Content is protected !!