脱サラ気分や副業気分ではない運送業の軽貨物ドライバーに職業訓練は要らない。

千葉県の軽貨物|運送業

軽貨物の運送業を営んでいる名のある法人会社の中には経営陣が荷物も運ばずに運賃ピンハネ欲しさに多重下請けの仕事案件をSNSやマッチングの求人サイトで右から左に仕事を丸投げして誰でも構わずにドライバー募集を繰り返し、教育するから大丈夫だとか頑張り次第でお金を稼げるなどと語って脱サラを煽る無責任な業者もあると聞きます。

業務委託の責任と魅力。

軽貨物ドライバーの求人募集は中型トラックや大型トラックの運送会社による真面目な雇用ドライバー募集とは異なり、実態が社員雇用やバイト雇用ではない業務委託です。

要するに下請けドライバーの募集です。

下請けと言うと聞こえが悪いのでそういう言葉は使わないように誤魔化しつつ委託ドライバーの募集を軽貨物運送業の法人会社では繰り返しています。

脱サラというワードで軽貨物ドライバーの仕事を始めた人や始めようとしている人の話もちょくちょく聞きますが、その多くが業務請負という立場で仕事を受注し続けることの現実を知らず、事業計画書や収支計画も書かず、軽貨物委託会社の面接で煽られて個人事業主ドライバーという自営業を始めてしまっています。

私は脱サラという言葉を使うような個人事業主ドライバーへの転職は良いことだと思いません。

探せば良さげな仕事は世の中に沢山ありますし、まして過去に自分で選んで就職して世話になった勤務会社であるにも関わらず勤務先が嫌になったとか、サラリーマンの立場が嫌になったとか、そういう次元で自営業の軽貨物ドライバーへ転職するという動機では個人事業主のドライバーになったとしてもやはりうまくいかないと感じます。

  • 何年続けるのか。
  • 何年続けたいのか。

軽貨物ドライバーへの転職に関しては正直なところ、せっかく社員雇用で就職できていた会社があるのに、社員雇用で勤務できる会社がせっかくあるのに、そういった状況下でわざわざ業務請負で働くような軽貨物ドライバーの職を選んで自営業への挑戦を始めるというのは些か疑問です。

転職や再就職のきっかけは人それぞれどうであれ、転職や再就職で後悔しても元の生活に戻れないのは言うまでもありません。

転職での失敗はお金の損得だけでもありません。

自営業ドライバーになる資格のないような人が自営業の業務委託ドライバーになってしまうと何をどう失敗するのか明確に考えておくべきで、宅配業の軽貨物ドライバーになるのか、運送業の軽貨物ドライバーになるのか、その線も一緒くたにしない方が良いでしょう。

軽貨物運送ドライバーの仕事を新人で始めようとする際、動画やSNSやネット情報で自分に都合よく自分ファーストで仕事を解釈したり、ありきたりのデメリット情報を集めて知ったかぶってもプラスには反映できず頭でっかちなドライバー業者になるだけなのでやがてフリーランス風の浮遊ドライバーと化すでしょう。

error:Content is protected !!