下請けの軽貨物配送ドライバーに横柄な態度をとる荷主社員と下請けへのパワハラやモラハラの話。

千葉県の軽貨物 モラハラとパワハラ
広告
軽貨物チャーター (軽貨物配送) 専門ブログ
広告

業務請負の軽貨物配送ドライバーは仕事で嫌な思いをすることもあります。権力や役割を与えられた人間は次第に理性の歯止めが利かなくなって暴走することがあるからです。

軽貨物配送の職場でのパワハラやモラハラについてブログで語ります。過去の新聞やテレビのニュースでも軽貨物ドライバーの失踪や仕事ストレスからの事件などを耳にしたことがありますが、真面目に生き抜く個人営業の軽貨物ドライバーを守るためにも、職場で親事業者による下請けいじめ、同僚によるモラハラやパワハラ等を「絶対に」認めてはいけません。

会社経営の経験がない者は、社員や外注業者は大きな伸び代を持った宝であり、会社と事業展開を支える大事な宝でもある、という大事なことを知らないでしょう。教育こそが重要です。

経営の責任者や事業責任者は、日本全国の顧客と仕事関係者の相手と真剣に向き合いながら、プロとしてモノの技術やサービスや価格の追求だけではなく「人の心を確かめて」関係者を尊厳しながら成長しあい、強力な仕事仲間を築きます。

人材や業者に従属品なんか居ません。

また、経営者ではない従業員が同僚や下請け業者など人の合否を寄ってたかって軽々しく語ってもいけません。

「あいつは使えない」「あいつはダメだ」という従業員個人の中にある基準と会社にある常識で、仕事が不慣れな動きをする新人や下請け業者を判断するような教育のチカラを持たない企業は、事業全体が頭打ちであったり、調子は早々にポジティブに働かなくなることでしょう。

人材や業者関係者は事業展開において必要不可欠な宝です。そして、顧客は働く人の心を確かめているものです。

新入社員や新入りは、新人研修時における指導担当者の仕事ぶりと教育で基準ができてしまうものですが、新人の扱いはかなり注意が必要です。

指導担当者の責や落ち度を問わずに、のちに新人の仕事不慣れを「あいつは使えない」「あいつはダメだ」というモラハラやパワハラへ移行させるケースも現実にあろうかと思います。

error:Content is protected !!