軽配送ドライバーが効率良くお金を稼ぐ方法は社会人としての自覚と仕事案件を選り好みしない才覚を身につけること。

軽貨物配送ドライバーの才覚と年収 【軽貨物運送の検証ブログ】チャーター便

個人事業主の軽配送ドライバーとなり、自分で生計を立てて自立するには自分が社会人であることを認識しなくてはなりません。

私は軽貨物配送ドライバーのレベルは長年の運送経験よりも、社会人である自覚と才覚ありきだと思っています。

「才覚」

  • 知恵のすばやいはたらき。
  • 機転。
  • くふう。
  • 思いつき。

個人事業主ドライバーの中でも才覚ある軽ドライバーは要するに仕事ができる人です。

この才覚があれば人よりも稼ぐ素質があると言って過言でも大袈裟でもありません。

最強ドライバーとも言える才覚のある個人事業主ドライバーならば、老舗の荷主や大企業の荷主が特有で難しさをもっている新規事業開発の失速や頓挫をも、外注での配送部門の立場から事業支援することも可能とします。

俗に言う有力企業とも言える老舗や大企業は勃興期を過ぎており、会社の事業そのものは安定期に入っています。

このことからも、老舗や大企業の経営層も実層も外部に対するハングリーさの気迫は無いに等しいです。

中小ベンチャーや起業家の気迫さとは大違いです。

素早く意思決定し、意見を言える個人事業主ドライバー兼セールスドライバーが有利にできること。

個人事業主ドライバーの立場は外注である以上、自分の損得を忘れる訳にはいきませんが、仕事柄、売れ行きの商品に触れる機会もありますので、好奇心を持って売れる商品の理由を学んでいけば、「物を運ぶ」配送の事業も安定と成功に導けると考えます。

社員以上に会社のことを真剣に考える外注は非常に少ないのも現実ですが、才覚ある外注ドライバーならば、納品仕事を通じて、顧客の課題と荷主の課題が社員とは異なる外部からの見え方ができるでしょう。

外注ドライバーだからこそ客観的にお客様の意見を先入観なく真剣に「顔を見て」聞き入れることもできるわけです。

無論、その事業のマインドセットは荷主やメーカーや経営者の力量次第ですが、新規事業でニーズを掘り起こすなら、才覚ある軽配送ドライバーによる営業支援を受けることも既存事業のハングリーさの備えになるはずです。

配送の問い合わせ
error:Content is protected !!