長期活躍して稼げるのは酸いも甘いも噛み分ける経験豊富な軽貨物ドライバーだけである。

冷蔵食品の配送と千葉県の軽貨物 【軽貨物運送の検証ブログ】業務委託の実態

業務委託の配送ドライバーは経験年数ではなく、苦い経験も甘い経験も精通しているからこそ、長期活躍して稼げるようになる。

配送仕事は覚えるだけで稼げるようになるのか。配送仕事の内容はどうやって誰に教わるのか。配送仕事にコツはあるのか。

業務委託ドライバーが悠長にそんな感じのことを言ってるようではお金など残らず、疲れと不安しか残りません。

矛盾し、個人事業主という立場であるにも関わらずして収入の安定や仕事安定を求めるようなご都合主義の妙な軽配送ドライバーさんも世の中には居そうですが、個人事業で収入を安定成長させるには相応に長期活躍できるドライバー能力や技能、言葉遣い、愛想や身嗜み、営業で通用する能力や人間力や人格、仕事と戦う意識や社会貢献の意識をきちんと身につけなければなりません。

物を届けて、はい、おしまい、という意識で配送業務をしているといつまで経っても売上収入を維持するのがやっと、個人事業主ドライバーにとって中長期で底力となる大事なスキルを学べません。

稼ぐ個人事業主ドライバーにとって大事なことは配送スキルではありません。個人事業主として健康経営のスキルです。

納品するとき手に持ってる荷物についてどんな商品なんだろうと素朴に疑問を感じるよう意識して配送したり、納品する建物の構造であろうと、納品場所の地名由来であろうと、荷受人様の名前に関する漢字の由来であろうと、色々と興味を持って学んだり覚えたりしながら荷物を届け続けて仕事をしなければ、プロとして先を見越して自分がやるべく案件を見極める力も育たず、優れた自営の能力や底力も身につきません。

それができなければ長期活躍はできないと私は考えます。

ミスをしない配送だとか、挨拶や身嗜みに細心の注意をするとか、そういうことは意識すればどうにかできることですが、「考えられた配送作業」というのは意識をしなければできません。

  • 究極に考えられた配送を心掛けるべきか。リラックスして仕事をすべき時期か。ストレス負荷をかけて仕事を覚える時期か。

個人事業主となって働く理屈でもありますが、自分で働きたい時に働けるのが自営業の魅力であり、何歳になっても仕事ができることへの安心が欲しいために個人事業主となるわけです。

いま、開業して個人事業主ドライバーとなろうとしている人の中で、そもそも、長期活躍ができない能力の人は開業ドライバーになるのを断念し、無謀な挑戦は辞めた方が良いです。

error:Content is protected !!