軽貨物運送業が長期活躍で稼げるのは酸いも甘いも噛み分ける軽貨物ドライバーだけである。

冷蔵食品の配送と千葉県の軽貨物 【軽貨物運送の検証ブログ】業務委託

業務委託の配送ドライバーは経験年数ではなく、苦い経験も甘い経験も精通しているからこそ、長期活躍して稼げるようになる。

ドライバーファーストでは駄目。

配送仕事は覚えるだけで稼げるようになるのか。配送仕事の内容はどうやって誰に教わるのか。配送仕事にコツはあるのか。

業務委託ドライバーが悠長にそんな感じのことを言ってるようではお金など残らず、疲れと不安しか残らない。

矛盾し、個人事業主という立場であるにも関わらず収入の安定や仕事安定を求めるようなご都合主義の妙な軽配送ドライバーも世の中にはいる。

個人事業で収入を安定成長させるには相応に長期活躍できるドライバー能力や技能、言葉遣い、愛想や身嗜み、営業で通用する能力や人間力や人格、仕事と戦う意識や社会貢献の意識をきちんと身につけなければならない。

物を届けて、はい、おしまい、という意識で配送業務をしているといつまで経っても売上収入を維持するのがやっとで、個人事業主ドライバーにとって中長期で底力となる大事なスキルを学べない。

稼ぐ個人事業主ドライバーにとって大事なことは配送スキルではなく、個人事業主として健康経営のスキルだ。

納品するとき手に持ってる荷物についてどんな商品なんだろうと素朴に疑問を感じるよう意識して配送したり、納品する建物の構造であろうと、納品場所の地名由来であろうと、荷受人様の名前に関する漢字の由来であろうと、色々と興味を持って学んだり覚えたりしながら荷物を届け続けて仕事をしなければ、プロとして先を見越して自分がやるべく案件を見極める力も育たず、優れた自営の能力や底力も身につかない。

それができなければ長期活躍はできないと私は考える。

ミスをしない配送だとか、挨拶や身嗜みに細心の注意をするとか、そういうことは意識すればどうにかできることですが、「考えられた配送作業」というのは意識をしなければできません。

  • 究極に考えられた配送を心掛けるべきか。リラックスして仕事をすべき時期か。ストレス負荷をかけて仕事を覚える時期か。

個人事業主となって働く理屈でもありますが、自分で働きたい時に働けるのが自営業の魅力であり、何歳になっても仕事ができることへの安心が欲しいために個人事業主となるわけです。

いま、開業して個人事業主ドライバーとなろうとしている人の中で、そもそも、長期活躍ができない能力の人は開業ドライバーになるのを断念し、無謀な挑戦は辞めた方が良いです。

会社経営者や個人事業主に給与はありません。あくまで、報酬です。

業績が悪いのはもちろん経営者や事業主の責任です。業績が良ければ経営者や事業者の成果と言えます。

間抜けにも頑張れば頑張った分だけ稼げるだとか思っていたり、そういった雇われ感覚は捨てて、根本的に地に足つけて自営する意識を持つべきでしょう。

また、自営ができていない個人事業主軽貨物ドライバーは営業せずに仕事案件をバイト感覚で探そうとしています。

場当たり的に仕事のマッチングサイトや掲示板などを、四六時中、暇があれば睨めっこして一喜一憂している残念な感覚の個人事業主ドライバーさんもいるようです。

6,000円の配送案件を探すから稼げるのではありません。

12,000円の配送案件を探すから稼げるのではありません。

15,000の配送案件を探すから稼げるのではありません。

18,000の配送案件を探すから稼げるのではありません。

25,000の配送案件を探すから稼げるのではありません。

自由業ではない自営業、個人事業主のドライバーですから、ひたむきに努力が続けられる人だけが安定して稼いで長期活躍ができる、ということを肝に銘じておかなくては上手に稼ぎ続けるなどあり得ません。

個人事業主ドライバーの努力についてですが、一個届けて幾らみたいなお駄賃を貰うために汗水を垂らして死物狂いで街中を1日中ずっと走って毎日毎日100個とか200個とか配達することが努力とは言えないでしょう。

納品が早いとか、そんな人はゴロゴロといます。努力でも何でもなく自慢にすらなりません。

疲れていても上手に会話する配送ドライバー、忙しくてもアイディアが豊富な配送ドライバー、配送スキルの向上を努力しているドライバーは荷主企業様や取引先で重宝されます。

しかしながらそれはそれで単にモテているだけで、個人事業主の健康経営としてその余裕はゆくゆく足元を掬われることへと繋がります。

配送の仕事はエンドレスです。

今日の仕事でも荷物が届いたと喜ばれ、明日の仕事でも荷物が届いたと喜ばれ、365日、荷物の到着を待っている人に「喜ばれる配送」をするのが業務委託プロ軽貨物ドライバーだと感じます。

個人事業主が長期活躍するには常に向上することが求められ、事実、これは正直そこそこ疲れるでしょう。

頑張ると腰にきます。腕にきます。足にきます。肩にきます。

これが1日寝て解消できれば話は簡単ですが、仕事ですので鞭を打って頑張ってしまうわけです。

ただ、やるからにはやる。社員ドライバーではない個人事業主ドライバーには実行力は原理原則です。

自分が決めたことを確実にやり続け、途中で言い訳を考えて逃げ出さず、裏切りや御法度をせず、荷主企業様と荷受人様、取引関係者のために努力を続けられるドライバーのみが長期活躍できるのです。

もちろん、お金も技術も最も稼げる業務委託ドライバーになることでしょう。

確かに、営業は簡単にマスターできるものではないので、頭の裏側まで積極性がないと全く話になりません。度胸も必要ですし野望も必要ですし、仕事くださいが営業ではありません。

仕事では、できなくて当たり前のことも沢山ありますが、個人事業主として大切なことは、できないからこそできるように積極的にメンターや仲間から学ぶ姿勢を持つことでしょう。

学べるのか、学べないか、それは二の次です。仕事人生は挑戦です。

error:Content is protected !!