軽配送の組織行動学を考える千葉県地域密着型のシフタープロ軽貨物、グループではない少数精鋭のチームワークという意味合い。

ブログで軽貨物 千葉で軽貨物のチームワーク
広告
広告

千葉県でも個人事業主の軽貨物ドライバーは自己中心的でなければ生き抜いていけません。巷では自分の売上至上主義でチームワークもグループワークも意識しないような軽貨物ドライバーが残念ですが大半です。

私たち千葉のシフタープロ便は軽配送業者として大切にするべき地元密着という軸を千葉県で守りながら、少数精鋭、数名でのドライバーチームワークで軽配送の仕事をこなしています。

千葉で実運送する軽貨物配送業者として、同業他社とは異なり、千葉県地域に活動を根差して基盤を定着させ、真面目にシンプルに配送業務をさせていただくことを事業運営のベースとしています。

世間では片足を突っ込んだレベルの副業ドライバーなども見受けられます。

多くの軽配送ドライバーが単独行動で自己中心的な動きを示す中、私たちシフタープロ便はグループや規模ではなく、ドライバー個人同士のチームワーク、意見を大切にしています。

軽貨物で儲かる儲けるを考える以前、お客様優先主義、仕事の楽しさ、仕事への感謝、こだわりとプライドを持ち、千葉県で地元の協力会社様と共に軽配送業務に励んでいるシフタープロ。

この軽貨物のブログでも何度か書いておりますが、軽貨物配送の業界は、ドライバーの求人募集が営業のようもので、しかも募集は社員ドライバーではなく業務委託の契約でピンハネが主体の軽貨物運送の事業会社が目立ちます。

個人事業主ドライバーを加盟もしくは傘下させて、業務委託という摩耶かしとも言える関係性のもと、社員のような扱いで下請けになる軽貨物ドライバーを、ネットスーパーや宅配便などの厳しい労働環境の定期案件に嵌め込むような内容の求人ばかりです。

個人事業主であることを裏腹に、多くの軽配送会社はグループワークの中で自己責任という無責任な言葉を業務委託ドライバーに対して使い、過酷な運動量の労働をシニア層ドライバーやミドル層ドライバーにさせているケースも少なくありません。

error:Content is protected !!