広告

千葉県で軽配送の法人経営する軽貨物ドライバー、自営業ではない組織の一員として取り組むスタンスの重要性。

広告
ブログで軽貨物 千葉で軽貨物会社経営の現役ドライバー千葉県版 | 軽貨物 | 稼ぎ実態
広告
広告

個人事業主のドライバーとは異なる軽貨物配送の会社経営と事業運営。軽貨物配送を取り扱う会社法人は、会社規模を問わず、その経営者の人望と人柄で取引が成り立っていると言って過言ではない。

軽貨物業界には私のように会社法人の経営で軽貨物配送部門を事業する者もいれば、会社法人ではないが自営業で仲間ドライバーと仕事シェアする者もいれば、自分個人の売上のためだけで仕事従事する個人事業主ドライバーがいます。

千葉県内でも、お客様や荷主や倉庫仕分けスタッフなどの文句をグチグチと言いながら仕事する軽貨物ドライバーや、配送業務中にYouTubeへ自分の仕事をアップロードしながら仕事するような者など、一般社会的に見たら業務への真面目さが欠ける内容の軽貨物ドライバーも見受けられます。

とは言ってもそれでも大半の軽貨物ドライバーは真面目に働いて頑張っています。

ただ、会社でも社員でもない個人事業主という軽貨物ドライバーは自分さえ良ければいいというレベルの人間が多く、全国の企業経営者のように、今、何と戦っているのか、どこに向かおうとしているのか、そういった強い志や意義を持たず、人任せの仕事しかできなかったり、嘘や誤魔化しが多い人間も見受けられます。

何故か、軽貨物ドライバーはそのような人が多いと言われています。

個人事業主ドライバー側では、1日いくら、時給換算でいくら、その内容でその金額は安い、集荷の距離が遠いから割に合わない、再配達がきつい、細かく指示されることを嫌う、などと様々に個人レベルでの声がありますが、現実、それらを束ねる軽貨物配送会社に於いてはそういった下請けドライバーの文句や意見など、会社経営上や運営上で本筋な課題ではありません。

どんな仕事でも良い案件もあれば、あまり利益に適さない案件もあることなど当然なわけです。

修行期間もしかりです。

これやる、これやりたくない、などと言う個人事業主ドライバーのようなわがままなど、荷主との取引では通用しません。世の中の経済や仕事や社会公共性は甘くはありません。

下請けの軽貨物ドライバー個人の言い分などは軽配送会社に経営にとってはどうでもよい話ではないが、個々の請負ドライバーの言い分や戯言など、二の次の話です。

何より、軽配送の事業会社経営では収益力を強化することが大事なことですので、中長期目標は、請ける運賃や料金の単価アップと稼働率向上をする2点は優先事項です。これが事業です。

安心や安全や真心を運ぶことが事業ではありません。

物販会社による全国展開のように、安物を薄利多売するのか、量より質の中身で勝負するブランド意識の販売なのか、事業ポジションの方向性も大事です。

軽配送事業会社でもドライバーを増やすことへ躍起になってしまっている会社もあれば、少数精鋭で質をきちんと重視する軽配送会社もあります。

しかし、収益力ではなく、軽配送会社において経営の基盤を強化する場合には、ドライバー人材の確保が何より必須となります。

ただ、なかなか人財と呼べるような人物は居ない世の中なので、皆、我慢しながらでも経営者は事業経営しているのも事実です。

もちろん、俗に言うアルバイトみたいに、自分が休みたいからシフトで人材が必要になるのではなく、軽配送の事業会社は、経営者による商売感への鼻息の違いはあるにせよ、ドライバーの定着と育成を目指しつつ、戦略的な営業展開を実践していくことになります。

個人事業主ドライバーのように自分さえ良ければという世界ではありません。

志、ビジョンです。

仕事の難しさですら前向きに能動的に考えて請け負い、目標に向かって自己の改革、魅力あるサービスをできる経営人物となって、魅力ある会社にしていきます。

ドライバーや人を増やしても魅力的な会社にはなりません。多くのお客様に認めてもらうという現実は、単に配送のスキルアップでもありません。

経営者が難しい仕事から逃げずに、会社としても厳しい事業環境に対応した強い会社にしていくスタンスが無ければ、勿論、事業チャンスをも作れません。

事業経営者は周りが成功するように色々なことを考えているものです。

軽配送事業において配送ドライバーが文句を言おうが言わまいが、ドライバーの稼ぎは仕事ありきです。黙ってやるしかありません。良し悪し、業務委託の軽貨物ドライバーは鴨葱状態です。

業務請負ドライバーの仕事は配属の軽配送会社から見れば、鴨が葱をしょってくる状態です。

嫌だと言っても仕方ありません。

慈善事業ではないので理解力をつける方が賢明です。

仕事案件というエサはまだかと営業行動や営業戦略もせずに口を開けてエサを待っている業務委託の個人事業主ドライバーばかりですので、それ自体が一端の自営業者としては失格に近いものの、その多くが既に飼い殺し状態なわけで、皆、軽配送の仕事環境に一つ二つの不満を持っていても当然で、上手に妥協しています。

稼げるという甘い誘惑、仕事ありますという募集面談、稼げますという求人、様々に甘い言葉で業務委託させる軽貨物会社ばかりなので、多くのビギナー軽貨物ドライバーはそのギャップに耐えられないようになります。

もちろん、甘い人間と言えば甘いだけですが、軽貨物ドライバーの世界であれ、強く仕事で生き抜くにはブレないで一つのことを学んでいくことが必須でしょう。

業務委託の軽貨物ドライバーが言う文句が日々どんどん大きくなる現実の現場もよく分かります。利用運送会社が丸投げする現場では特にそういう状況に陥ります。ピンハネ利用運送の営業姿勢は酷いレベルです。

大半の個人事業主軽貨物ドライバーは、どこかしらの配送会社に属している筈ですが、ドライバーの中には加盟金などのお金を払ってでも仕事を貰おうとフランチャイズのような組織に加盟するなどして自分の信用や信頼ではない他人の信用や営業力で仕事するレベルの人もいるでしょう。

それでも軽貨物ドライバーの中には、地域密着でお客様ファーストを貫いて無印軽貨物ドライバーとして強く生き抜くドライバーもいます。

私は全国のこういう方々を見習います。

ただ、双方、軽貨物のドライバーは自分ファーストの人間ばかりですので、根本的に配送仕事という社会公共性を理解していないドライバーは、やがて、口だけ番長となります。

自分で営業した仕事でもないのに文句や不平不満を言うようなゴロツキドライバーと化します。

他社ドライバーに案件の評判を軽々しく語ったり、引き抜きを尻軽で動いたり、横繋がりドライバー同士で案件の料金を語ったり、配送会社の悪評を言ったりなど、社会性の欠如が見られるドライバーや人間性自体が幼稚な人も見受けられます。

これらは単純にモラル欠如の人ですので、軽貨物ドライバーになる前職でも同様の生き方をしてきた部類の人間なので、急に性格は変わらずです。

そう、それであっても軽貨物配送の仕事はできてしまいます。

ただし、軽配送会社の経営者の場合にはそういった破落戸の姿勢は確実に通用しませんが、大手運送会社をドロップアウトしたようなドライバー上がりの経営者も多いので、成り上がりで肥えるための腹黒さを持った鼻息荒い経営者もいることでしょう。

軽配送会社の経営は個人事業主ドライバーとは責任する立場も仕事への思い入れも違い、やることも考えることも個人事業主ドライバーとは違います。そう、考えは真逆であることが通例です。

個人事業主軽貨物ドライバーと軽貨物事業会社の経営はwin-winで一緒のことを求めるのは矛盾となります。役割が違います。

軽配送業界で市場ポジショニングがどうであれ、配属会社での立場がどうであれ、案件現場での立ち位置がどうであれ、優秀な人材や人財と呼べる軽貨物ドライバーはなかなかいない。

優秀な軽貨物ドライバーというのはどういった人物像なのか。模範的なドライバーとはどういったスキルを持つのか。

配送経験が10年程度であれ、軽配送仕事の20年選手であれ、模範的なドライバーになれるとは限りません。たとえ現場で配送の仕事を長くやっていても、その上にある荷主や物流の仕組み作りの仕事に携わっていなければ、荷主と受取人の双方に対する模範ドライバーになる要素は見えないものです。

長く仕事をすれば豆知識は誰しも持ってますが、それは人としてのドライバースキルではありません。

優秀な軽貨物ドライバーとは、挨拶や愛想や集荷や納品や報告業務をきちんと熟すだけではありません。それは単なる個人ドライバーの仕事です。できて当たり前です。

究極の優秀軽貨物ドライバーとは仕事を楽しめる能力をもつ軽貨物ドライバーだ。人財です。

勘違いしがちだが、現場管理ができるから優秀というわけではない。仕事が早いから優秀というわけでもない。

楽しく仕事し、楽しく仕事させ、属する会社組織のために考えて行動でき、会社の為に役立っている軽貨物ドライバーこそ、優秀ドライバー、優秀な人材や人財と言えます。

もちろん、軽配送会社は人数や台数が多ければ多いほど、俗に言う、ハズレの重傷ドライバーもかなり多いです。

配送業者選び、軽貨物ドライバー選びは、会社規模やネーミング知名度の高さより、地域に根差した街の軽配送屋さんの方が親切丁寧で料金も納得というパターンが正解でしょう。

軽貨物配送会社は、下請けである業務請負ドライバーからのピンハネで会社が成り立っているだけなので、金儲け主義で鼻息の荒い経営者の軽配送会社ではドライバー募集ばかりをしています。

軽貨物会社の悪徳なケースでは、稼げますと煽ったり、学歴不問だったり、未経験歓迎だったり、などと、規模ばかり大きく見せていても社員ドライバーではなく、下請け業務委託契約の募集ですから、仕事の質などは関係なく、何でも募集ありの軽配送会社には特に注意です。

普通、社員は会社のために働くものですが、軽貨物業では、社員ドライバーであれ、業務委託のドライバーであれ、自分の稼ぎしか業務できない能力なわけです。

物売りのように一人で成績に良くない数十人分の人件費を稼いだり、会社に粗利を残せるレベルのドライバーはいません。

自分の仕事すら完結できない能力の人材もいるため、これに悩む軽配送の会社経営者も多いはずです。

できる軽貨物ドライバーの条件は、仕事は自分個人にあるわけではなく、組織の中にあるということを理解できる人物なわけですが、副業で軽貨物ドライバーをやってるレベルの偽ドライバーも多く、なかなか、軽貨物業界の行く末も微妙です。そろそろ改革や変革が進むことでしょう。

ネクタイ族であろうと、個人事業主軽貨物ドライバーであろうと、仕事で組織構造を考える機会を持つことは仕事スキルを高めるのに必要不可欠なことです。

仕事で日本全国販売網を組織構築してきた経験が20年ほどあったため、常にできる人材選び、指揮命令系統のベースを考えて仕事の全体像を見ています。

普通の軽貨物ドライバーには無縁かも知れませんが、社会の仕事で、指揮命令系統はかなり重要なことです。

会社社長など組織トップから一般社員やアルバイトなどの担当者までを組織階層にイメージをすることから組織は始まります。軽貨物ドライバーも組織の一員です。

ここで言う組織の意味合いですが、端的にいうと「誰が誰に報告すれば良いかを明らかにしておく」といったルールを機能させることが大事であるということを意味します。

役員であろうとも、管理職ではない社員であろうとも、業務請負であろうとも、仕事は「誰に対して何を報告すれば良いのか」を互いに厳守してこそマナーです。

個々の仕事は「誰に対して何の責任を負っているのか」を明確にする必要もあり、組織で管理し、各々の適性を見ます。

ワンマン経営の場合は社長自ら指揮命令することもありますが、優秀な人材不足で多くが「権限と命令系統」をうまく運用できずに困っている組織が多いと考えられます。時代は動きますのでリフレッシュも必要ですし。

人材の数不足、人材能力の不足、これが根本となって仕事の高効率を考えていくわけです。効率を考えていくと、部門のマネージャーなどが配下に指揮命令できるように権限を保持させる必要もあります。

これも失敗することが多々あります。

命令系統は一貫性のやり方もあり、直属1人、1人の部門マネージャー配下、直接責任を負う流れもあります。

組織の人数は別として、命令系統の一貫性は、強く、指揮命令系統が正しく運用するうえで重要なことと言われています。

部門や直属のスタッフ評価も正しくされやすい環境となってくるわけです。逆に言えばいい訳が通用しないので、スキルアップも目指せるようになります。

学ぶところ、反面では、組織行動のマネジメントは指揮命令系統、権限、命令系統の一貫性の必要性が弱まってきているとも言われています。

ITの進歩です。

指揮命令系統による指示ではなく、関係者の誰もが主体的に会社への提案や改善推進もできる環境や意識も整ってきています。

軽配送会社の経営者やマネージャーが指揮命令系統を考えるとき、どのような思想でビジネスを行うのかを念頭に入れておくことが重要でしょう。大事なのはビジョンです。

軽貨物配送の仕事ではドライバーの臨機応変な動きも重要な現場もあるため、指揮命令系統を強く保持する必要があるのかどうかは個々の案件プロジェクトで検討していきます。

本来、個人事業主ドライバーは営業を兼ねる軽貨物ドライバーですから、スキルやナレッジで業績変動するので、指揮命令系統を強くしない組織を構築していく必要性もあるわけです。

無印軽貨物ドライバー、個人事業主ドライバーや軽貨物配送会社の経営者はどこまで荷主や顧客や自身の組織を考えて、お客様ファーストに徹することができるのかが、強く生き抜いていく仕事力の一つと言えようか。

少数精鋭こそチカラと成り得る。

千葉県の軽貨物シフタープロ統轄責任者

千葉県で軽貨物シフタープロ便を運営する営業統轄責任者としてハンドルを握って実運送する軽貨物配送セールスドライバーが軽配送ドライバーとしての奮闘と成功術の備忘録ブログ。

日本シフター産業のシフタープロ便を事業展開する準備で武者修行する内容を配送ドライバードットコム事務局でBLOG公開しています。

▶︎軽配送は経験知識から思考へ尺度対応の時代に

宅配などの配送ドライバー上がりではなく、若い頃より外資系メーカーでの職歴や荷主メーカーの立場で商品開発や輸入貿易から販売チャネルの構築、日本全国への出荷発送業務、SCMの構築、倉庫在庫管理、商品販売の競争力を高める流通と物流の仕組み作りを25年間ほど経験しました。

「物を作る、物を売る、物を送る」といった仕組み作りや実務に興味を持ち続けている1人です。

軽貨物配送の仕事と事業に興味を持ち、冷蔵チルド対応の軽貨物冷蔵車に乗りながら荷主様や元請け会社様や協力会社様と共に、様々な軽配送仕事を覚えることに楽しみを感じ、配送業務を一つ一つ熟し、事業性の価値を検証しております。

軽貨物配送の業界では軽の貨物車を使った運搬配送の需要増はインターネット通販の普及によるものだと勘違いする配送業者が見受けられますが、今日の軽配送のニーズ拡大は決して先駆の軽配送会社による営業功績ではありません。

単純にインターネット通販が普及したからでもありません。

我が国がIT技術の変革で産業構造や行政と個人のライフスタイルそのものが社会全体で変化をし、過去のように大手企業だけでなく「地方の中小や零細企業にもSCMの構築が仕上がりつつある」ことがきっかけです。

運送会社の大手や中小、配送業界の末端である個人事業主の業務請負ドライバーに向けられた軽貨物運送の「納品仕事ニーズが細分化」され、それが需要拡大したかに見えているだけなのが現実だと捉えます。

新たな配送ニーズの細分化は、地場で末端の配送業者でもある軽貨物の配送会社や個人事業主軽貨物ドライバーが今までのようなドライバーの数やネットワーク組織力という仮想規模での営業サービスでは営業が通用しない配送時代になることを意味しています。

本業ではないような副業ドライバー、お金儲けや稼ぎのためだけで片足を突っ込む日雇い的なフリーランスの軽貨物ドライバーの無責任な業務も目立つようになりました。

もちろん、茶髪や髭やピアスや眉剃り、タバコ喫煙のドライバーなどは時代と共に荷主や荷受人や元請け会社から淘汰されつつあります。

更に、そういったレベルの人材寄せ集めで形振り構わずピンハネ商売をしているようなネットワークや組合やFCなどの軽配送組織も営業的に今後は淘汰されることでしょう。

個人営業の配送ドライバーを抱え込もうとする軽貨物配送会社も、これからの時代は単純な荷主ファーストではなく、荷主様と共に、荷主様のお客様で納品先である荷受人への「お客様ファースト」の心構えが重要です。

配送ドライバー同士が「お客様ファーストの観点」を共有し、プロの心構えを持つなどし、ハイレベルに配送ドライバー個々の接客応対や納品対応の能力が問われてきます。

軽配送の仕事種類も様々です。

食品やお弁当など冷蔵チルドの配送、チャーター便、ケータリング業務フォロー、家具輸送、単身の引っ越し、深夜や夜間の配送、宅配便では運べないようなタイヤホイール、緊急の追走便や待機便や深夜便などと、軽貨物運送ドライバーの業務全般が「経験知識から思考への尺度対応」が求められる新しい時代になることでしょう。

一般企業の営業マン同様に軽貨物の配送ドライバーも「質」が優先されるのは言うまでもありませんが、ドライバーの質とは配送が早いとか道に詳しいとかドライバー経験が豊富というレベルの話ではありません。

▶︎捨ててならぬは義理

軽配送の事業で大切な要素はドライバーとは量より質だと千葉県の軽貨物配送専門店シフタープロは考えます。ドライバーはフルに1日を頑張っても人一人では一人分しか仕事で稼ぐことはできません。

個人事業主軽貨物ドライバーの仕事は稼ぐ効率は悪いアナログな業種とも言えます。

仕事で稼げるのは配送ドライバー、儲かるのは配送ドライバーの使用人である軽配送会社という図式です。

配送ドライバーは稼げても儲からない構図ですので、多くの自営業ドライバーは割に合う合わないだとか、仕事の旨味だけを追い求めてしまうのが実態です。

配送ドライバーとして実直に稼ぐには新しいことを覚えながら瞬発力と柔軟性を磨き上げ、自分の才覚で懸命に打破することが必要です。

反面、義理を大事に信頼し合える協力パートナー業者と仲間ドライバーの存在、お客様の守秘義務徹底、無駄な商流を介在させない営業モデル構築に取り組んでおります。

高効率な営業運営によって、お客様へ配送料金を少しでも安く設定しながら利益を確保する試み、地域密着型で適正価格を守りつつ軽配送専門だからできる仕事を考えます。

大手の宅配便には無い付加価値ある緊急依頼や24時間対応するなど、地域に根ざして個性あるサービスを過剰にならぬよう向上させていく運営ノウハウも求められます。

配送ドライバーは安心や安全やスピードや丁寧や真心を運んでいるなどと顧客にモテたいが為に透け透けな心遣いをアピールしたりで、荷主様のモノを荷受人にお届けすることが業務の遂行ではありません。

接客業でもあるというプロ意識を軽貨物ドライバーは持つべきで、荷主様の意向と姿勢に合わせ、軽配送ドライバーは荷受人様に荷主様の荷物を的確にお届けすることが役割と役目です。

明るく人と接し、社会人として当たり前のことをきちんとする、地域密着の軽貨物運搬配送を私たちシフタープロでは大事にしております。

全国の無印軽貨物運送業ドライバーが活躍する時代へと必ず突入します。

千葉県の軽貨物シフタープロ統轄責任者をフォローする
千葉県版 | 軽貨物 | 稼ぎ実態
広告
広告
広告
ブログで千葉県の軽貨物運送専門シフタープロが軽貨物を語る!軽配送の検証BLOG。