千葉県で軽配送の法人経営する軽貨物ドライバー、自営業ではない組織の一員として取り組むスタンスの重要性をブログで語る。

千葉で軽貨物の現役ドライバー 【軽貨物運送の検証ブログ】チャーター便

個人事業主のドライバーとは異なる軽貨物配送の会社経営と事業運営。軽貨物配送を取り扱う会社法人は、会社規模を問わず、その経営者の人望と人柄で取引が成り立っていると言って過言ではない。

軽貨物業界には私のように会社法人の経営で軽貨物配送部門を事業する者もいれば、会社法人ではないが自営業で仲間ドライバーと仕事シェアする者もいれば、自分個人の売上のためだけで仕事従事する個人事業主ドライバーがいます。

千葉県内でも、お客様や荷主や倉庫仕分けスタッフなどの文句をグチグチと言いながら仕事する軽貨物ドライバーや、配送業務中にYouTubeへ自分の仕事をアップロードしながら仕事するような者など、一般社会的に見たら業務への真面目さが欠ける内容の軽貨物ドライバーも見受けられます。

とは言ってもそれでも大半の軽貨物ドライバーは真面目に働いて頑張っています。

ただ、会社でも社員でもない個人事業主という軽貨物ドライバーは自分さえ良ければいいというレベルの人間が多く、全国の企業経営者のように、今、何と戦っているのか、どこに向かおうとしているのか、そういった強い志や意義を持たず、人任せの仕事しかできなかったり、嘘や誤魔化しが多い人間も見受けられます。

何故か、軽貨物ドライバーはそのような人が多いと言われています。

個人事業主ドライバー側では、1日いくら、時給換算でいくら、その内容でその金額は安い、集荷の距離が遠いから割に合わない、再配達がきつい、細かく指示されることを嫌う、などと様々に個人レベルでの声がありますが、現実、それらを束ねる軽貨物配送会社に於いてはそういった下請けドライバーの文句や意見など、会社経営上や運営上で本筋な課題ではありません。

どんな仕事でも良い案件もあれば、あまり利益に適さない案件もあることなど当然なわけです。

修行期間もしかりです。

これやる、これやりたくない、などと言う個人事業主ドライバーのようなわがままなど、荷主との取引では通用しません。世の中の経済や仕事や社会公共性は甘くはありません。

下請けの軽貨物ドライバー個人の言い分などは軽配送会社に経営にとってはどうでもよい話ではないが、個々の請負ドライバーの言い分や戯言など、二の次の話です。

何より、軽配送の事業会社経営では収益力を強化することが大事なことですので、中長期目標は、請ける運賃や料金の単価アップと稼働率向上をする2点は優先事項です。これが事業です。

安心や安全や真心を運ぶことが事業ではありません。

物販会社による全国展開のように、安物を薄利多売するのか、量より質の中身で勝負するブランド意識の販売なのか、事業ポジションの方向性も大事です。

軽配送事業会社でもドライバーを増やすことへ躍起になってしまっている会社もあれば、少数精鋭で質をきちんと重視する軽配送会社もあります。

しかし、収益力ではなく、軽配送会社において経営の基盤を強化する場合には、ドライバー人材の確保が何より必須となります。

ただ、なかなか人財と呼べるような人物は居ない世の中なので、皆、我慢しながらでも経営者は事業経営しているのも事実です。

もちろん、俗に言うアルバイトみたいに、自分が休みたいからシフトで人材が必要になるのではなく、軽配送の事業会社は、経営者による商売感への鼻息の違いはあるにせよ、ドライバーの定着と育成を目指しつつ、戦略的な営業展開を実践していくことになります。

配送の問い合わせ
error:Content is protected !!