荷主企業様の置かれた状況や制約条件を知ろうとする姿勢のない業務委託ドライバーは淘汰される。

便利屋としての配送 【軽貨物運送の検証ブログ】個人事業の実態

この配送ドライバーは信頼できる、この配送ドライバーと付き合うとメリットがある。軽貨物配送の業務請負で仕事受注の決め手となるのは企業看板ではなく完全に「自分ブランド」である。

仕事柄、東京都や神奈川県や埼玉県や千葉県で朝昼晩で異なる配送現場で同業他社の軽貨物ドライバーさんや運送会社のトラック運転手さんや物流センターの方々などと日々接していますが、私が担当する配送現場では、暴れたり、怒鳴ったり、口が悪い感じの人は見かけません。

お世話になっている協業会社様や協業ドライバーさん、取引先や荷主企業様、私の周りでは全員が良い方々なので私は個人的にとてもラッキーな仕事環境で軽貨物配送の業務を遂行することができています。

しかし、知り合いの軽貨物ドライバーさんと雑談をしていると、どうやら、私の見知らぬ配送現場では業務請負ドライバーのみんながみんな幸せな仕事環境だとは言い切れない現実も耳にします。

  • 現場の文句を言う
  • 現場の不満を言う

まず、業務委託の軽貨物ドライバーとしての仕事能力が低い人ほど現場や案件の文句や不満を口にします。

仕事能力は配送のうまさや納品スピードなどの配送スキルではありません。仕事への理解です。

案件の不満や文句を周囲の人へ口に出してしまうレベルの軽貨物ドライバーさんは、そもそも社会人として仕事耐性が弱く、自分はやってるつもり、自己中心、公私混同、自分勝手を認識していない我儘、そしてハッタリで自分のメッキが暫くすると直ぐにバレて剥がれるタイプと言えます。

  • 自分と周りの努力は空回りさせてはいけない。

配送業務上で問題やクレームは一回だけなら構わないという勝手な意識を持っていたり、大丈夫だろうと思ってモラル違反や御法度をしたり、それらは一度でもそれをすれば完全にアウトです。社員やバイトではない業者委託ですから誰も助けてはくれません。

また、嫌々で仕事をしていること自体が自身の仕事能力不足だということをわかっていない軽貨物ドライバーも浮遊ドライバーの予備軍です。

error:Content is protected !!