軽貨物ドライバーの評判と軽貨物配送の委託会社の評判について。

ブログ

業務委託ドライバーの評判を揺るがす隠れざるリスクは突然の車両故障。評判を落とさないためにも業務請負で欠車は100パーセント許されません。

軽バンの代車や代走ドライバーは確保しやすいですが、軽貨物の冷凍冷蔵車に関しては冷凍冷蔵車の緊急代車を用意していない軽貨物配送の委託会社もあるので、冷蔵案件で働く個人事業主の軽貨物ドライバー業者は業務請負で働くリスク管理は更に必要です。

トラブルのときに助け合いを求めているような末端の思考ではうだつが上がらずにこの先の稼ぎや信頼にも恵まれることは無いでしょう。

新車であろうと中古であろうとメンテナンスしなければ故障しますし、故障するまでメンテナンスを放置して故障させれば修理は1箇所に留まらず連鎖して修理すべき箇所も広範囲へと酷い状態になります。

同時に、軽バンや冷凍冷蔵車の代車を緊急確保できるような軽貨物配送ドライバー業者と付き合いをもっておくことも個人事業主ドライバー自身の評判を落とさないために大事なこととなります。

業務請負で働く軽貨物ドライバーの評判は無遅刻無欠席であるかどうかで決まります。

もちろん、何かと理由を付けて予定をコロコロと変える駄目な軽貨物ドライバー業者もいますが、委託業務での自己中は信頼感がゼロ化して評判は落ちていきます。

優先からも遠ざかり、優良な案件からも遠ざかります。

業務請負の仕事ですから軽貨物車が故障したから請負している仕事ができませんも通用しませんし、当たり前のことですが請け負った仕事が不履行になると稼ぎがゼロになるだけではなく代走費用や遅延損害などの賠償もあります。

これは大工さんがハンマーが壊れたから仕事がやっぱりできませんと言っているのと同じです。ハンマー買ってこい!の世界ですしそんなことではプロとして評判もガタ落ちです。

さて、軽貨物ドライバーによる遅刻や欠車問題の許容範囲は荷主や案件の性質によっても異なりますが、業務請負の仕事は社員雇用やバイト雇用の仕事ではないので、受注して自ら請負した仕事を遅刻したり休んだりすれば当人が責任を負います。責任とは賠償です。

もちろん仕事関係者にも迷惑をかけるので、損害賠償、ペナルティー、出入り禁止などの措置は当たり前の罰ですし、365日24時間で動いている物流の世界ですから気を引き締めて自身の商売道具も自身の健康や体調管理もきちんとしなくてはいけません。

なお、事故での車両故障は保険会社が賠償的なことはカバーしてくれますが、だからといって仕事上で迷惑を掛けずに済むわけではありません。

相手に事故を起こされたから仕事ができませんと配送をほったらかしにはできず、事故の過失は問わずに業務請負の責任範囲を厳守して報告と連絡と相談によって仕事を続行させ、軽貨物車の故障のことと切り離して同時進行する処理能力も求められます。

いざとなればタクシーに乗ってでも納品は続行ですし、業務請負の世界とはまさに責任感が基本となります。

軽貨物配送の仕事は常温配送の仕事だけではなく冷凍冷蔵配送の仕事もありますが、軽バンを使う常温配送とは異なり冷凍冷蔵配送の仕事はどんなに手慣れて配送仕事をパーフェクトにできようとも軽バンの仕事よりリスクが高いです。

  • 冷凍機の故障
  • 冷蔵機の故障

私は幌車配送や冷蔵配送までオールマイティで仕事経験を積み重ねているので割と幅広い経験を持ち合わせますが、私の周囲には軽貨物の冷凍冷蔵車に乗る業務委託の軽貨物ドライバーさんも多く、話を聞く限り、結構な頻度で車両故障の話は聞きます。

とは言え、冷凍冷蔵車の故障は明らかにドライバーによる整備不良が理由です。車のせいにしても駄目ですし、商売道具すら管理できていない軽貨物ドライバーは荷主や中間業者からはプロ意識が欠如した軽貨物ドライバーという評判になってしまいます。

自家用車と同じような感覚で整備メンテナンスの頻度を考えているドライバーさんが多いので些か問題です。

車の知識が無いとなかなか故障の前兆が見抜けないのが冷凍機や冷蔵機ではあります。とは言え、故障にはパターンがあるので症例で原因や問題の箇所は想像できるようになりますが、絆創膏を貼ってその場で治るようなものではありません。

整備せずに車を壊せば時間もお金もかかります。

冷凍冷蔵車に乗るドライバーは日頃の整備を怠って車を故障させると修理費用は思った以上に高額となるという現実を知らない人もいます。後寝ても駄目です。安く修理はできません。

冷凍冷蔵車を購入して自己所有しているドライバーさん、冷凍冷蔵車を配属会社からリースしているドライバーさんも居ることでしょう。

リースだからドライバーがメンテナンスしなくていいという訳でもありません。ドライバーが最低限のメンテナンスをしないで車を故障させて委託された仕事に穴をあければドライバーの責任問題です。

業務請負である以上、そういう責任感の中で仕事をしているのです。

業務委託の軽貨物ドライバーが仕事で乗るのは商用である黒ナンバーの軽貨物車ですので、車両故障での修理期間の代車も黒ナンバーの軽貨物車が必要になります。軽バンも冷凍冷蔵車も同様です。

荷主や中間業者が許可をして代わりに仕事をしてくれる代走ドライバーが見つかればまだましですが、当然、車の修理期間は仕事を休むことになりますので無収入状態でしょう。赤字の日々が続きます。

軽貨物の冷凍冷蔵車を使う仕事を業務請負しているドライバーにとっては車の保険と同様に「冷凍冷蔵車の代車を用意できる環境」は必須なのです。

これらもプロ意識の一つとして評価されるに値します。

error:Content is protected !!