軽貨物配送会社の嫌なところと個人ドライバー業者の良いところ。

千葉県 | 個人事業主 | 軽貨物

軽貨物の個人経営ドライバーとして次の一手を考えている業者と、目先のことだけで一杯となってしまってブレている業者の実力差はかなり大きい。

仕事の一手と事業の一手。

軽貨物ドライバー業者が物流業界でおかれている立場は良くも悪くも日本経済の末端で配送ニーズを単に待って仕事をしているだけの営業弱者であり、それは名のある軽貨物配送会社であろうとも名の知れぬ個人経営の軽貨物配送ドライバーであろうとやっていることは大差なくドングリの背比べ状態と言えます。

むしろ、個人事業で働いている軽貨物配送ドライバーの方が事業主として自らが軽貨物車のハンドルを握ってきちんと配送の実務をしているので、お金と信頼を稼ぐということにおいて無駄の出ない実力主義の健全な事業運営をしています。

個人経営の軽貨物ドライバーは法人の軽貨物配送会社のように経営陣がハンドルを握って配送業務すらせずに協力業者という名の下請けドライバー業者や見ず知らずの日雇いドライバーに仕事を丸投げして金儲けをしようとはしていないので、個人経営で独立系の軽貨物ドライバー業者の場合は責任感起因のクレーム発生は少ない傾向でしょう。

とは言え、個人経営や零細企業の軽貨物ドライバー業者が金儲けに色気を出し、SNSや掲示板や求人サイトで誰でも構わずに軽貨物ドライバー募集を繰り返していて、多重下請け案件であろうと何でも内容構わず金額だけを見て配送仕事の案件探しに躍起となっている業者もあったりします。

口先だけでチカラを貸して欲しいだとか言ったり、情報交換をしたいだとか言ったり、事業者や事業主として間抜けな問い合わせをしてくる見ず知らずの同業者もいたりします。

  • やる意味のある案件
  • する意味のある取引

配送経験者の軽貨物ドライバーは宅配便の仕事を嫌がる人が多くいます。

荷物を送る(集配受付)
error:Content is protected !!