賢い軽貨物ドライバー業者は働くリズムを崩していない。

千葉県の軽貨物|千葉の独立開業

経済構造の末端で働く個人事業主の軽貨物ドライバーは経営技術をもって配送仕事の受注稼働に挑むべき。

働くリズムを崩さない。

潤沢な経営資源を持たない個人経営の軽貨物ドライバー業者が注意すべきパターンは仕事をああだこうだと選び過ぎて年間を通して仕事受注が不安定になることだと考えます。

業務請負での配送仕事は、働かされるのではなく、仕事を受注する立場です。やると決めたら100パーセントやり遂げる仕事です。

業務請負で働く多くの軽貨物ドライバーがお金を稼がなければならない理由、働かなければならない理由、諸事情なども人それぞれにあります。

ただし、嘘であろうと本当であろうとプライベートな理由や事情を仕事に持ってきて受注した仕事を変更したりすることは、社員雇用やバイト雇用ではない業務請負の世界において完全にアウトで賠償責任も普通にあります。

こういった背景でお金の稼ぎや仕事を安定させたいならば仕事を安定受注できるような経営資源も相応に必要となってきます。

個人経営の軽貨物ドライバーにおける経営資源も一般企業と同様、ヒト、モノ、カネ、そして情報といった順番の資源で分けて考えますが、個人経営で資源を細かく分析する必要性はまったくありません。

ただし、自分の資源状態を客観的に知ることはブレない自分をつくることにつながりますし、経営資源は何か一つがズバ抜けて多ければよいというわけでもなく、身体一つでお金と信頼を稼ぎ続ける個人経営の軽貨物ドライバーの場合はバランスがとれている状態が最も良い状態なのかも知れません。

軽貨物ドライバーの個人経営でも、自身の、ヒト資源、モノ資源、カネ資源、情報資源、の状態がどうなのかを自分流で分析してから自分にマッチする取引先を絞り込んで決めたり、担当する案件を決めたり、メンターを決めたり、こういったことをきちんと考えて個人経営を進めていかないとお金と信頼の稼ぎに悪影響を及ぼします。

委託の軽貨物ドライバーは身体一つで責任を持って働く立場なので一定の稼ぎがあっても工夫しなければお客様や仕事は一向に増えていきません。

ただし、同業者からの嘘くさい話に釣られてしまい安定稼働に失敗して仕事を無闇に変えたり増やせばリズムが狂い、仕事耐性ストレスにも影響がでます。そうなると悪いのは仕事案件のせいと決めつけたり、自分がうまくいかないのを周囲のせいにしたがります。

error: Content is protected !!