どうせなら人間力を感じさせる軽貨物運送業者でありたい。

ストレスや憂鬱は軽貨物ドライバーの仕事にはつきものです。配送業務には怒りを刺激する出来事や情報もあふれています。欲を刺激する出来事や情報もあふれていますが、ブレずに、やるからにはやるという責任感そのものが稼ぎに繋がっていくのは確かなことです。

ニュートラルな心を保つ習慣。

軽貨物ドライバーという職は世間から見れば大変な仕事でブラックな職業だと思われています。

私自身、今後のサービス向上やサービス改善のために自分の実力を客観視してみると確かにホワイトカラーとブルーカラーの仕事を見比べてしまえば運送業はブルーカラーの仕事ですので体力勝負のときがあったりコツコツと同じような納品作業を悪天候の中でも繰り返すといったことも当然ですし、ふと思うと、配送業務は大変と言えば確かに大変な仕事と言えます。

軽貨物ドライバーの職を選んだ人の多くは、学生のころに勉強を頑張ってこなかった人だったり、最終学歴が弱い人だったり、一般企業では仕事能力が通用しなかった人だったり、得意なことよりも苦手なことの方が何かと多い感じの人が大半だと思われます。

頭が悪くても学歴が弱くても誰でも簡単になれる職と言われている軽貨物ドライバーですが、この業界、冷蔵案件などは特に多重下請け構造が目立ち、利用運送の荷物を運ばない軽貨物配送会社のブラックな法人が右から左に丸投げしているような案件も巷では存在しているため、自営で軽貨物ドライバーになるのは簡単であろうとも楽してお金を稼ぎ続けることは正直できません。

  • 個人でも営業力を鍛えること。

軽貨物運送の会社に社員ドライバーとして雇用されれば安月給でありながら依存型の社畜ドライバーと化します。

経営センスが無いのに個人事業主の軽貨物ドライバーとなれば委託会社への依存型で収入不安定な浮遊ドライバーと化します。

商才や才覚を鍛えなければ結局はどっちもどっちなのです。

軽貨物配送の仕事は難しい計算や頭脳を駆使しなくても誰でも覚えることができる仕事内容です。

ただし、社員雇用ではない業務委託の立場で仕事をする場合にはその案件の仕事ができるから仕事を受注することができるのです。

やれもしない仕事を受注してはいけません。もちろん、受注した仕事をやっぱり辞めたも通用しません。賠償責任になります。とにかく取引ルールに基づいて仕事をすることになります。

発注者はそもそも素人の軽貨物ドライバーに仕事を担当して欲しくはありません。信頼できない人に大事な荷物を預けたいとも思いません。当たり前のことです。

このように業務委託で働く軽貨物ドライバーは委託と受任の関係で責任感と信頼感で働くことになりますが、街中には駄目な軽貨物ドライバーがいるのは何故かです。駄目な軽貨物の委託会社があるのは何故かです。

軽貨物業界で悪なのは冷蔵案件では特にまかり通っているような元請け会社が運送すらせずに多重下請け構造で仕事を末端ドライバーにさせていることを起因とする問題点なのです。

何かあれば末端ドライバーの責任にします。

末端で頑張っている個人の軽貨物ドライバーを食い物のように利用して鴨ネギのように駒で使うだけの思想そのものが配送クレームを引き起こしているというのが現実です。冷蔵案件ではよくあることで。

軽貨物ドライバーに対して極端な長時間労働やノルマを課している軽貨物配送会社で働いてしまうとアウトでしょう。

賃金不払残業やパワーハラスメントが横行するようなコンプライアンス意識の低い軽貨物運送会社で働いてしまうとアウトでしょう。

軽貨物ドライバーに対して過度の選別を行うような軽貨物配送会社で働いてしまうとアウトでしょう。

ブラックな軽貨物運送会社の定義は別として、私たち軽貨物ドライバー業者は物流や経済の末端で働いているので相応にストレスは次々にやってきます。

とは言え、いちいちイレギュラーに反応するようでは話になりません。自己中心でルールを学ばないような人はニーズがなくなります。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました