軽の貨物車で配送する業務委託ドライバーの求人は人手不足ではなく、やり手不足のきつい案件が大半である。

軽貨物エアコンコンプの修理 【軽貨物運送の検証ブログ】運送業

千葉県における配送ドライバーの求人で、軽貨物車を運転して荷物を運ぶ配送ドライバーの仕事はキツイのか。

千葉県で実運送の軽貨物配送に関わる仕事をしていて私が思うには、配送の仕事は楽しくなければやろうと思えないですし、配送の仕事を続けるには仕事が楽しいと思えるよう仕事に耐えることも時には必要だと考えています。

いつの時代も、ご都合主義の人間やご都合主義で会社に対するフォローや頑張りは単一や単独では報われにくいもの。荷主や取引先にも半人前の人間がいる現実を個人事業主の配送ドライバーは学びましょう。

スポット案件の評判や検証をしてみると、明らかに普段の定期ドライバーがやりたがらない検温検品など納品に大変時間がかかる面倒な行き先だったり、階段を数往復するような時間がかかりつつ大変疲れる行き先だったり、車を納品先の近くに一時停車すらができないような時間がかかりつつ神経も使う行き先だったり、短距離案件なのに帰宅に数時間も掛かるような非効率でガソリン代ばかり掛かる行き先だったりなど、こういったレベルの仕事ばかりをヘルプのスポットドライバーに回すのは良いとしても、そういう嫌なコースや嫌な行き先から逃げる半人前の定期ドライバーを許すような情けない職場の案件もあります。

過去に荷主メーカーの立場で北海道から沖縄まで日本全国の取引先全体を管理していた経験からしても、半人前を許す姿勢のある仕事案件や会社にはそれ以上の成長展開はあり得ませんし、必然的に小さなミスと小さなアクシデントが多くなるものです。

できる会社を見極め、できるドライバーを見極め、できる配車を見極める。嫌なコースをヘルプに回すような半人前のドライバーを許さない才能ある運営姿勢や才覚ある運営姿勢は基本中のキホンである。

どんな職種であれ、社内であれ、流通構造の中であれ、不平不満に終わりはありませんから、軽貨物ドライバーの仕事でも不平等だったり不公平だったりを学ぶという解釈で気持ちを切り替えて、嫌な仕事案件に平然と挑むこともあるでしょう。

軽貨物ドライバーの個人的な仕事環境は、仲間ドライバーの存在も大切であり、配属する委託会社とのイーブンな関係性もかなり大切です。事業化の場合には別の人脈網なども必須です。

社員ドライバーではなく、個人事業主ドライバーによる軽貨物配送仕事の配属会社探しは、会社のネームバリューや台数規模ではなく、年齢問わずに人として信頼や信用ができること、共栄を求めず、時には共存共苦できることが基本だと考えますが、これは社会人が仕事で強く生き抜いていく上でも重要なことです。

個人事業主ドライバーは自分自身に決定権があるものの、能力次第ですが法人の会社経営者とは雲泥の差がある名ばかりの事業主ですから、ある程度のルールや決定事項は他者にあった方が円滑に仕事が進む場合もあります。

軽貨物運送のような外注依存が軸である流通構造の職種では特に重要なことですが、フリーランス風や副業の軽貨物配送ドライバーなどは仕事への基本姿勢が自己中心的になっているので、プロ本業の軽貨物ドライバーや監督するなど上に立つ者ならば、自分だけが楽な案件をしようとせず、周囲への気遣いこそが大切でしょう。

いずれにしても、特定の仲間ドライバー、配属する特定の軽貨物配送会社と得意分野を発揮して共に事業なのか仕事なのかを満足できる成功へと導く同志を作り、互いの得意や特長を尊敬し合い、仕事をwin-winで進められるのは理想です。

高収入だからとか、好きな時だけ働くとか、こういう煽りでは仕事や事業が長続きするとは思えません。どんな仕事でも共通です。

惰性で仕事をせずにプロ意識を持つことは社会人として自己成長するとても大切なテーマですが、時と場合、職場で個人のプロ意識は邪魔になります。

仕事へのプロ意識はハートの部分に抑えつつ、他人や仲間に強要することでもないですが、荷主や荷受人は配送ドライバーへの教育をかなり敏感に感じ取ります。

配達ドライバーの仕事はモノを的確に届けることだけでなく、荷主や荷物のメーカーに代わって荷受人にモノを配達納品するわけですので、挨拶や愛想や身なりや言葉使いも仕事の一つです。

配送の問い合わせ
error:Content is protected !!