軽の貨物車で配送する業務委託ドライバーの求人は人手不足ではなく、やり手不足のきつい案件が大半。

千葉県の軽貨物 エアコンコンプの修理
広告

千葉県における配送ドライバーの求人で、軽貨物車を運転して荷物を運ぶ配送ドライバーの仕事はキツイのか。

千葉県で実運送の軽貨物配送に関わる仕事をしていて私が思うには、配送の仕事は楽しくなければやろうと思えないですし、配送の仕事を続けるには仕事が楽しいと思えるよう仕事に耐えることも時には必要だと考えています。

いつの時代も、ご都合主義の人間やご都合主義で会社に対するフォローや頑張りは単一や単独では報われにくいもの。荷主や取引先にも半人前の人間がいる現実を個人事業主の配送ドライバーは学びましょう。

スポット案件の評判や検証をしてみると、明らかに普段の定期ドライバーがやりたがらない検温検品など納品に大変時間がかかる面倒な行き先だったり、階段を数往復するような時間がかかりつつ大変疲れる行き先だったり、車を納品先の近くに一時停車すらができないような時間がかかりつつ神経も使う行き先だったり、短距離案件なのに帰宅に数時間も掛かるような非効率でガソリン代ばかり掛かる行き先だったりなど、こういったレベルの仕事ばかりをヘルプのスポットドライバーに回すのは良いとしても、そういう嫌なコースや嫌な行き先から逃げる半人前の定期ドライバーを許すような情けない職場の案件もあります。

過去に荷主メーカーの立場で北海道から沖縄まで日本全国の取引先全体を管理していた経験からしても、半人前を許す姿勢のある仕事案件や会社にはそれ以上の成長展開はあり得ませんし、必然的に小さなミスと小さなアクシデントが多くなるものです。

できる会社を見極め、できるドライバーを見極め、できる配車を見極める。嫌なコースをヘルプに回すような半人前のドライバーを許さない才能ある運営姿勢や才覚ある運営姿勢は基本中のキホンである。

どんな職種であれ、社内であれ、流通構造の中であれ、不平不満に終わりはありませんから、軽貨物ドライバーの仕事でも不平等だったり不公平だったりを学ぶという解釈で気持ちを切り替えて、嫌な仕事案件に平然と挑むこともあるでしょう。

軽貨物ドライバーの個人的な仕事環境は、仲間ドライバーの存在も大切であり、配属する委託会社とのイーブンな関係性もかなり大切です。事業化の場合には別の人脈網なども必須です。

社員ドライバーではなく、個人事業主ドライバーによる軽貨物配送仕事の配属会社探しは、会社のネームバリューや台数規模ではなく、年齢問わずに人として信頼や信用ができること、共栄を求めず、時には共存共苦できることが基本だと考えますが、これは社会人が仕事で強く生き抜いていく上でも重要なことです。

個人事業主ドライバーは自分自身に決定権があるものの、能力次第ですが法人の会社経営者とは雲泥の差がある名ばかりの事業主ですから、ある程度のルールや決定事項は他者にあった方が円滑に仕事が進む場合もあります。

軽貨物運送のような外注依存が軸である流通構造の職種では特に重要なことですが、フリーランス風や副業の軽貨物配送ドライバーなどは仕事への基本姿勢が自己中心的になっているので、プロ本業の軽貨物ドライバーや監督するなど上に立つ者ならば、自分だけが楽な案件をしようとせず、周囲への気遣いこそが大切でしょう。

いずれにしても、特定の仲間ドライバー、配属する特定の軽貨物配送会社と得意分野を発揮して共に事業なのか仕事なのかを満足できる成功へと導く同志を作り、互いの得意や特長を尊敬し合い、仕事をwin-winで進められるのは理想です。

高収入だからとか、好きな時だけ働くとか、こういう煽りでは仕事や事業が長続きするとは思えません。どんな仕事でも共通です。

惰性で仕事をせずにプロ意識を持つことは社会人として自己成長するとても大切なテーマですが、時と場合、職場で個人のプロ意識は邪魔になります。

仕事へのプロ意識はハートの部分に抑えつつ、他人や仲間に強要することでもないですが、荷主や荷受人は配送ドライバーへの教育をかなり敏感に感じ取ります。

配達ドライバーの仕事はモノを的確に届けることだけでなく、荷主や荷物のメーカーに代わって荷受人にモノを配達納品するわけですので、挨拶や愛想や身なりや言葉使いも仕事の一つです。

また、個人事業主の軽貨物ドライバーは自分だけが楽をして稼ごうとする人がやたら多いので、荷主や配送会社や倉庫の配車マンも苦労するでしょうが、郷に入れば郷に従うことができる紳士的な軽貨物ドライバーのスキルと柔軟性と大らかさが、チームワークやグループワークで周囲のモチベーションを上げることに繋がるでしょう。

社員ドライバーであれ、業務委託ドライバーであれ、働き方や働く理由も各ドライバーそれぞれですが、今だけ稼ぎたいとか、嫌だったら辞めるとか、フリーランスや副業でも本業ドライバーの姿勢からかけ離れた意識のドライバーやドライバー志望者は好めません。

さて、千葉県では配送ドライバーの募集を常にしているような軽貨物運送会社での仕事内容は、ラベルが違うだけで、どこもかしこも大半が「大手宅配便の下請け」か「大手インターネット通販の商品配達」か「大手ネットスーパーの宅配サービス」であり、正直なところ、ドライバーの人手不足ではなくて、やり手不足の仕事ばかりと言えます。

大手の名前を出せば素人は仕事案件にヒョロヒョロと群がりやすいと言えますが、その手の案件は元請けならば良い条件と言えますが、孫請けや2次店や3次店ではイマイチな印象があります。どんな商売であれ大手案件は流通経路に旨味は抜かれていますので、仕事のキツさだけがドライバーに残るでしょう。

  • 頑張れば頑張った分だけ稼げる。
  • やる気さえあれば初心者でも大丈夫。

これらも当たり前です。個人事業主で軽貨物ドライバーを始める人はこういう言葉に惑わされてはいけません。前職で勤務会社に不満のあった人の多くは自分の実力を誇大評価してしまっているので、過去の勤務会社や会社社長を批判するようでは、この先もスキルは向上しません。

働いてお金を貰うのですから、やる気は当たり前です。働いてお金を貰うのですから、頑張って当たり前です。

軽貨物運送の委託会社で面談をする場合には、どう働いたら稼げるのではなく、どのように働いたら稼げないのかを聞いてみてください。早い段階で理想と現実のギャップを埋める見極めも大事です。

どんな仕事であろうとも会社経営者や個人事業主は不安定なリスクと引き換えに、頑張った分だけ稼げるのは当然ですが、その保障もなく、能力や才覚がなければ人より稼げません。頑張っても人より稼げません。既にみんな頑張っています。

ビギナーでこれから宅配系統の軽貨物配送ドライバーになろうとしている人は、既存の先輩ドライバーが好んで請けないコースなど、やり手不足の仕事を担当して請け負う能力や才覚が自身にあるのか、維持できるのか、冷静になって検討するべきでしょう。

頑張ればできるとかではなく、徐々に覚えればよいとかの他人事ではなく、ヤルならヤルです。

初心者でも大丈夫という言葉は鵜呑みにせず、自分の性格や生活レベルも百人百様で人それぞれですし、配送会社の教育係りは人間的に良い人でもドライバー上がりレベルが教育係りである軽貨物配送会社が多いので、会社経営や個人事業主は他にも色々と学ぶべきことがありますから、初心者でも個人事業主ドライバーの開業は大丈夫などと安易に成功は想像しない方が良いでしょう。

頑張った分だけ収入になるとか、初心者でも大丈夫など、こういうイメージ先行の先入観でドライバー募集をアピールしているような軽貨物運送の会社の場合は、自分がやることになる担当仕事の労働内容をきちんと確認した方が良いです。

  • 大半が大手物流会社からの注文。
  • 常に安定的かつ豊富な仕事がある。

こういった安心を匂わせる仕事内容をドライバー募集でアピールする軽貨物運送の会社にも注意が必要で、既に配属している他ドライバーの実例ではなく、自分が担当することになる労働内容をきちんと確認しましょう。宅配の場合はエリアが違うだけでも思ったより仕事がキツイという結果になります。

軽貨物配送にも仕事の種類がいくつかありますがその中でも「宅配便の下請け」「インターネット通販の商品配達」「ネットスーパーの配達サービス」は、誰にでも始められるけど誰にでも続けられる仕事ではないということです。

個人宅へのお届けだろうと、商店や企業など会社へのお届けだろうと、配送一件ごとに一つ一つ責任がある仕事ですので、1日の仕事で100件近くの配達や納品でクレーム問題を起こさぬよう緊張感のある仕事をしていくには、スピーディで丁寧な作業、納品時間の厳守は当然ですが、相応に、荷主やお客様から要求される接客スキルも大事であることに気付くでしょう。

  • 無理をせずに好きな時に自分のペースで仕事ができる。

こういうことをドライバー募集でアピールする軽貨物運送会社の仕事は一見、自分に向いている仕事に巡りあえるような気がしますが、反面で収入は告示内容よりかなり下回ります。

最高◯◯万円を稼げる、好きな時だけ働ける、とか誇大に言うような軽貨物運送の会社もありますが、好きな時だけ自分のペースで自分優先の働き方をする人は額面通りの収入は稼げません。良いことばかりを書いてドライバー募集している軽貨物運送の会社が多いので、面談や面接では労働内容と収入面の釣り合いに注意しましょう。

多くの軽貨物運送の会社がピンハネの為にドライバー募集している宅配便の労働実態は、スピーディで丁寧、それでいて時間厳守をしながら安全運行という仕事であり、且つ、車が停められないようなエリアや道路事情が悪いエリアなど先輩ドライバーが好んで請けない曰く付きのキツいコースを配車される初心者ドライバーが多いのも事実でしょう。

軽貨物配送ドライバーの仕事に華々しさはありません。トラック運転手は世間のイメージは良くはありません。

もちろん、軽貨物ドライバーでも外観や接客に問題のある人もいれば、紳士的な人も存在し、配送サービスレベルの教育は配送会社によってもドライバーによっても大きく異なります。

軽貨物配送の場合、人様の商品を車に積んでお預かりし、街中では人とも多く接する仕事です。

仕事中のタバコ喫煙ドライバーや髭や茶髪は論外ですし、サンダルや半袖半ズボンなどのラフな格好や身なりにも注意が必要です。配送自体はきちんとできていても駄目なドライバーの典型です。

交通マナーを含めて配送仕事の意義を変えないといけませんが、我儘が多いヤング層ドライバー、癖のあるシニア層のドライバーに変革を求めても正直なところ無理だと思います。

軽貨物配送を始める人も、給与面なのか、体力面なのか、時間的なことなのか、いずれかの我慢は必要でしょう。

重い荷物を持たないから楽とかではありません。

軽貨物配送ドライバーの仕事は、沢山の荷物を運ぶだけでなく、小さな車両に多くの荷物を順番通りに手で積み込み、多くの荷物を手で降ろし、多くの荷物を台車で運んだり手で抱えながら歩いたり小走りしたり、時には長い距離を徒歩で往復したり、時には階段を往復することもします。

勿論、デスクワークではありません。配送ドライバーの仕事はデスクワークより体力的にキツイのは言うまでもなく、土木建築のようなキツさはないものの、相応に1日の仕事は体力的に疲れます。

個人事業主ドライバーなのか社員ドライバーなのか雇用の違いでも疲れ方は異なりますが、いずれにせよ仕事ですので体力や時間を費やすのは当然のことです。

しかし、宅配系の配送ドライバーの仕事がキツイと言われるのはドライバー募集をしているような軽貨物の配送会社がきちんと面接や面談で仕事のキツさを説明していないことに問題があります。

個人事業主で軽貨物配送の仕事を始める際は、通常、配属会社など仕事を請ける委託会社を決めるわけですが「良いことばかり」面談で言われるのが関の山です。

軽貨物運送の会社は業務委託でのピンハネが目的でドライバー募集をしているので仕事上の悪い面は強調しないでしょう。

特に、業務委託で契約をする個人事業主ドライバーの場合、軽貨物配送会社に通勤して業務をするのではなく、大半が直行直帰で二重派遣のような感じで配送現場に派遣される流れです。

多くの軽貨物配送会社は個々の案件での指導もできず、ドライバー台数を多く抱えているような軽貨物の配送会社ほどドライバー教育環境が非常に悪いという実態も見え隠れしています。

軽貨物配送ドライバーを募集ばかりしているような会社は、下請けの下請け、孫請けやひ孫請けといった立場での仕事案件が大半です。

ドライバー募集の内容では仕事が沢山あるあると騒ぐ割に、どこもかしこも先輩ドライバーもキツイ業務内容と語ることの多いネットスーパーの配送、宅配便の下請け、大手ネット通販の配送ばかりです。

軽貨物配送の仕事の中でも、これら宅配系の仕事は配送ドライバーの入れ替わりが多く、仕事がキツイのが理由なのかは分かりませんが、人気が薄く、人手不足ではなくて、やり手不足は慢性的だと言われています。

キツイ仕事の場合は元請けや荷主側で直接雇用ではドライバーが集まらないので、外注の元請けには良い単価を出しているものの、流通経路である一次店や二次店である軽貨物の運送会社が15パーセントや20パーセントもピンハネをしてドライバーからマージン手数料を取るため、実際の配送ドライバーは給与面や売上面で割に合わないという状況へ陥ります。

キツイ案件の場合は交通事情や納品先や集荷先の状況によって勤務時間が押してしまい、当日最後の配送が終わっても、会社に戻ってから当日の精算や翌日の準備などせほぼサービス残業となってしまいます。

スポットの仕事やルート配送の仕事で異なりますが、ルート配送の仕事をしている人の多くは朝が非常に早く、配送の仕事が終わる時間も遅くなることが多いでしょう。

宅配系の仕事は好き嫌いがあるものの、拘束時間も長いのでキツイと言われるのは仕方がないことです。もちろん、宅配系でのキツイエリア担当は得意不得意はありますが悪い仕事でもありません。

千葉県の無印軽貨物ドライバーみんな頑張れ。

千葉県で軽貨物車を使って配送の仕事をしよう
千葉県の軽貨物シフタープロ統轄責任者

千葉県で軽貨物配送専門店シフタープロ便を運営する営業統轄責任者としてハンドルを握って実運送する軽貨物配送セールスドライバーとしての事業展開する準備段階の奮闘と成功術の備忘録ブログです。

▶︎軽配送は経験知識から思考へ尺度対応する時代に

宅配会社などの配送ドライバー上がりではなく、若い頃より外資系メーカーでの職歴や荷主メーカーの立場で商品開発や輸入貿易から販売チャネルの構築、日本全国への出荷発送業務、SCMの構築、倉庫在庫管理、商品販売の競争力を高める流通と物流の仕組み作りを25年間ほど経験してきました。

物を作る、物を売る、物を送る、といった仕組み作りと物流や起業に興味を持ち続けている1人です。

軽貨物車を使った加温輸送や冷蔵輸送や常温輸送の仕事を請け負い、荷主様や元請け会社様や協力会社様と共に様々な軽配送仕事を覚えることに楽しみを感じ、千葉県を軸として、配送業務を一つ一つ熟しながら事業性の価値を検証しております。

軽貨物運送会社では軽の貨物車を使った運搬配送の需要増はインターネット通販の普及によるものだと単純に勘違いしている配送業者が見受けられます。

軽配送のニーズ拡大は決して先駆の軽配送会社による営業功績でもありませんし、単純にインターネット通販が普及したからでもありません。

我が国がIT技術の変革で産業構造や行政と個人のライフスタイルそのものが社会全体で変化をし、過去のように大手企業だけでなく「地方の中小企業や零細企業にもSCMの構築が仕上がりつつある」ことがきっかけです。

運送会社の大手企業や中小企業、配送業界の末端である個人事業主の業務請負ドライバーに向けられた貨物運送の「納品仕事ニーズが細分化」され、それが需要拡大したかに見えているだけなのが現状であるとシフタープロは捉えます。

配送ニーズの細分化は、地場で末端の配送業者である軽貨物運送会社や個人事業主の軽貨物ドライバーが従来のようなドライバーの数やネットワーク組織力という仮想規模の営業サービスでは通用しない配送時代になることを意味しています。

当然、茶髪や髭やピアスや眉剃り、タバコ喫煙のドライバーは時代の流れと共に荷主様や荷受人様や元請け会社様から淘汰され始めています。

過去はそういうドライバー品質でも通用していましたが、配送ニーズの細分化によりそういう品質のドライバーやドライバーファーストの意識を持つような事業者や事業主は先細りするでしょう。

誰でも構わずドライバー人材を寄せ集めしてドライバーからマージンをピンハネすることが商売の軸となっている軽配送のネットワーク組織や組合やフランチャイズの営業組織など数で勝負できていた企業体も、今日では、荷主様や元請け会社様からは品質の悪いドライバーの多さで信頼や信用面が欠如し、ドライバー品質の乱れがクローズアップされ、誤魔化しができずに営業的に淘汰され始めています。

自営業ドライバーはドライバーファーストという甘さを捨て、身近にいる配送ドライバー同士が荷主様ファーストの観点で責任ある業務情報を共有し、フリーランスや副業ではないプロの心構えなど、ハイレベルに配送ドライバー個々の接客応対や納品対応の能力が問われてきます。

この結果、個人事業主の軽貨物運送ドライバーの業務全般は「経験知識から思考への尺度対応」が求められる新しい時代になることでしょう。

▶︎捨ててならぬは義理

軽配送の事業で隠れざる大切な要素はドライバーは量より質という点だと考えられます。

ただし、配送ドライバーの職はどんなに能力があろうとも1日をフルに頑張っても人一人では一人分しか稼ぐことができません。

配送の仕事で稼げるのは配送ドライバーですが、儲かる、儲けるのはその配送ドライバーの使用人である軽配送の請負会社という図式です。

商売では儲けも稼ぎも大事です。しかしながら、個人事業主の配送ドライバーは労働で稼げても儲からない職であり、仕事をした分だけを稼げる仕事であることを心底で理解しなくてはなりません。

とどのつまり、多くの自営業ドライバーは割に合う合わないだとか請負している仕事の不平不満を語り、仕事の旨味だけを案件に追い求めてしまうようなドライバーになってしまうのが実態です。

ストレスに打ち勝ち、軽配送ドライバーとして実直に仕事で稼げるようになるには、未熟に不平不満を語ることではなく、新しいことを覚えながら瞬発力と柔軟性を磨き上げ、他人ではない自分の才覚で懸命に難しいことを打破するといった心意気が必要です。

そして義理を大事に信頼し合える協力パートナー業者と仲間ドライバーの存在、メンターや指導者の存在も大切です。

全国の無印軽貨物運送業ドライバーが活躍する時代へと必ず突入します。

千葉県の軽貨物シフタープロ統轄責任者をフォローする
千葉県版 | 軽貨物チャーター業者 | 仕事
広告
ブログで千葉県の軽貨物配送専門シフタープロが語る!軽貨物運送の検証BLOG。
error:Content is protected !!