軽配送に仕事ではスキルアップできない楽な案件など探して請けても意味がない。

千葉県の軽貨物ドライバー年収 【軽貨物運送の検証ブログ】独立開業

新入社員が仕事を何も知らないのと同様で、軽貨物配送の仕事はドライバー歴があろうとも、初めて行く配送現場では誰もが新人である。

軽貨物配送ドライバーの仕事も一般の会社勤務と同様に「新人(新入り)」は誰しもどうしたらいいのか不安でいっぱいです。

配達や納品や集荷など軽貨物配送ドライバーの仕事で緊張感の度合いは人それぞれです。

特に、新人の立場での仕事は身体も精神も神経もとても疲れやすく、仕事を覚えながらミスもしますので、モチベーションを維持するために自分との戦いも暫く続きます。

軽配送の仕事は同じ案件を4、5回ほど経験すればビギナーでも要領は理解できるようになり、1、2ヶ月では物足りず、3ヶ月くらい経つと一通りの仕事に慣れてくる頃合いでしょう。

軽貨物ドライバーが稼げる金額の大小はあるにせよ、稼いで仕事の技能を身につけながら意欲的に極めていくのはここからです。

傲慢にならず、自信を持って自分に与えられた配送の仕事を丁寧に学び、同じ配送現場の先輩ドライバーや良き仲間ドライバーから指示や支援を受けながら、やがて信頼と期待を得て、徐々に仕事スキルは「ある程度まで」上達していくでしょう。

新人に対して焦らないで仕事をしろと言っても無理がありますし、現実は勢い任せで仕事をすることになりますので、しばらくの期間は1日の仕事を十分に振り返って復習を心がけましょう。

新入社員や新入りの軽貨物配送ドライバーは用意周到に実践を試みても、結局は「それぞれの現場」にルールがあるため、配送現場のルールに従ってゼロから学ばないとできないことがあるということを知っておく必要があります。

新人は他人のマニュアルなど通用しません。軽貨物配送ドライバーの経験者であれば他人のマニュアルでも適所を参考にすることは可能でしょう。

新人は先入観なく配送現場のルールに沿って自分流で効率を組み立てていくことがセオリーです。身近に先輩を作りましょう。

初心者が配送仕事の経験をしないうちに他人の情報だけでゼロから学んだつもりになって癖のある仕事を開始してしまうと、数日後には配送現場で順応ができなくなり、結局は、癖を直され、指導や教育は仕事案件の現場でゼロから受けることとなります。

動画やSNSや掲示板などで他人のドライバーによる偏見された情報を見て鵜呑みにすると、見よう見まねでプロでもないのにフリーランスで仕事ができるつもりになってしまい、実際の現場では先入観で仕事をしてしまい、納品遅延など大きな失態をして、周囲に大きな迷惑をかけるといった事例もあり、プロではないフリーランスが多くの配送現場でクレームを出しています。

儲かるだとか、素人でもできるとか、ピンハネ軽貨物配送会社によるドライバー募集や動画やSNSなどの情報を鵜呑みにしてしまい、思ったより稼げない、思ったよりキツイ、と感じで数ヶ月で撤退する個人事業主の軽貨物ドライバーが絶えないのも事実です。

嫌だから辞める、仕事がキツくて割りに合わないから辞める、といったフリーランス風のドライバーや副業ドライバーの存在を荷主は黙っておりません。やるからにはやるというドライバーでなければクレーム対象です。

軽貨物配送の委託会社はドライバーからのピンハネ手数料欲しさに誰でも構わずドライバー募集をし、素人だろうと業務請負契約をしたり、初心者のドライバーを荷主に平気で出向させたりなど、名前が通っている軽貨物会社ほど酷い営業状態と言えます。

配送の問い合わせ
error:Content is protected !!