フリーランスや副業レベルではないプロ本業の軽貨物ドライバーの仕事量とキャパシティをブログで語る。

千葉県の軽貨物開業ドライバーへの転職 【軽貨物運送の検証ブログ】独立開業の実態

千葉で黒ナンバーの軽貨物車に乗る個人事業主の軽貨物ドライバーで宅配系の案件を請け負っている人は仕事量が多すぎて激務になっている人が多い。

軽貨物配送の仕事で軽バンの荷室に荷物を満載にして街中を走っている配送ドライバーを見かけます。見ない日はありません。

軽貨物ドライバー同士は共存共栄ではありません。共存共苦の精神が大事です。配属会社とドライバーの関係は鴨葱状態ですので配送会社はドライバーに対して共存共栄を唱えます。

とても便利な宅配便ですが、荷物を届けてくれる車は大きなトラックや軽貨物車の違いはありますが、大手宅配便の車だけでなく、車両に大手宅配便のステッカーなどが貼られていないような無印の軽貨物ドライバー業者も多く見かけます。

そういう軽貨物配送のドライバーは、大手宅配業者の下請けや孫請けやひ孫請けでの仕事だったり、インターネット通販の商品を朝から晩までひっきりなしに運ぶ仕事だったりしますが、そういうドライバーの仕事内容の多くは、配達の荷物を1日あたりいっぱい運ぶことができればお金になるといった仕事です。

簡単にいうと自分で自分に課すノルマ式です。頑張るとか、やらされる、という甘い仕事ではない実力主義であり、できるドライバーだけが稼げる仕事とも言えます。

できないドライバー同士が「できない新入社員同士」のように自分の状況を誰かにお話しして同情しあいたいのかわかりませんが、守秘義務である荷主や案件の情報交換をしてしまい、モラルなき批評まで会話してしまうレベルの軽貨物配送ドライバーもチラホラ見かけます。

それでも、ドライバーの配送失敗談や武勇伝だけは勉強になるでしょう。

宅配系の配達仕事を社員ドライバーではなく、業務委託で請け負っている配送ドライバーの場合は初心者だったり根本的に配送センスのない人は毎日毎日が忙しいだけで思うように稼げません。

また、変な成功マニュアルなども参考になりません。一人一人の軽貨物ドライバーが置かれた家庭環境や経済状態、人間関係の状況も人それぞれです。

フリーランスや副業という日雇い的な働き方ではなく、安定して仕事するルーティンを崩さないプロ意識を持った個人事業主の軽貨物配送ドライバーは、自分の失敗やミスの武勇伝を作りながら、働き方を自分流で成功術を見出しています。

軽貨物配送ドライバーの仕事は配送物の一件一件に責任が付いているので、他人の先入観や会社の上司や先輩ドライバーなどの精神論や成功体験が通用しない仕事でもあり、自分が実際に経験して最善であると考えた要領や手法を常に工夫しなければうまく稼げません。そう、ノウハウです。

error:Content is protected !!