千葉県版 | 軽貨物ドライバー開業

フリーランスや副業レベルではないプロ本業の軽貨物ドライバーの仕事量とキャパシティをブログで語る。

千葉県の軽貨物 開業ドライバーへの転職千葉県版 | 軽貨物ドライバー開業
広告
広告
広告

千葉で黒ナンバーの軽貨物車に乗る個人事業主の軽貨物ドライバーで宅配系の案件を請け負っている人は仕事量が多すぎて激務になっている人が多い。

軽貨物配送の仕事で軽バンの荷室に荷物を満載にして街中を走っている配送ドライバーを見かけます。見ない日はありません。

軽貨物ドライバー同士は共存共栄ではありません。共存共苦の精神が大事です。配属会社とドライバーの関係は鴨葱状態ですので配送会社はドライバーに対して共存共栄を唱えます。

とても便利な宅配便ですが、荷物を届けてくれる車は大きなトラックや軽貨物車の違いはありますが、大手宅配便の車だけでなく、車両に大手宅配便のステッカーなどが貼られていないような無印の軽貨物ドライバー業者も多く見かけます。

そういう軽貨物配送のドライバーは、大手宅配業者の下請けや孫請けやひ孫請けでの仕事だったり、インターネット通販の商品を朝から晩までひっきりなしに運ぶ仕事だったりしますが、そういうドライバーの仕事内容の多くは、配達の荷物を1日あたりいっぱい運ぶことができればお金になるといった仕事です。

簡単にいうと自分で自分に課すノルマ式です。頑張るとか、やらされる、という甘い仕事ではない実力主義であり、できるドライバーだけが稼げる仕事とも言えます。

できないドライバー同士が「できない新入社員同士」のように自分の状況を誰かにお話しして同情しあいたいのかわかりませんが、守秘義務である荷主や案件の情報交換をしてしまい、モラルなき批評まで会話してしまうレベルの軽貨物配送ドライバーもチラホラ見かけます。

それでも、ドライバーの配送失敗談や武勇伝だけは勉強になるでしょう。

宅配系の配達仕事を社員ドライバーではなく、業務委託で請け負っている配送ドライバーの場合は初心者だったり根本的に配送センスのない人は毎日毎日が忙しいだけで思うように稼げません。

また、変な成功マニュアルなども参考になりません。一人一人の軽貨物ドライバーが置かれた家庭環境や経済状態、人間関係の状況も人それぞれです。

フリーランスや副業という日雇い的な働き方ではなく、安定して仕事するルーティンを崩さないプロ意識を持った個人事業主の軽貨物配送ドライバーは、自分の失敗やミスの武勇伝を作りながら、働き方を自分流で成功術を見出しています。

軽貨物配送ドライバーの仕事は配送物の一件一件に責任が付いているので、他人の先入観や会社の上司や先輩ドライバーなどの精神論や成功体験が通用しない仕事でもあり、自分が実際に経験して最善であると考えた要領や手法を常に工夫しなければうまく稼げません。そう、ノウハウです。

また、下請けや二次請けや三次請けの仕事の場合はマージンを多く抜かれているので、稼ぎがいつまでも伸びないで苦しめられているドライバーも多くいますし、それに気がついていないドライバーもいます。

中には、悪徳な軽貨物商法で軽貨物車のリースや加盟金などでハマってしまっている個人事業主ドライバーもいます。

また、大手運送会社の制服を着ていても実際にはその配送会社の正規な社員スタッフではなく、宅配会社とは関係のない下請け業者や孫請け業者の契約ドライバーが制服を着せられて配送しているケースもあります。

教育はバラバラにの関わらず、誤魔化しの統一感ですので多くの下請けや孫請けの契約ドライバーは、熱意を持って宅配便の会社看板を背負って仕事をしている訳ではないことが大半で、仕事が乱暴なドライバーも残念ながら存在します。

そういう宅配系の軽貨物ドライバーの仕事は、毎日毎日、荷物をいっぱい運ぶことができなければ思うような収入は得られません。忙しいばかりで苦労している人も多いと聞きます。

宅配は若くて元気いっぱいの20代や30代のヤング層ならできる仕事なのかと思いますが、たとえ、ベテランであろうと仕事量が限界まできてしまいキャパオーバーを感じている人が多いのも現実です。

真面目なドライバーは「仕事だから」とキャパシティを超える忙しさを社会人としての正義感で無理に適応してはいけません。

ニュースでも事故が度々報道されている通り、配送トラックドライバーのキャパオーバーは自分自身で気づいていないとかなり危険です。

今日は眠いな、今日は怠いな、私も当たり前にそういう日がありますが、眠気を覚ますドリンクを飲んだり、水で顔を洗ったりして、無理に働いていることも多々あります。

身体と精神と神経、休暇でリラックスすれば良いだけですが、現実、仕事を休むことができない配送ドライバーも多いことでしょう。

ビギナーは少し仕事に慣れてきた頃合い、稼ごう稼ごうと自分がキャパオーバーになる前に、疲れの前兆を見つけ、自分なりの疲れ解消の解決方法を考え、配送仕事のキャパオーバーを未然に避ける対処法を実践する働き方も、社会人として働く配送ドライバーのプロ意識です。

好きな時に働くだとか、好きな時間に働くだとか、社会人の仕事は自己中心のそういった安易なことで解決できることではありません。

お金稼ぎも大事ですが体が資本です。同じ境遇の仲間ドライバーや先輩後輩ドライバーなどと時には馬鹿話をしたり、リラックスができる、頼れる環境もかなり大事であると考えます。

広告
広告
広告
千葉県の軽貨物配送専門シフタープロがブログで語る!軽貨物ドライバー検証BLOG
error:Content is protected !!