どんどん軽貨物配送の仕事が楽になる軽貨物ドライバーの仕事術と実態をブログで語る。

習志野市の軽貨物配送ドライバーの仕事 【軽貨物運送の検証ブログ】チャーター便

頭が良かろうが悪かろうが軽貨物配送の仕事を「めきめき」と覚えていくには、何をどうすることが近道なのか実態を考える。

一般的なネクタイ族のサラリーマンとほぼ同様で軽貨物配送ドライバーのような仕事であろうとも新しい仕事環境に入ってから「3ヶ月間の経験」というのがその仕事や案件で適正や耐性を自己診断するのには丁度良い期間だと私は思います。

これから真剣に軽貨物ドライバーになろうと検討している人は、稼ぎや目先の日当を期待する前に「仕事のあり方」を根本的に考えてみましょう。

逆に言うと、スタート3ヶ月で、できるドライバーになれるか、できないドライバーになってしまうか、ほぼほぼ決まってしまうことでしょう。とは言え、才能や才覚は人それぞれですから、まずは開始3ヶ月後、自信に満ち溢れていれば良いので、職場の人間関係も焦らず無理に意識せず、構えていても良いでしょう。

配送ドライバー経験の年数は一切関係なく、新しい案件現場では誰しもが若輩者であることを認識し、育ちで重要とされる開始3ヶ月は最大限にプロ意識で集中を続けて案件現場の仕事ルールを覚え、稼ぎの能書きは後回しにし、へこたれず、直ぐに答えを求めずに仕事を丁寧に覚えるべき期間と捉えます。

軽貨物配送ドライバーになろうとした人が仕事を探したとき、いつ休んでもいい、いつ稼働してもいい、いつ届けてもいい、というようなフリーランス擬きの軽貨物ドライバーをターゲットにしている文言を鵜呑みにし、流行り廃りの仕事案件に乗っかってしまって実際に働いてみたら労働内容や稼ぎに隔たりや違和感があるなどで数ヶ月も満たないでその案件の仕事を辞める人が多いと聞きます。よくありません。

軽貨物配送ドライバー募集をする業者の中には、配送ドライバーの人材集めで、祝い金やキャンペーンと題して参加ドライバーに小銭をばら撒いている会社や案件も見受けますが、その小銭にまんまと群がってしまい、実際に働いてみたら割りに合わないなど「思い違い」で請負を失敗をしたと語る軽貨物ドライバーもいる始末です。

人間ですし、隙がある気持ちも理解できますが、腰を据える社会人としては情けない話です。

軽配送の世界では配送ドライバーとしての経験が5年10年15年20年であろうとも、新しい案件現場に行けば「誰しもが若輩者」です。

長年の配送ドライバー経験者であろうとも、その新しい案件や新しい現場では実力が追いついていないので、自身の力不足を理由とし、周りの仲間や先輩に迷惑を少なからずかけることでしょう。

シフタープロの軽貨物ブログで軽貨物ドライバーの心構えが稼ぎの安定で大事であることを何度も書いていますが、才覚あって順応性が高い人ならば、どのような新しい案件でも直ぐに即戦力とり、期待され、自身のモチベーション維持にも繋がって、稼ぎは必然的に安定します。

新しい案件や新しい現場では誰しも経験が浅い状態ですし、ヤング層やミドル層やシニア層や女性男性を問わず、誰もが新しい案件の現場では「若輩者」であるということを心底認識しておく姿勢さえあれば、自分にとってだけでなく後輩や周囲にとってもミスの少ない仕事環境に近づいていくと考えます。

当然、ドライバーである前に人間ですから周りへの挨拶や愛想も大事です。また、ドライバーは人様の荷物を運ぶ仕事ですのでタバコや茶髪やヒゲやピアスやサンダルなどイメージダウンの軽貨物ドライバーは社会人として論外とされる時代です。

軽貨物配送に限ってのことではないですが、この時代、ユーチューブやSNSで人材の紹介料の小銭欲しさで個別の案件を贔屓目で紹介している情報内容を閲覧して鵜呑みにしてしまい、知ったかぶりの浅知恵だけで配送仕事をやってみたら失敗したという人が増えているようです。

教育者不在の独学では苦労する筈です。

動画とかSNSで個別の案件情報について賛否を有益であろうとも一般公開することはビジネスモラル違反とも感じてしまいますが、有益無益な情報を出す側が一方的に悪い訳でもなく、配送仕事の場合、その根本で物が売れるという供給と需要があるわけで、配送クオリティの意図も会社各々で異なりますし、また、動画は特にリアルな情報と感じとられる時代ですので、真剣に軽配送ドライバーを目指そうとする人にも誤解を招くことのないよう発信者側もメリットとデメリットの解説バランスには注意すべきと感じます。

配送の問い合わせ
error:Content is protected !!