どんどん軽貨物配送の仕事が楽になる軽貨物ドライバーの仕事術と実態をブログで語る。

習志野市の軽貨物配送ドライバーの仕事 【軽貨物運送の検証ブログ】仕事案件の実態

頭が良かろうが悪かろうが軽貨物配送の仕事を「めきめき」と覚えていくには、何をどうすることが近道なのか実態を考える。

一般的なネクタイ族のサラリーマンとほぼ同様で軽貨物配送ドライバーのような仕事であろうとも新しい仕事環境に入ってから「3ヶ月間の経験」というのがその仕事や案件で適正や耐性を自己診断するのには丁度良い期間だと私は思います。

これから真剣に軽貨物ドライバーになろうと検討している人は、稼ぎや目先の日当を期待する前に「仕事のあり方」を根本的に考えてみましょう。

逆に言うと、スタート3ヶ月で、できるドライバーになれるか、できないドライバーになってしまうか、ほぼほぼ決まってしまうことでしょう。とは言え、才能や才覚は人それぞれですから、まずは開始3ヶ月後、自信に満ち溢れていれば良いので、職場の人間関係も焦らず無理に意識せず、構えていても良いでしょう。

配送ドライバー経験の年数は一切関係なく、新しい案件現場では誰しもが若輩者であることを認識し、育ちで重要とされる開始3ヶ月は最大限にプロ意識で集中を続けて案件現場の仕事ルールを覚え、稼ぎの能書きは後回しにし、へこたれず、直ぐに答えを求めずに仕事を丁寧に覚えるべき期間と捉えます。

軽貨物配送ドライバーになろうとした人が仕事を探したとき、いつ休んでもいい、いつ稼働してもいい、いつ届けてもいい、というようなフリーランス擬きの軽貨物ドライバーをターゲットにしている文言を鵜呑みにし、流行り廃りの仕事案件に乗っかってしまって実際に働いてみたら労働内容や稼ぎに隔たりや違和感があるなどで数ヶ月も満たないでその案件の仕事を辞める人が多いと聞きます。よくありません。

軽貨物配送ドライバー募集をする業者の中には、配送ドライバーの人材集めで、祝い金やキャンペーンと題して参加ドライバーに小銭をばら撒いている会社や案件も見受けますが、その小銭にまんまと群がってしまい、実際に働いてみたら割りに合わないなど「思い違い」で請負を失敗をしたと語る軽貨物ドライバーもいる始末です。

人間ですし、隙がある気持ちも理解できますが、腰を据える社会人としては情けない話です。

軽配送の世界では配送ドライバーとしての経験が5年10年15年20年であろうとも、新しい案件現場に行けば「誰しもが若輩者」です。

長年の配送ドライバー経験者であろうとも、その新しい案件や新しい現場では実力が追いついていないので、自身の力不足を理由とし、周りの仲間や先輩に迷惑を少なからずかけることでしょう。

error:Content is protected !!