勝算の大きい作戦で実績を積み上げている業務請負の軽貨物ドライバー業者とそうではない軽貨物ドライバーの微妙な違い。

チャーター便 | 軽貨物

事業計画書を書いていない個人事業主の軽貨物ドライバーが他人より安定してお金を多く稼ぎたいなど愚弄。勢い任せではなく、特需に左右されず、自営とはそもそも何かを考え、誰とどう付き合うのか、ドライバーファーストの気持ちを捨て、自分のためではなく取引先やお客様のために全力で貢献しようとする実直さが心底になければ自営の軽貨物ドライバーに現状打破はありえない。

取引の足あと。

軽貨物運送業界では仕事を築いていける個人ドライバーと、仕事を探してしまう個人ドライバーがいます。

軽貨物運送業界には1枠の案件を何人にも同時に声をかけて委託ドライバーを探すような軽貨物配送の法人会社や、右から左に流せる仕事欲しさに何社にも声をかけて横つながりで仕事を探すような軽貨物配送の法人会社があります。

仕事欲しさにこれらの関係に群がってしまうと、個人事業であれ、会社経営であれ、勝算のない、勝算が弱い、場当たり的な忙しさが慢性化し、仕事受注も足したり引いたりするだけの結果が続いてしまいます。

まさに一歩進んで二歩下がる状態を繰り返している八方美人の個人事業主軽貨物ドライバーや零細企業の軽貨物配送会社は事業の発展を中長期で期待することが一向にできません。

力強く一歩前に進むには自身が思っている以上の信頼が必要となります。

軽配送の仕事で信用は必要ありませんが信頼されることは重要です。とは言ってもクライアントから信頼を得るにも時間と努力だけでは足りません。

  • 型は古いがシケには強い。

汗をかく実績とはそういうものです。お金で買える信用やネームバリューや規模や人脈で本当の信頼を得ることはありません。

信頼関係の無い案件での軽貨物配送仕事はあれこれの人間関係もつまらないでしょう。

仕事上の人間関係は時間をかけて互いに認めながら自然に信頼感が見えてくるわけですが、やがてそれは心強さや頼もしさに変化します。

私たち軽貨物配送ドライバーのお金の稼ぎで源でもある運賃コストを捻出して頂いている荷主企業やクライアントと信頼関係が成り立っていない配送案件に関わってしまうと、自分に都合よく解釈したがる身勝手な軽貨物ドライバーのように期待とは裏腹で委託の軽貨物ドライバーは悲惨な使い捨て状態となります。

更に、情報共有だとか仲間だとか聞こえの良いことを語って営業弱者で零細企業の軽配送会社が群がっているケースも業界内では見受けられますが、これらのような互助会の感覚や営業弱者同士の仲間意識を持ってしまうとスモールビジネスでの事業は勝算すらが描けません。

また、この業界では知り合いレベルの軽貨物ドライバーをネットワークだとか言いながら誇大に台数規模を妙に大きく見せたがる軽貨物配送の似非ネットワークもある始末です。

結局は、個人事業で働く軽貨物ドライバーはどうやって仕事を安定させるかなのです。

安定することを考えると成長が鈍るなどと語る人もいますが、仕事の現実は綺麗事ではなく、末端で働く委託の軽貨物ドライバーは安定こそが成長です。

個人事業は会社経営とは異なり、安定こそが衰退を防ぐ術と言えます。

もちろん、事業や経営の成長にはヒト、モノ、カネ、そして情報といった経営資源の大きさがポイントになりますが、個人事業は背伸びせず実直さが常に求められるわけです。

  • 時間を注ぎ込むべきか。

私たちが集配している商品も同様、物が売れて物が動くビジネスの世界は凄まじい競争の社会です。

私たちが集配している商品のメーカー側ではそういった競争社会でビジネスをしています。

そして、軽貨物ドライバーの仕事は24時間365日ずっと止まらない物流の世界で仕事をしていることも忘れてはいけません。

仕事ニーズに働き方を寄せていきながらドライバーとして時間の切り売りをすることによりお金を稼ぐわけですが、軽貨物配送の業務はイレギュラーな出来事もあり、普段通りに集配ができないといったことも日常茶飯事です。

成功や失敗もあります。

才能があれば楽しい、才能が無ければ楽しくない、ただそれだけのことです。才能がないならば修行するか逃げるかしかありません。

仕事ですから、疲れる、疲れない、は二の次です。稼げる、稼げない、も二の次です。儲かる、儲からない、も二の次です。これらは単なる耐性の個人差です。

もちろん、破天荒な発想であったり、アウトロー的な発想であったり、野望や希望、軽貨物ドライバーの原点にある精神力の大きさも人それぞれです。

無闇に知り合いを増やすことなく、誰とでも取引せず、取引先を絞り込んで信頼を優先しながら互いに仕事を守り、軽貨物運送ドライバー業者として立場を成立させていくべきがテーマです。

仕事を探さず、仕事を築いている軽貨物ドライバー業者は相応に自営の大事な部分を知っているのです。

人柄の良さは宝です。そして、身だしなみ、言葉使い、こういったことが軽貨物ドライバー選びでは重要視されますし、何年間も軽貨物ドライバー業をやっていて配送経験が多かろうとやはり駄目な人はダメという世界なのです。

仕事の有り難み、信頼の有り難み、こういったことが何を示すかをきちんと捉えて、個人事業で働く軽貨物ドライバーは自らの事業計画に沿って言動するべきとなるわけです。

配送の問い合わせ
error:Content is protected !!