千葉県で軽貨物チャーター配送の地域一番店を本気で目指すシフタープロの軽貨物ドライバー。

軽貨物事業のイメージカー 【軽貨物運送の検証ブログ】運送業

名のある軽貨物運送の会社は自分では荷物を運ばずに配下の個人事業主ドライバーを下請けとして配送を請負させます。配送を依頼するお客様への請求は当然、会社の利益分をドライバー費用に上乗せする事となるので、軽貨物チャーターの送料は割高となっているのが現実。

千葉県内で軽貨物チャーターの配送依頼をするならば、大手やネームバリューに拘らず、こじんまりとした地元にある軽貨物配送の専門業者に頼むのが一番だとシフタープロは考えます。

親切は当たり前のことですが、料金が安くて、丁寧で便利に融通を聞いてくれれば無名の配送業者でも悪くはないはずです。

宅配便では送れないような荷物を配送してくれる業者を探すとき、仲介業者で探すのではなく、荷物を実際に運んでくれる軽貨物配送の専門業者に直接発注すれば、無意味な商流を省いて、無駄な流通マージンをカットでき、荷受人のお客様は適正な料金体系の安値で軽貨物チャーター便を依頼できます。

そう、こういった流れの構築は過去の日本経済で流通革命を基礎とした流通破壊による営業手法です。物売り、物販の世界では20年ほど前にクローズアップされましたが、簡単に言うと商社不要論、中間業者を排除した流通経路の短縮化です。付け加えるならば景気左右に追随できる動き方でもあります。

軽貨物配送業界の場合、いわゆる小売業者の立ち位置である個人事業主軽貨物ドライバーがエンドユーザーである消費者(お客様)の欲求を上手に把握することことで、販売技術(配送の提案技術)を革新することができます。

チームワークかグループワークをベースにして個人営業の軽貨物ドライバーが一人一人、商売意識を仲介業者や取引先や元請けファーストの営業姿勢ではなく、荷受人を最優先したお客様ファーストに切り替えた仕事姿勢を持つことです。

ただ単に、中間業者を排除し、荷受人や荷主から直接仕事を請けるという単純なことではありません。中長期で目指すべきビジネスモデルを構築する上で、自分ができることを真っ白い紙に絵を描くように、何もない仕事から事業を組み立てていく基礎です。

過去の伝統的な流通チャネルだけ(売り手がが構築する従来の取引ルート)に頼らず、消費者に「選択肢」を与えられる取引手法を構築する流れを計画することが、販売技術(軽貨物配送の提案技術)を革新することに繋がります。

こういう話を軽貨物ドライバーにしても、何を具体的にどうしたら良いのかわからないと思う人も多いでしょうし、営業が苦手な人や面倒は嫌いだから今のままでいいや、と思う人も多いことでしょうし、頭だけで理解して心で理解できない人もいることでしょう。

荷受人である荷主のお客様は配達で荷物を受け取る際に、配達ドライバーのセンスや適性も少なからず見ています。

もちろん、雨の中だったり、暑い中だったり、寒い中だったり、荷受人は仕事への理解度があり、それを言葉で示してくれます。

この通り、配送仕事でのプロ意識とは決して難しいことではなく「どういったところに気をつけて運んできたか」です。これが配送をうまく熟すコツです。

10件の配送であれば、10個の気遣いです。100件の配送であれば100件の気遣いができるかです。

初心者で配送の経験があろうとなかろうと、これで配送ドライバーの適性が見られますので、インターネット通販の配達ドライバーのように沢山の件数を毎日やっつけ仕事をしない限り稼げないような人がクレームを起こしている理由です。

どんな仕事でもほぼ同じですが、職務内容での役割と、自分に求められる役目を理解しておかないと、関わる事業の歯車としてはスムーズに動けません。

軽貨物ドライバーの仕事内容は、ドライバー自身の気持ちの持ちようでは単なる駒に過ぎないと感じてしまうことが多いかも知れませんが、自分の役割と役目の2つをメモし、それに応じるために自分に必要な要件を自分なりに考えて行動していくドライバーは立派な人だとシフタープロでは考えます。

成功や復活に学歴や経験値は二の次です。

配送の問い合わせ
error:Content is protected !!