千葉県で軽貨物チャーター配送の地域一番店を本気で目指すシフタープロの軽貨物ドライバー。

軽貨物チャーター仕事 千葉県八千代市千葉県 | 軽貨物運送の業者 | 仕事
広告

名のある軽貨物運送の会社は自分では荷物を運ばずに配下の個人事業主ドライバーを下請けとして配送を請負させます。配送を依頼するお客様への請求は当然、会社の利益分をドライバー費用に上乗せする事となるので、軽貨物チャーターの送料は割高となっているのが現実。

千葉県内で軽貨物チャーターの配送依頼をするならば、大手やネームバリューに拘らず、こじんまりとした地元にある軽貨物配送の専門業者に頼むのが一番だとシフタープロは考えます。

親切は当たり前のことですが、料金が安くて、丁寧で便利に融通を聞いてくれれば無名の配送業者でも悪くはないはずです。

宅配便では送れないような荷物を配送してくれる業者を探すとき、仲介業者で探すのではなく、荷物を実際に運んでくれる軽貨物配送の専門業者に直接発注すれば、無意味な商流を省いて、無駄な流通マージンをカットでき、荷受人のお客様は適正な料金体系の安値で軽貨物チャーター便を依頼できます。

そう、こういった流れの構築は過去の日本経済で流通革命を基礎とした流通破壊による営業手法です。物売り、物販の世界では20年ほど前にクローズアップされましたが、簡単に言うと商社不要論、中間業者を排除した流通経路の短縮化です。付け加えるならば景気左右に追随できる動き方でもあります。

軽貨物配送業界の場合、いわゆる小売業者の立ち位置である個人事業主軽貨物ドライバーがエンドユーザーである消費者(お客様)の欲求を上手に把握することことで、販売技術(配送の提案技術)を革新することができます。

チームワークかグループワークをベースにして個人営業の軽貨物ドライバーが一人一人、商売意識を仲介業者や取引先や元請けファーストの営業姿勢ではなく、荷受人を最優先したお客様ファーストに切り替えた仕事姿勢を持つことです。

ただ単に、中間業者を排除し、荷受人や荷主から直接仕事を請けるという単純なことではありません。中長期で目指すべきビジネスモデルを構築する上で、自分ができることを真っ白い紙に絵を描くように、何もない仕事から事業を組み立てていく基礎です。

過去の伝統的な流通チャネルだけ(売り手がが構築する従来の取引ルート)に頼らず、消費者に「選択肢」を与えられる取引手法を構築する流れを計画することが、販売技術(軽貨物配送の提案技術)を革新することに繋がります。

こういう話を軽貨物ドライバーにしても、何を具体的にどうしたら良いのかわからないと思う人も多いでしょうし、営業が苦手な人や面倒は嫌いだから今のままでいいや、と思う人も多いことでしょうし、頭だけで理解して心で理解できない人もいることでしょう。

荷受人である荷主のお客様は配達で荷物を受け取る際に、配達ドライバーのセンスや適性も少なからず見ています。

もちろん、雨の中だったり、暑い中だったり、寒い中だったり、荷受人は仕事への理解度があり、それを言葉で示してくれます。

この通り、配送仕事でのプロ意識とは決して難しいことではなく「どういったところに気をつけて運んできたか」です。これが配送をうまく熟すコツです。

10件の配送であれば、10個の気遣いです。100件の配送であれば100件の気遣いができるかです。

初心者で配送の経験があろうとなかろうと、これで配送ドライバーの適性が見られますので、インターネット通販の配達ドライバーのように沢山の件数を毎日やっつけ仕事をしない限り稼げないような人がクレームを起こしている理由です。

どんな仕事でもほぼ同じですが、職務内容での役割と、自分に求められる役目を理解しておかないと、関わる事業の歯車としてはスムーズに動けません。

軽貨物ドライバーの仕事内容は、ドライバー自身の気持ちの持ちようでは単なる駒に過ぎないと感じてしまうことが多いかも知れませんが、自分の役割と役目の2つをメモし、それに応じるために自分に必要な要件を自分なりに考えて行動していくドライバーは立派な人だとシフタープロでは考えます。

成功や復活に学歴や経験値は二の次です。

このように企業規模を問わない強い姿勢の営業手法では、お客様第一主義の姿勢を「強く恐れず」事業運営に反映させることが事業展開を成功させる近道の一つとなるでしょう。仲間や同志を築き、自分流でチャンス得たり、自分流で生き抜くための大事な心構えです。

組合やフランチャイズに加盟しているような軽貨物ドライバー業者では、お客様の目に見えないところで営業料や看板料として流通経路である本部の会社にマージン手数料が抜かれているため配送料金は割高ですが、地元で独立自営している軽貨物配送業者ならば、配送料金は安価の適正価格かと思います。

そもそも、大型トラックで運ぶような荷物ではなくて軽トラックで運べるサイズの荷物をチャーターで運ぶならば、宅配便などの遠方に個配で送る路線便は別として、大手や会社のネームバリューがあろうとも送料が何でもかんでも安いという訳ではなく、地元で活躍する軽配送業者に直接頼めば場合によって何割も安くなることも珍しくありません。

ただ、地元にある軽貨物の配送業者にも、良い業者と悪い業者がいます。

ドライバーがタバコ臭かったら、嫌々仕事をしてる雰囲気だったり、乱暴だったり、無精ヒゲで汚らしい格好だったり、そういうのは料金が安かろうと嫌ですし駄目です。

とは言え、運搬するものがダンボールに入りきらなかったり、家具など梱包ができないような面倒なものであればあるほど地元の軽貨物配送業者への依頼なら融通が利くことが多いです。

大手運送会社では断られた荷物の配送、緊急の配送、などで困っているならば地元の軽配送業者に相談してみる価値はあります。

ただ、大手やネームバリューの無い会社というだけで依頼者は「大丈夫かな」と少し心配することでしょう。

これはどの職種でも印象として当然のことですし、100円の買い物でも数千万円の買い物でも、信用や信頼は、経験や口先だけで得られることでもありません。

こういった背景からも軽貨物配送専門のシフタープロ千葉店では、小さな軽配送専門店としてお客様からご依頼を受ける配送の受注や見積りは代表者が責任を持って自ら行っております。

また、新規のお客様に関しては必ず代表者自らが伺ってお客様と顔を合わせます。

知名度で商売はできませんので新規にご依頼を頂くお客様は少なからず不安を抱えることとなりますが、シフタープロ軽貨物便の実績や仕事をするスタンスを信じてくださり、日々、私たちは軽貨物配送の仕事を頂戴しております。

シフタープロがお客様にご提出する軽配送の御見積は自分たちを判断して頂くための大事な採点表だと捉えています。軽配送のご注文を頂くことは私たちにとっては合格点を頂けた喜びと自信になります。

当たり前のように嫌々で配送や配達をしている業者とは異なります。

配送のご注文を頂くことでシフタープロ軽貨物便のドライバーは自信とやる気に満ち溢れ、合格点をくださったお客様の思いを配送仕事で裏切ることは絶対できません。

だからこそ、高効率で的確に仕事をしたいと努めます。

どのような職であれ、プロ意識を持つことは些細なことから始まります。

日頃からプロ意識を持って業務に挑み、経験ではない尺度対応で臨機応変に配送応対し、明るく真面目に、真剣に丁寧に、最善を尽くして配送の仕事をさせて頂くことが大切なことだと千葉のシフタープロ軽貨物便は考えます。

今の時代、軽配送ドライバーは経験年数より、ドライバーとして尺度対応が求められる現実となりました。

配送ニーズは細分化されています。

千葉県で軽貨物車を使って配送の仕事をしよう
千葉県の軽貨物シフタープロ統轄責任者

千葉県で軽貨物配送専門店シフタープロ便を運営する営業統轄責任者としてハンドルを握って実運送する軽貨物配送セールスドライバーとしての事業展開する準備段階の奮闘と成功術の備忘録ブログです。

▶︎軽配送は経験知識から思考へ尺度対応の時代に

宅配会社などの配送ドライバー上がりではなく、若い頃より外資系メーカーでの職歴や荷主メーカーの立場で商品開発や輸入貿易から販売チャネルの構築、日本全国への出荷発送業務、SCMの構築、倉庫在庫管理、商品販売の競争力を高める流通と物流の仕組み作りを25年間ほど経験してきました。

物を作る、物を売る、物を送る、といった仕組み作りと物流や起業に興味を持ち続けている1人です。

軽貨物車を使った加温輸送や冷蔵輸送や常温輸送の仕事を請け負い、荷主様や元請け会社様や協力会社様と共に様々な軽配送仕事を覚えることに楽しみを感じ、千葉県を軸として、配送業務を一つ一つ熟しながら事業性の価値を検証しております。

軽貨物運送会社では軽の貨物車を使った運搬配送の需要増はインターネット通販の普及によるものだと単純に勘違いしている配送業者が見受けられます。

軽配送のニーズ拡大は決して先駆の軽配送会社による営業功績でもありませんし、単純にインターネット通販が普及したからでもありません。

我が国がIT技術の変革で産業構造や行政と個人のライフスタイルそのものが社会全体で変化をし、過去のように大手企業だけでなく「地方の中小企業や零細企業にもSCMの構築が仕上がりつつある」ことがきっかけです。

運送会社の大手企業や中小企業、配送業界の末端である個人事業主の業務請負ドライバーに向けられた貨物運送の「納品仕事ニーズが細分化」され、それが需要拡大したかに見えているだけなのが現状であるとシフタープロは捉えます。

配送ニーズの細分化は、地場で末端の配送業者である軽貨物運送会社や個人事業主の軽貨物ドライバーが従来のようなドライバーの数やネットワーク組織力という仮想規模の営業サービスでは通用しない配送時代になることを意味しています。

当然、茶髪や髭やピアスや眉剃り、タバコ喫煙のドライバーは時代の流れと共に荷主様や荷受人様や元請け会社様から淘汰され始めています。

過去はそういうドライバー品質でも通用していましたが、配送ニーズの細分化によりそういう品質のドライバーやドライバーファーストの意識を持つような事業者や事業主は先細りするでしょう。

誰でも構わずドライバー人材を寄せ集めしてドライバーからマージンをピンハネすることが商売の軸となっている軽配送のネットワーク組織や組合やフランチャイズの営業組織など数で勝負できていた企業体も、今日では、荷主様や元請け会社様からは品質の悪いドライバーの多さで信頼や信用面が欠如し、ドライバー品質の乱れがクローズアップされ、誤魔化しができずに営業的に淘汰され始めています。

自営業ドライバーはドライバーファーストという甘さを捨て、身近にいる配送ドライバー同士が荷主様ファーストの観点で責任ある業務情報を共有し、フリーランスや副業ではないプロの心構えなど、ハイレベルに配送ドライバー個々の接客応対や納品対応の能力が問われてきます。

この結果、個人事業主の軽貨物運送ドライバーの業務全般は「経験知識から思考への尺度対応」が求められる新しい時代になることでしょう。

▶︎捨ててならぬは義理

軽配送の事業で隠れざる大切な要素はドライバーは量より質という点だと考えられます。

ただし、配送ドライバーの職はどんなに能力があろうとも1日をフルに頑張っても人一人では一人分しか稼ぐことができません。

配送の仕事で稼げるのは配送ドライバーですが、儲かる、儲けるのはその配送ドライバーの使用人である軽配送の請負会社という図式です。

商売では儲けも稼ぎも大事です。しかしながら、個人事業主の配送ドライバーは労働で稼げても儲からない職であり、仕事をした分だけを稼げる仕事であることを心底で理解しなくてはなりません。

とどのつまり、多くの自営業ドライバーは割に合う合わないだとか請負している仕事の不平不満を語り、仕事の旨味だけを案件に追い求めてしまうようなドライバーになってしまうのが実態です。

ストレスに打ち勝ち、軽配送ドライバーとして実直に仕事で稼げるようになるには、未熟に不平不満を語ることではなく、新しいことを覚えながら瞬発力と柔軟性を磨き上げ、他人ではない自分の才覚で懸命に難しいことを打破するといった心意気が必要です。

そして義理を大事に信頼し合える協力パートナー業者と仲間ドライバーの存在、メンターや指導者の存在も大切です。

全国の無印軽貨物運送業ドライバーが活躍する時代へと必ず突入します。

千葉県の軽貨物シフタープロ統轄責任者をフォローする
千葉県 | 軽貨物運送の業者 | 仕事
広告
ブログで千葉県の軽貨物配送専門シフタープロが語る!軽貨物運送の検証BLOG。
error:Content is protected !!