懸命ではない賢明な軽貨物配送ドライバーの努力ではない才能をブログで語る。

未経験者の軽貨物ドライバー 【軽貨物運送の検証ブログ】運送業

事業には寿命があることを理解し、一つの事業が永遠ではないという意識を持ち、大切に配送の仕事を覚えながら毎日の配送仕事を楽しくこなしていくことで結果を出す。

個人事業主の軽貨物配送ドライバーは「今日の仕事内容で頭がいっぱい」という人が多い気がします。

軽配送仕事の中でも無線機を使う案件で配送業務を行っていると、遅配で厳しい戦いになろうとも頑張っているドライバーが多いことに気がつきますが、それには疑問を感じています。

懸命なのか、賢明なのか、です。

もちろん、私自身もハンドルを握る実運送ドライバーですので幾つかの案件では自分が担当する配送予定表を見ながら、一分一秒を争う意識で配送仕事に挑むことがあります。

異様に自分自身にプレッシャーを冷静にかけて、車に飾ってある御守りを触りながら、かなり急いで運転をしてしまっている日もあります。

  • 懸命なドライバーは努力が必要。
  • 賢明なドライバーは才能がある。

正直、ホテル納品や寺院や高層マンションなど納品するまでに時間がかかる配達先、路上駐車しか納品できない配達エリアなども想定以上に疲れます。

納品先のお客様と挨拶で少し会話をするときに配達の仕事は疲れますかと質問をされることがありますが、なかなか、一言では疲れ具合を説明できないものです。

勿論、仕事ですので疲れることを避けて通ろうとするのは難しいですが、毎日同じルートや同じエリアで配送するような仕事はかなり楽と言えます。

やや重い物であろうと、何件も何件も配達先があろうとも、楽です。それは、何だかんだ言っても同じエリアで慣れれば自分のペースで仕事ができるようになるからです。

配送で疲れるのは、毎日異なる配送先へ何件もスポット配送を時間指定でする仕事かも知れません。

ルート配送のような体力面の疲れだけでなく、スポット配送で土地勘のないところで時間指定と複数納品先を抱える仕事は神経と精神も消費します。路上駐車しかり、渋滞、防災センター受付しかり、手間も時間も、路上駐車禁止エリアではパーキング探しなども常にあるからです。

ルート配送は何年経験があっても所詮は配送ドライバーとしての才能と知恵は浅いままですが、運ぶ物が同じではなく、エリアも不特定で、スポット配送による時間指定を繰り返すような配送経験を積んでいるドライバーはかなり有力と言えます。

ノウハウを訓練するにはこれが一番ですが、軽貨物配送ドライバーは車を運転する仕事なので疲れは禁物であり、リフレッシュすることが大切な仕事と言えますが、時と場合、どうしても体力や精神や神経の疲労を翌日に持ち越すことがあります。

況してや、個人事業主でも規模は小さいながら会社経営者と同様ですから、船を漕ぎ続けなければ、宝島を見つけることすらできません。

あれやだ、これやだ、あいつの担当コースは楽だ、自分の配車はキツイ、割に合わない、このような波に影響しているようでは船は目標通りに進みません。

配送の問い合わせ
error:Content is protected !!