懸命ではない賢明な軽貨物配送ドライバーの努力ではない才能をブログで語る。

未経験者の軽貨物ドライバー 【軽貨物運送の検証ブログ】千葉県 | 運送業 | 軽貨物

事業には寿命があることを理解し、一つの事業が永遠ではないという意識を持ち、大切に配送の仕事を覚えながら毎日の配送仕事を楽しくこなしていくことで結果を出す。

個人事業主の軽貨物配送ドライバーは「今日の仕事内容で頭がいっぱい」という人が多い気がします。

軽配送仕事の中でも無線機を使う案件で配送業務を行っていると、遅配で厳しい戦いになろうとも頑張っているドライバーが多いことに気がつきますが、それには疑問を感じています。

懸命なのか、賢明なのか、です。

もちろん、私自身もハンドルを握る実運送ドライバーですので幾つかの案件では自分が担当する配送予定表を見ながら、一分一秒を争う意識で配送仕事に挑むことがあります。

異様に自分自身にプレッシャーを冷静にかけて、車に飾ってある御守りを触りながら、かなり急いで運転をしてしまっている日もあります。

  • 懸命なドライバーは努力が必要。
  • 賢明なドライバーは才能がある。

正直、ホテル納品や寺院や高層マンションなど納品するまでに時間がかかる配達先、路上駐車しか納品できない配達エリアなども想定以上に疲れます。

納品先のお客様と挨拶で少し会話をするときに配達の仕事は疲れますかと質問をされることがありますが、なかなか、一言では疲れ具合を説明できないものです。

荷物を送る(集配受付)
error:Content is protected !!