お金を稼ぐ軽貨物ドライバーが覚えるべき重要なことは配送のノウハウではない。

軽貨物車のパンク修理 【軽貨物運送の検証ブログ】運送業

外注業者ドライバーという立場ではない荷主さん直の社員ドライバーさんに教わったとても大事なこと。

この軽貨物ブログは、日本国内での配送ドライバーという職を大分類とし、その中での小分類である軽貨物車を使った配送ドライバーの仕事をテーマにし、備忘録としていろいろ語っています。

私自身は軽配送の仕事と事業とは分けて捉えていますが、営業計画を実行するための下準備として必要不可欠な知見経験を得たいが為、ハンドルを握りながら実運送し、色々な納品先のお客様と挨拶したり、街中や同じ案件で出会ったドライバーと会話したり、ビルのエレベーターで遭遇するドライバーと雑談したり、その時々に感じたことを勝手気ままにブログ記事を書いています。

ただ、それもこれも私の場合、根底にあるのはベンチャースピリットです。

このブログで語っている軽配送の事業とは中小零細企業や個人事業主といった小規模な事業への興味であり、大企業の営業サラリーマンが意識して語る50や100億規模にゆくゆくなる感じを目指す画期的な事業への興味ではありません。

どうやって商売を細かく刻んで新規事業ができるのかが私の興味であり、こういったニッチに進める新規事業は市場予測をたてやすい部類のテーマでもあります。

新しい事業や起業は画期的であれば画期的なほど市場予測はたてにくいものです。反面でビッグチャンスがきたり、それが当たることさえあるでしょう。

逆説、市場予測をたてやすい事業とは「さほど」画期的ではない部類の事業内容と捉えることもできます。ビッグチャンス自体が訪れることも稀ですし、それが当たる確率は更に更に低いでしょう。

とは言え、仕事も事業も集中して興味を最大限に高めていくことさえできれば、誰にでも成功はあると私は考えます。ただそれは稼ぎや儲けを追いかけるレベルの話ではありません。

何を持って成功とするかが重要ですので、営業展開の準備が整って行動するに至り、企業や事業は永遠ではないことを大前提としながら、成功というのは何かの達成でしかないことを少なからず認識しなければなりません。

成功を達成すればゴールです。お仕舞いです。

そう、中小零細企業における事業範囲の現実は、どうやってお仕舞いができるかがポイントでもあって、極論、成功でゴールするか失敗でゴールするかです。どちらも立派なゴールです。サラリーマン意識とは大きく異なります。

個人事業主や会社経営者であろうともサラリーマンと同じように仕事は未来永劫続くことではないからこそ、苦境を乗り越えようとすることもでき、期間を定め、全身全霊で頑張ることができるのです。

尚、勤務先や仕事を「経営者や上司と反りが合わない」という理由を自分解釈で正当化し、数年単位でコロコロと勤務先を変えてきたような人は根本の姿勢を変えない限り事業するなど論外なテーマです。

個人事業主は個人事業主ですが、会社経営者の場合は「会社+経営者」が会社経営者です。個人事業主は一連托生ですので自分の事業の結果がどうなろうとも運命と行動を共にする立場です。

しかし会社経営者は違います。

会社は会社、経営者は経営者です。一連托生はだめと考えます。一連托生こそが無責任という観点です。

多くの中小零細企業の経営者は自分の会社を守ろうと身を粉にして事業運営し、会社イコール経営者ということが正義かの如く一連托生で人生や金銭的にも個人保証をしているケースまでありますが、それはそれで、経営者としては事業への甘さが滲み出ています。

配送の問い合わせ
error:Content is protected !!