不景気に強い軽貨物ドライバーと不景気で仕事が無くなる軽貨物ドライバーの違い。

肉の配送を軽貨物の配送専門ブログで語る。
広告
軽貨物チャーター (軽貨物配送) 専門ブログ
広告

個人事業主の軽貨物配送ドライバーとしてのアピールポイントを自分らしく荷主様に語ることができるのか。千葉県内で営業する軽貨物運送業者シフタープロが考えるドライバーの自分らしさ。

私は、自らが軽貨物配送で稼働して経験を積んできた案件は「居心地がいいと感じるようになったとき」こそ、案件自体を替え、取引先を変えたりし、馴れ合いの仕事環境で自己成長が鈍くならぬよう定期的に新しい配送仕事をチャレンジアップするように心掛けてきました。

それは快適な仕事環境の裏側に潜んでいる「馴れ合い」が招く仕事のミスがかなり質の悪いミスだと考えているからです。

仕事は慣れれば簡単になり最小限のストレスで稼働できるようになりますが、仕事が楽になった分だけハングリーに新しいことを覚え、個人営業の軽貨物ドライバーとして強く生き抜いていく術を鍛えていくことが大切だと千葉県の軽貨物専門業者シフタープロでは考えます。

また、軽貨物ドライバーがフランクに周囲のドライバーとコミュニケーションをとると、やがて職場のストイックさが無くなり、グループやチームで仕事の緊急時に足元をすくわれます。

軽貨物グループと一線を引く

和気藹々はモチベーション維持においても大切ですが、その一線がなかなか難しくも思えます。

仕事の慣れ、馴れ合い、に注意を払って、仕事あることに感謝しながら本職の個人事業主軽貨物ドライバーはゼロから新しく覚える配送業務の内容もどんどん前向きに熟していきます。

成功もありますし、苦戦もありますが、お金と技能の稼ぎは後から必ず付いてきます。

もちろん、新しいことを始める際は、いま大事なことを疎かにしてはいけません。周囲の協力も必要です。

error:Content is protected !!