不景気に強い軽貨物ドライバーと不景気で仕事が無くなる軽貨物ドライバーの違いをブログで語る。

肉の軽貨物配送 【軽貨物運送の検証ブログ】独立開業

個人事業主の軽貨物配送ドライバーとしてのアピールポイントを自分らしく荷主様に語ることができるのか。千葉県内で営業する軽貨物運送業者シフタープロが考えるドライバーの自分らしさ。

私は、自らが軽貨物配送で稼働して経験を積んできた案件は「居心地がいいと感じるようになったとき」こそ、案件自体を替え、取引先を変えたりし、馴れ合いの仕事環境で自己成長が鈍くならぬよう定期的に新しい配送仕事をチャレンジアップするように心掛けてきました。

それは快適な仕事環境の裏側に潜んでいる「馴れ合い」が招く仕事のミスがかなり質の悪いミスだと考えているからです。

仕事は慣れれば簡単になり最小限のストレスで稼働できるようになりますが、仕事が楽になった分だけハングリーに新しいことを覚え、個人営業の軽貨物ドライバーとして強く生き抜いていく術を鍛えていくことが大切だと千葉県の軽貨物専門業者シフタープロでは考えます。

また、軽貨物ドライバーがフランクに周囲のドライバーとコミュニケーションをとると、やがて職場のストイックさが無くなり、グループやチームで仕事の緊急時に足元をすくわれます。

軽貨物グループと一線を引く

和気藹々はモチベーション維持においても大切ですが、その一線がなかなか難しくも思えます。

仕事の慣れ、馴れ合い、に注意を払って、仕事あることに感謝しながら本職の個人事業主軽貨物ドライバーはゼロから新しく覚える配送業務の内容もどんどん前向きに熟していきます。

成功もありますし、苦戦もありますが、お金と技能の稼ぎは後から必ず付いてきます。

もちろん、新しいことを始める際は、いま大事なことを疎かにしてはいけません。周囲の協力も必要です。

現行の配送案件でお付き合いのある荷主様や取引先に影響や迷惑のかからない状態で、新しい仕事案件を並行稼働し、軽貨物ドライバーとしての実力と人脈を強め、仕事経験を充実させ、稼働の時間幅を最大限に増やしつつ、稼働エリアをゆっくり拡大し、1人の軽貨物ドライバー業者として稼ぎの「素」を増やしています。

  • 好きな時間に働くのではなく、荷主様やチームやグループ内の良いタイミングで仕事する。

軽貨物グループでのストレス

軽貨物ドライバーが目標とする稼ぎの金額は人それぞれですが、私の場合、必要最低限の稼ぎさえ確保できれば、あとの時間は、身体のストレス、精神のストレス、神経のストレス、自分の3つの耐性をバランスしつつ、営業開拓を意味する「新規稼働」を挑戦するように心掛けています。

軽貨物ドライバーは寝ることも仕事の一環なので睡眠不足に注意を払いながら仕事をしますが、定期案件とスポット案件がフルに組み合わさっていると、営業開拓である新規案件に時間を費やすことができません。

軽貨物ドライバーは沢山稼ごうと稼働率を上げれば上げるほど「成長止まりの軽貨物ドライバー」と化してしまいます。経験を5年や10年など積もうとも稼げるレベルは知れています。どういう意識で仕事経験を積み重ねたかです。

慣れや馴れ合いによる技能の堕落を防ぐため、新しい配送仕事の案件は半年から一年間単位の稼働ベースとし、2、3ヶ月などで無闇に変えるのではなく、契約に基づいて一定の稼働期間でマスターできることはどんどん覚えながら、時と場合、次に控える新しい案件を模索し稼働計画しなくてはなりません。

軽貨物グループでの働き方

この手の動き方は、仕事で楽ばかりしたがる自分勝手な個人事業主軽貨物ドライバーとは真逆の考えと言えます。

配送の問い合わせ
error:Content is protected !!