最良の選択ができる次の一手と次の次の一手を考えて仕事をしている軽貨物ドライバーの飛躍。

飲料配送を軽貨物の配送専門ブログで語る。
広告
軽貨物チャーター (軽貨物配送) 専門ブログ
広告

個人事業主での軽貨物の仕事は楽しくあるべき、何でも挑戦すべき、自分でできる戦術をきちんと持ち、気の合う仲間と自分たちでできる営業戦略を練る、まさに最高です。これを得るためには寝る暇もないくらい仕事をします。

千葉県の配送現場で出会う軽貨物ドライバーと雑談をしたり、朝、昼、晩、深夜、私はスポット案件や定期案件ごとで異なる軽貨物ドライバーと面識を作り、それぞれの時間帯でそれぞれ異なる配送現場で納品作業を共にする機会を得た軽貨物ドライバーとも雑談をしていて感じますが、個人事業で軽貨物配送ドライバーの職を選ぶ人は「なんでも一人でやりたい性格」の人が多いような気がします。

良くも悪くも、ザ・個人事業主です。

配送の仕事は誰のためにしているのか。

個人事業主だからといっても露骨に自分のために仕事をしているだけのような軽貨物ドライバーは評価が有りません。誰もそれを指摘すらしません。

居心地が良い特定の荷主様の仕事にぶらさがっているような個人事業主軽貨物ドライバーも事業主として全く話になりません。もちろん、それすら誰も教えてはくれません。

本来、個人事業主だからこそ、商売上の敵も味方もハッキリすることができますから、如何にして、身体一つでハンドルを握って稼ぎながら戦略と戦術を絞り込んでいるのかが安定性と飛躍の余韻をバランスすることでしょう。

事業は仕事ではないので、何か困ってから戦略と戦術を考えているようでは全く駄目です。多くの個人事業主軽貨物ドライバーがこのレベルです。

常日頃から自分流で考えに考えた多くの営業パターンの戦略と戦術を、いざという攻め時に、その選択肢から絞り込まなくてはなりません。

段取り七分、仕事三分。

error:Content is protected !!