広告

物流センターで荷待ちする軽貨物ドライバーの効率と物流施設の庫内で頑張るフォークマンとピッキング作業員による能率。

広告
千葉県の軽貨物案件 物流センター千葉県版 | 軽貨物 | 仕事内容
広告
広告

2019年4月に労働基準法が改正され、大企業では年間で720時間を上限とする時間外労働の規制がスタートされましたが、中小企業は1年間の猶予期間を経て、2020年4月から時間外労働の上限規制が開始となり、中小企業の物流関係会社でも残業規制が始まりました。

千葉県で軽貨物配送の仕事をしながら、配送の現場を見ていて気になるのが、俗に言う、残業の上限規制です。

軽貨物配送の業者も法内残業や超過勤務について事業主や事業者は知らなかったではすまないので、心配な人は厚生労働省や専門家へ確認した方が良いです。

そもそもですが、法定労働時間は1日8時間、週40時間。あとは残業扱い。

とは言え、事実上、個人事業主で業務請負する軽貨物ドライバーに時間外労働の話など無縁かも知れません。

もちろん、事業主や事業者、経営者ならば頭の中では四六時中で仕事をしてるも当然ですから、「どこからが残業なのか」の線引きは難しいものです。

  • ミスをしたから残業。
  • お客様さんが一杯だから残業。
  • 稼ぎたいから残業。
  • 次の予定があるのに残業。

軽配送の労働

私たち個人事業主軽貨物ドライバーには無縁であっても、業務請負の個人事業主軽貨物ドライバーが荷物の集荷で伺う物流センターなどの配送現場では時間外労働の上限規制で働き方を悩んでいるスタッフの方々もいます。

それだけではありません。物流の関係ではすこし歪があります。

社員ドライバーや準社員ドライバーに対する時間外労働の上限規制は5年間の猶予が時間差的に与えられているそうで、この先の2024年4月から年間で960時間を上限とした時間外労働の規制が始まるようです。

個人事業主の業務請負ドライバーは別としても、それ期日までは社員ドライバーや準社員ドライバーは残業ができる。

果たして、ドライバーの長時間労働の是正はできるのか。

物流の仕事に関する人は今般の「ドライバーの残業規制に関する猶予期間」に違和感を感じている人もいるかと思います。

軽配送の仕事効率

もちろん、そんなこと知りもしないで自分は軽貨物ドライバーだから配送だけやって自分が稼げればいいと思っているだけの人も多そうです。

そうなんです。

配送ドライバーが「効率」とし、物流センターを「能率」として物流の流れ改善を考えた際、物流施設のスタッフが定時で仕事を切り上げてしまったら、トラックドライバーの待機問題は好転するのでしょうか。

物流センター倉庫内で休む間も無く必死に頑張るフォークマンやピッキングを行う庫内作業員の残業規制が中小企業の会社でも開始となったことで、そのシワ寄せをどのように想定しておくべきか。

シワ寄せは必ずと言って良いほど弱者にきます。物流でいうならば軽貨物ドライバーのようなサブの立場はシワ寄せがくるでしょう。

ドライバーの待ち時間問題は今に始まったことでは無いですが、トラックドライバーの長時間労働は依然として大きな問題だとクローズアップされており、その要因として挙げられる一つが物流センターにおける待機「荷待ち時間」です。

軽配送とピッキング作業

倉庫内のフォークマンやピッキング作業員の動きが悪い訳ではありません。サボっている人や仕事している風のスタッフもいますが、真面目な倉庫スタッフはかなりフルに動いています。

ただ、現実問題としてドライバーの荷待ちはドライバーの仕事の一つとも言えます。

物流センターにトラックを接車して荷物の積み下ろしをする際にドライバーは待機している時間があります。

5分や10分の話ではありません。

配送ドライバーが時間短縮をしながら納品作業をスムーズに心掛けていても、物流センターなど物流施設の混雑状況によって、「数時間」も荷物の積み下ろし待ちや指示待ちとなることがあります。珍しい話ではありません。

睡眠時間に足しになる人もいることでしょうが、この待機時間は前もってドライバーがコントロールできることではないので、従来も必ず発生していますが、2020年4月から中小企業の物流会社でも時間外労働の上限規制が開始となり、その影響はジワジワと現れてくるのでしょうか。

軽配送の仕事と物流センター

中小の物流センターの倉庫内で休む間も無く頑張っているフォークマンやピッキング作業員に対する時間外労働の上限規制により、ドライバーの荷待ち問題はどうなるのかです。

夜間はとくにフォークマンやピッキング作業員の人材不足は解消されているとは決して思えません。

いずれにしてもドライバーは2024年4月になるまで時間外労働の規制がないことからもドライバーの荷待ち問題は続くと予測をするべきでしょう。

なお、物流センターなど荷主様側で入出庫作業の効率を改善すれば良いのでは、という安直な話ではありません。

いずれにせよ、軽貨物ドライバーは物流センターの状況を見回し、動きを把握し、柔軟に行動し、指示がでたら「一気に集中してテキパキとした積み下ろし」することこそが勝負です。

軽貨物ドライバーの仕事は主役ではありません。ドライバーの効率、物流施設の能率、全体の流れに沿うことは大事です。

何故ならば、稼ぐ軽貨物ドライバーの条件は定期であれスポットであれ、1日での配送案件請負の組み合わせがモノを言うからです。千葉県の軽貨物専門ドライバー業者シフタープロではそう考えています。

千葉県の軽貨物シフタープロ統轄責任者

千葉県で軽貨物シフタープロ便を運営する営業統轄責任者としてハンドルを握って実運送する軽貨物配送セールスドライバーが軽配送ドライバーとしての奮闘と成功術の備忘録ブログ。

日本シフター産業のシフタープロ便を事業展開する準備で武者修行する内容を配送ドライバードットコム事務局でBLOG公開しています。

▶︎軽配送は経験知識から思考へ尺度対応の時代に

宅配などの配送ドライバー上がりではなく、若い頃より外資系メーカーでの職歴や荷主メーカーの立場で商品開発や輸入貿易から販売チャネルの構築、日本全国への出荷発送業務、SCMの構築、倉庫在庫管理、商品販売の競争力を高める流通と物流の仕組み作りを25年間ほど経験しました。

「物を作る、物を売る、物を送る」といった仕組み作りや実務に興味を持ち続けている1人です。

軽貨物配送の仕事と事業に興味を持ち、冷蔵チルド対応の軽貨物冷蔵車に乗りながら荷主様や元請け会社様や協力会社様と共に、様々な軽配送仕事を覚えることに楽しみを感じ、配送業務を一つ一つ熟し、事業性の価値を検証しております。

軽貨物配送の業界では軽の貨物車を使った運搬配送の需要増はインターネット通販の普及によるものだと勘違いする配送業者が見受けられますが、今日の軽配送のニーズ拡大は決して先駆の軽配送会社による営業功績ではありません。

単純にインターネット通販が普及したからでもありません。

我が国がIT技術の変革で産業構造や行政と個人のライフスタイルそのものが社会全体で変化をし、過去のように大手企業だけでなく「地方の中小や零細企業にもSCMの構築が仕上がりつつある」ことがきっかけです。

運送会社の大手や中小、配送業界の末端である個人事業主の業務請負ドライバーに向けられた軽貨物運送の「納品仕事ニーズが細分化」され、それが需要拡大したかに見えているだけなのが現実だと捉えます。

新たな配送ニーズの細分化は、地場で末端の配送業者でもある軽貨物の配送会社や個人事業主軽貨物ドライバーが今までのようなドライバーの数やネットワーク組織力という仮想規模での営業サービスでは営業が通用しない配送時代になることを意味しています。

本業ではないような副業ドライバー、お金儲けや稼ぎのためだけで片足を突っ込む日雇い的なフリーランスの軽貨物ドライバーの無責任な業務も目立つようになりました。

もちろん、茶髪や髭やピアスや眉剃り、タバコ喫煙のドライバーなどは時代と共に荷主や荷受人や元請け会社から淘汰されつつあります。

更に、そういったレベルの人材寄せ集めで形振り構わずピンハネ商売をしているようなネットワークや組合やFCなどの軽配送組織も営業的に今後は淘汰されることでしょう。

個人営業の配送ドライバーを抱え込もうとする軽貨物配送会社も、これからの時代は単純な荷主ファーストではなく、荷主様と共に、荷主様のお客様で納品先である荷受人への「お客様ファースト」の心構えが重要です。

配送ドライバー同士が「お客様ファーストの観点」を共有し、プロの心構えを持つなどし、ハイレベルに配送ドライバー個々の接客応対や納品対応の能力が問われてきます。

軽配送の仕事種類も様々です。

食品やお弁当など冷蔵チルドの配送、チャーター便、ケータリング業務フォロー、家具輸送、単身の引っ越し、深夜や夜間の配送、宅配便では運べないようなタイヤホイール、緊急の追走便や待機便や深夜便などと、軽貨物運送ドライバーの業務全般が「経験知識から思考への尺度対応」が求められる新しい時代になることでしょう。

一般企業の営業マン同様に軽貨物の配送ドライバーも「質」が優先されるのは言うまでもありませんが、ドライバーの質とは配送が早いとか道に詳しいとかドライバー経験が豊富というレベルの話ではありません。

▶︎捨ててならぬは義理

軽配送の事業で大切な要素はドライバーとは量より質だと千葉県の軽貨物配送専門店シフタープロは考えます。ドライバーはフルに1日を頑張っても人一人では一人分しか仕事で稼ぐことはできません。

個人事業主軽貨物ドライバーの仕事は稼ぐ効率は悪いアナログな業種とも言えます。

仕事で稼げるのは配送ドライバー、儲かるのは配送ドライバーの使用人である軽配送会社という図式です。

配送ドライバーは稼げても儲からない構図ですので、多くの自営業ドライバーは割に合う合わないだとか、仕事の旨味だけを追い求めてしまうのが実態です。

配送ドライバーとして実直に稼ぐには新しいことを覚えながら瞬発力と柔軟性を磨き上げ、自分の才覚で懸命に打破することが必要です。

反面、義理を大事に信頼し合える協力パートナー業者と仲間ドライバーの存在、お客様の守秘義務徹底、無駄な商流を介在させない営業モデル構築に取り組んでおります。

高効率な営業運営によって、お客様へ配送料金を少しでも安く設定しながら利益を確保する試み、地域密着型で適正価格を守りつつ軽配送専門だからできる仕事を考えます。

大手の宅配便には無い付加価値ある緊急依頼や24時間対応するなど、地域に根ざして個性あるサービスを過剰にならぬよう向上させていく運営ノウハウも求められます。

配送ドライバーは安心や安全やスピードや丁寧や真心を運んでいるなどと顧客にモテたいが為に透け透けな心遣いをアピールしたりで、荷主様のモノを荷受人にお届けすることが業務の遂行ではありません。

接客業でもあるというプロ意識を軽貨物ドライバーは持つべきで、荷主様の意向と姿勢に合わせ、軽配送ドライバーは荷受人様に荷主様の荷物を的確にお届けすることが役割と役目です。

明るく人と接し、社会人として当たり前のことをきちんとする、地域密着の軽貨物運搬配送を私たちシフタープロでは大事にしております。

全国の無印軽貨物運送業ドライバーが活躍する時代へと必ず突入します。

千葉県の軽貨物シフタープロ統轄責任者をフォローする
千葉県版 | 軽貨物 | 仕事内容
広告
広告
広告
ブログで千葉県の軽貨物運送専門シフタープロが軽貨物を語る!軽配送の検証BLOG。