軽貨物ドライバーをダメにする付き合い、個人事業を成長させる付き合い。

運送業

軽貨物業界ではセンスの無い人脈を持ってしまった段階でその軽貨物ドライバーは業者としての魅力はゼロ化、個人事業の発展はおしまい。代わり映えもない、ぱっとしない者同士で群れる日常に突入し、営業弱者の立ち位置では蟻地獄となる。

業界の常識は世間の非常識。

この軽貨物業界には同じ配送現場で働く他社ドライバーに声を掛けてビジネスモラルに反して異なる仕事の話を持ちかけたり、ご法度のドライバー引き抜き、取引業者の飛ばし、上っ面だけ調子のいい顔を振る舞う八方美人で腹黒い軽貨物ドライバー業者もいます。

いい歳して単価が良いとか単価が悪いとか社会性が欠如した会話をしたり、営業センスのない会話をしたり、他人の話ばかりをしたり、仕事ありませんか、こんな仕事ありますよ、相談に乗りますよ、とチンケなブローカー風の仕事勧誘でドライバー募集をするような紹介屋ドライバーだったりもいます。

マッチングや掲示板の仕事サイトと睨めっこしてスマホの画面に張り付いて群がる仕事難民ドライバーも少なくなく、他人の案件、隣の畑ばかりが気になっているような知りたがり聞きたがりの軽貨物ドライバーなどもいます。

  • 軽貨物ドライバーは知り合いが多い人間ほど信頼感が薄っぺらい。ハンドルを握って汗をかいていない感じの軽貨物ドライバー業者の口から仕事紹介が出てくればほぼアウト。

インターネットでの無料求人サイトやSNSで軽配送ドライバーの人材募集を社員雇用ではない業務委託で誰であろうと構わずに募り、自分では到底やりもしない多重下請け構造の案件など経験者ドライバーは誰もやり手が見つからないキツい案件を運賃ピンハネで右から左に丸投げして末端の軽貨物ドライバーにマッチングで仕事を流すピンハネ軽貨物業者の法人も実在します。

配送現場で問題が拗れることになる要因は、軽配送の仕事を請負して末端の軽貨物ドライバーに委託する軽貨物運送業者の責任者や当事者が一緒にハンドルを握って配送業務に従事していないことです。

それらはドライバー募集の段階では業務請負だから好きなように配送ドライバーは働いた分だけお金をたくさん稼げるなどと調子のいいことを言いつつ、現実は無責任な仕事の丸投げなので、何か仕事上でエラーがあれば担当ドライバーの責にし、担当ドライバーが仕事のイレギュラーで困ったときの配送ヘルプや手助けや欠車時の代走すらも連帯責任を持たない法人の軽貨物配送会社なども実在します。

荷物を運ばない運送屋とも言われている利用運送のブローカー業者は、仕事があるあると言いながらも自分や自社では配送業務をせず、契約した委託の配送ドライバーに働かせた働運賃を裏でピンハネすることをお金稼ぎの軸としています。

ネット系の仕事マッチングサイトの運営者もコスト削減だとか綺麗事や御託を並べようと単なる荷物を運ばない利用運送業者であることに変わりありません。無駄な中間マージンが荷主側コストで発生し、無意味な手数料も業務を担当する軽貨物ドライバーに発生します。

もちろん、プロ専業の場合にはインターネットでの無料求人サイトや仕事掲示板やマッチング形式で軽貨物ドライバー募集をしているような立ち位置の軽貨物運送業者などと余計な取引関係を持つことをしません。

また、利用運送の許可申請がない法人の軽貨物運送会社が自社で荷物を運ばずに違法な偽装請負の二重派遣のように末端の業務請負ドライバーを軽貨物車ごと配送現場に派遣をするなど、元請け会社と末端の軽貨物ドライバーの中間業者として介在し、三次請負や四次請負で請軽貨物配送の仕事を法人同士で丸投げしているケースもあります。

もちろんですが、そういった法人の運送会社大手や軽貨物運送会社による二重派遣などの偽装請負は厚労省や労働局にチンコロ告発されれば一発で問題ありとなって行政処分や事業停止命令など罰則や指導となるのは言うまでもありません。

もちろん、そのあおりを受けるのは末端で働く業務委託の軽貨物ドライバーですので翌日から無職です。

表面上は仲間だとかネットワークだとか良さげなことを言ったりしてお金を稼げる仕事を紹介する素晴らし業者だと思わせつつ、その現実はやり手の付かない出前みたいな配達員や大手ネット通販宅配系の案件を一個運んでいくらという鴨ネギ状態で働かせてピンハネで儲けようとしているだけでしょう。

しかも軽貨物車を悪徳リースして仕事契約から逃げれないようにする会社もあるそうです。

八方美人タイプの軽貨物ドライバー業者は人当たりも良く、仕事が無く困っていたり目先の仕事を得るために人間関係を構築するには便利そうに見えるかもしれませんが、甘くはありません。

配送の問い合わせ
error:Content is protected !!