余裕率の時間が少ない軽貨物ドライバー業者は一流にはなれない。

個人事業主

個人事業主で働く軽貨物ドライバーの1日あたりの平均稼働時間は8時間から12時間。働いた分だけ稼げるだとか間抜けなことを言う利用運送のピンハネ軽貨物配送会社に煽られ、余裕率の時間を自己認識せずに勢い任せで仕事をし続けていても個人事業ドライバーの業績はやがて頭打ちとなる。

我慢、努力、苦労。

軽貨物ドライバーの仕事を個人事業主で請負して働いている人の多くが、過去の前職において仕事上での我慢で失敗したり、努力で失敗したり、苦労で失敗したり、そういった経験を持っていると考えられます。

学歴を持ち、新卒で軽貨物ドライバーの職を夢や希望で選んで開業ドライバーになったという人は稀です。

中卒、高卒、大卒、どこかしらの会社へどうにか就職したものの何かしらの理由や事情で会社を辞め、職を探し、軽貨物配送ドライバーへと転職や再就職したパターンが大半かと思われます。

そこそこの年齢層になって転職したものの我慢や努力や苦労はしたくないと語るレベルの軽貨物ドライバーの個人事業主も見受けられますが、それらは自分の過去で我慢や努力や苦労をしても成功できずに失敗した経験から偏屈な人間になっていると思われます。

  • 我慢で成功する。
  • 努力で成功する。
  • 苦労で成功する。

我慢や努力や苦労をすることで成功できると語る軽貨物ドライバーは明らかに実力者です。

反面、我慢や努力や苦労をしても失敗すると語る軽貨物ドライバーはルーザーと言えます。

我慢や努力や苦労を恐れなければ何事も何度でもチャレンジができます。

もちろん、成功するチャンスは自分の中にある本当のスイッチを入れて本腰で行動しなければ成功の土俵にすら入れません。これは精神論ではなく個人事業主の軽貨物ドライバーという職で働く者として基本でもあり基礎とも言えます。

そうして軽貨物ドライバー業者としてお客様からの信頼を得て、高収入であったり、収入の安定性であったり、実力相応で希望が叶うようになるのです。

自己中心の二流や三流の軽貨物ドライバー業者は必ずと言っていいほど自分が担当する仕事内容の愚痴や不平不満を口にし、ドライバーファーストの目線で請負している案件の批評を周囲のルーザー同士でしようとします。

そのような劣等感を持つ軽貨物ドライバー業者は他人の仕事内容と自分の仕事内容を比べたがりますが、まさにルーザー同士で優越を背比べしています。どんぐりです。

  • 貧乏暇なしは賢く脱却する。

我慢して成功するにはどうすれば良いのか、努力して成功するにはどうすれば良いのか、苦労して成功するにはどうすればよいのか。我慢と努力と苦労から逃げず、反発せず、勢い任せでもなく、他人の意見でもなく、本業本職で働くならばこれができるかが一つ目のステップアップと言えます。

配送の問い合わせ
error:Content is protected !!