軽貨物ドライバーとして仕事が楽しいと感じ取れる瞬間。

千葉県の軽貨物|千葉の業務委託

担当した配送業務を終えて帰路に向かうとき軽貨物車で音楽を聴きながら缶コーヒーを飲んで車の窓を開けて心地よい風に当たりながら街中を眺めているほんの数分のリフレッシュ時間は身体と精神と神経の忙しさを忘れられる。

仕事の張り合い。

軽貨物の個人事業主ドライバーとして仕事の楽しみ方は人それぞれだが、恐らく、軽貨物の個人ドライバーは100人いればその100人がお金のために仕事をしてしまっている。

たしかに慈善事業ではない。

借金やローンや生活のお金に苦しんでいる軽貨物の個人ドライバーも、お金にゆとりのある軽貨物の個人ドライバーも、軽貨物ドライバーとしてやる仕事内容はみんな一緒で年功序列の影響も殆どない。

軽貨物ドライバーの職を自分がやりたくて就いた仕事であろうとなかろうとギリギリの生活を維持するために仕方なく軽貨物ドライバーとして働いている人もたくさんいるし、過去に職の事情を抱えて起死回生に向けて職の安定回復を真剣に目指そうとしている人もいる。

軽貨物配送業界は一般企業での雇用の法定労働時間である8時間越えでも働くのがドライバーの日常と言うか365日24時間ずっと止まらない物流の中で働いているので長時間労働は何ら珍しいことではない。

これが雇用されたドライバーだと違法労働のブラック状態なのは言うまでもないが、軽貨物ドライバーの場合その多くは運送会社に雇用されているわけでなく業務請負という外注業者として仕事を受注して稼ぐという働き方なので長時間労働は自己責任で可能。

寝る時間を切り売りする長時間労働の賛否は別としても個人事業主である以上はサラリーマン根性では通用しないし、やる気がなければお金も信頼も人並みに稼ぐことはできない。

また、他人と比べて配送能力が優秀であろうと道に詳しかろうとそんなことは自慢できることではない。

業務請負というのは責任仕事なので受注した仕事をスムーズに業務遂行できるのは当然のことだし、逆に、仕事のミスは誰かが面倒みてくれるものではなく業務不履行は損害賠償に直結するのも当たり前の責任範囲である。

優秀な個人ドライバー業者なのか駄目なドライバー業者なのかといった実力の差は仕事に対するやる気と持続性と耐性が物差しとなる。

error: Content is protected !!